FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2019/01«│ 2019/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2019/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
14:18:12
一口馬主1年目ノルマンディー2期生の最後に出資した馬。
ノルマンディーファームでのちの重賞馬ブラゾンドゥリスと同時に実物を見て、ファルブナイトを選んだのは、もはや黒歴史。恥を知るべし…。

ファルブナイト(スイートアスペンの2012)
ノルマンディーOC
清水英厩舎


募集価格780万円
獲得賞金0万円


出資の理由・馬体写真は こちら

このころには、大分馬体に関する眼も養われ、善し悪しを感じるようになっていました。

その上で牧場で実物を見て、選んだわけで何も言い訳出来ません。
確かに安い馬なので、未勝利も仕方ありませんが、ブラゾンドゥリスと天秤にかけてファルブナイトを選んだのは、馬体を分かっていなかった、ただそれだけです。

なぜならブラゾンドゥリスこそ血統やデータからは買えない馬であり、馬体で見抜くしか無かったからです。

ファルブナイトの失敗は、鍛錬を積んでも馬体の成長力がまるでなく、緩いままで時が過ぎていったからだと思っています。
このケースは、今後も同じパターンでの失敗はありそうですが、良さが別にあっても、こういう緩いタイプはなるべく選ばないようにしたいです。

骨格そのものは今見ても良いと思います。ファルブラヴの良さを持っているので洋芝などで期待したのを覚えていますが、この馬は上記の通り、成長力の無さと筋肉の質が悪かったです。

成長力というのはハッキリ言って後付けであり、選定時にはわからないので、筋肉の質を見るしかありません。
これも後付けなのかもしれませんが、後駆の貧弱さは指摘できる点なので、今なら選ばないと思っています。








肝心なのはブラゾンドゥリスを選べなかったこと。
これは6月生まれで小柄、血統、兄弟も特に見どころは無し…。
馬体もこの後、筋骨隆々になるのですが、この時点では「小柄で痩せ気味のダート短距離馬」という、ダートでしかもスプリンターという適性読みをした私には(結果、そこは間違っていない。)、とても買えない馬でした…。


また、結果を出せなかった最大要因は単純に馬が弱かったからですが、厩舎の腕には疑問でした。
ノープランで朝令暮改が多く、馬の将来を見据えたはっきりした道筋や育成の方針が全く見えない厩舎。
要は馬のことをあまり分かっていないのでは・・・と疑問を持たざるを得ないコメントや在厩時のやり方を見て、NG厩舎になりました。




【ファイブナイトから学ぶ格言】

筋肉の質を見抜くべき





ただ、筋肉の質という言葉も曖昧で、実際には骨格と連動して活かされるものなので、純粋な”質”の良い悪いについては、分かった気になっているだけかも知れません。
要は「筋肉量が少ないのに走った」場合に「筋肉の質が良い」としてしまう場合もあるわけです。



スポンサーサイト

14:01:52
私の過去の出資馬の中で、最も情熱を燃やし、そしてビックリするほど走らなかった馬がアイリッシュギフトです。


アイリッシュギフト(Bright edgeの2011)
ノルマンディーOC
矢野英厩舎

募集価格2400万円
獲得賞金50万円

出資の理由・馬体写真は こちら
この馬は『リメンバーアイリッシュ』の合言葉と共に既に反省点をまとめた記事をいくつも作成しており、当時の出資理由は反面教師として私の相馬眼の礎となっています。



・アイリッシュギフト失敗から学ぶ・1~メンタルの重要性~
・アイリッシュギフト失敗から学ぶ・2~一口馬主の『直感』と『一目惚れ』の誤り~



馬選びのテクニック以前に、メンタルがあまりにいい加減だったと反省。
例えばこの馬の短所に出資前から気付きつつも、検討を重ね盛り上がってしまった自分の感情に逆らえず、悪い点は過小に評価し、良い点ばかりを見てプラスの感情を増幅してしまったのは私のメンタルの未熟さ故です。

こういったことは一口馬主に限らず、人や物件など万物の評価に通じることだと、一口を通じて自分が未熟なボーイであると思い知らされました。

初心者が陥りやすい悪手なので、特に繰り返し記事に残したことを覚えています。




ただ、客観的に見るとこの馬が失敗した理由は、マル外血統からくる馬場適性の無さと、気性難による調教、レースでのチグハグさ、そもそも真面目に取り組まない性格、そしてそれらを是正出来ない厩舎など、つまりは『心·技·体』の全てが駄目であっただけとも言えます。

日本の馬場適性、気性など、初心者の私にはちょっと見抜くのが難しい短所のある馬だっただけに、初年度には出会いたくなかった馬でした。



気性面に関しては厩舎の措置が全く効果がなかったのも印象的。
この調教師には合計3頭に出資しましたが、距離適性を読むことに関して絶望的にセンスがありません。
3頭すべてで私が述べた距離適性の方が正しかったです。
でたらめではなく馬体、血統から総合的に判断してわかるものと思っていますので、そういう意味では馬全般を見るセンスがないと判断し、NG厩舎としています。




【アイリッシュギフトから学ぶ格言】

感じるな、考えろ



13:55:23
出資した引退馬を振り返るコーナー。
やらなきゃと思いながら、ずっとやってこなかったのは特にこの馬のこともあります。

メレアグロス(タニノホロホロの2011)
ノルマンディーoc
松田国英厩舎

募集価格1800万円
獲得賞金435万円

出資理由・馬体写真は こちら
一口馬主を始める際に出資した馬。
馬体云々は全くわからず、ギャロップのセンス、筋肉量、血統レベル、厩舎で決めました。

ブライアンズタイムに似たガッシリとした筋肉は魅力的で、中でもトモは特筆もの。

豊富な筋肉量で未勝利戦では水準以上の走りをしていましたが、絶対的にスピードが足りず最高着順は2着。

サンデーサイレンスとノーザンダンサーを持たない血統ではこうなってしまうのでしょうか。
もちろん血統レベルはそれなりですから、相応の結果だったのかも知れませんが、馬体は今見ても古臭いながらも合格ライン。



血統の重要性を思い知ると共に、走る競技のアスリートは筋肉量で強さが決まる訳では無いのだと、よく分かりました。
スタミナも豊富でバテることもない馬でしたが、大切なのはスピード。これが最も重要なのだと良く分かりました。



マツクニ厩舎の手腕は評判通りで満足。
ポリシーもしっかりしており、時に誤りがあればそれを認めて修正していく。
そういう普通のことが出来ていたので、なぜ・・・?という一口馬主をやっていてありがちな首をかしげる事はなかったです。




悲しいのは未勝利戦を戦い切ることなく、疾病により死亡してしまったこと。
最初の出資馬がこのような事態になったのは、ふと競馬のロマンとは逆の厳しい現実を再認識することになり、醒めた瞬間でもありました。



【メレアグロスから学ぶ格言】


スピードが一番大切




18:10:12
グラウシュトラールが明日の小倉未勝利(芝1200m)に出走。
口向きが悪すぎて全く制御不能のこの馬。
スピードは確かなものがあるし、きちんと脚を溜めて使うべきところで末脚を繰り出せば未勝利脱出はたやすいはずですが、2戦をみる限り深刻。

素人目にもまず前に馬を置けよ…!と言いたくなる騎乗で、2戦目に全く進展なく同じ轍を踏んだのは情けない話。

今回もハミ受けが改善しているとは思えず非常に不安。
内枠を取ったので、変に押したり抑えたりせずに馬なりで先行集団が取れれば、一発あるのでは。

調教面でも特段の時計は出していないし人気も落とすでしょうから、一発の単勝向き。
がんばれ~!

07:52:08
ノルマンディー総選挙で1位となり、申請していた馬名モンストルオーソが、無事登録されました。
つまり、ついに自身初の馬名命名者となりました!

当ブログのパソコン版で開設当初(約6年前?)から掲げていた目標である

重賞制覇
口取り
馬名命名

この三つをついにコンプリートしたことになります。
(*・ω・)やったね。




今回の馬名決定、実はくらむさんから教えてもらい発覚。

月曜日に総選挙1位が発表され、浮かれる気持ちと申請が通らない可能性で不安もあった私。

火曜の夕方、定時退社して帰りの電車で「今日は餃子でもこしらえようかしら…」と頬に手を当て考えていると、くらむさんからラインが。

「(祝)馬名無事採用おめでとうございます」 

それを見て、一瞬ドキッとしましたが、すぐ落ち着き、ため息をつく私。
(・ω・)=3

「あ~、今日アップしたブログの馬名総選挙1位の記事見て、勘違いしてるな…。選挙1位=馬名登録じゃないのになぁ。どうせ、会社のトイレでうんこしながら、ちり紙と一緒にブログの流し見したんやろ。」


何せ昨日の今日馬名登録は早すぎるでしょう。

「ぬか喜びさせるのって人を傷つけるから、勘違いとはいえ良くないで。そういう所やぞ、くらむ…!
来月ドバイ行くからって、人として大切な物を忘れたらアカン!(拳で胸を2回叩く)」


…そうくらむさんに(心の中で)説教をし、一息つきます。



「ん。ああ、ついでだからノルマンディーのホームページも見るか…。」



『全ての馬名登録が完了しました。36.ビービーバカラの17 モンストルオーソ 意味:怪物じみた』


んん!?

20190205232934aee.gif

……。




くらむ、めっちゃええ子!
( ´∀`)☆ミ




言われなければリアルにこの日知ることはなかったですね。まさか1日で完了とは意外と仕事が早い。


くらむさん、ありがとうございます。ええ子!

るんるんで帰った私。
後から帰宅した妻に「晩御飯は何?」と聞かれ


「今夜はステーキよ!!」(昭和)
(´癶ω癶`)ニッコリ

とメニュー変更。

 


さて、今回の馬名命名は一体何が要因だったのでしょう。


すべて結果論の後付けですが何点か挙げてみます。



まず、400口ではなく100口だったこと。四倍のチャンス…。
そして、馬名の意味が被らなかったこと。
これは別の意図があったのですが、ビービーバカラという母名からしてグラスのバカラと、カジノのバカラを連想する方は多いはず。

私もグラスのバカラでいこうと思ったのですが、こういう有名ブランドを特定できる名前だと、申請時に却下されると嫌だなぁという心配から、あえて避けました。

結果的に他の候補者の方と被らない意味となったので、私が支持を集めたのではなく、他の方の票が割れたのかも知れません。


ちなみにモンストルオーソのオーソはスペルや意味の上で、父フリオーソのオーソとは無関係です。

日本語として掛かっているだけで中途半端です。

しかし、そういう繊細なところまでこだわっても、変に個人的な情熱が強すぎてマニアックだと、投票する方が覚めてしまうのもわかります。

実際、過去の応募は全然候補にも残らなかったわけで、語感を損なってでも意味にこだわったり、あまりガチガチにするのもダメなんだな~と学び、反省を活かせたのかもしれません。


が、結局は運。
先の記事で述べた通り、私の支持率はわずか32%。
7割はモンストルオーソに納得していないわけですし、わずかな差です。

ひとの好みを予測するのは難しいので、考えすぎても仕方がないことと気楽にやった方が良さそうです。



何はともあれ一口馬主の醍醐味、特権のひとつである『馬名命名』達成です!

この馬が走らないと、いつも以上に焦燥感半端ないでしょうから、是非活躍してほしいと思います!


【一口近況】
アーモンドアイが年度代表馬になりました!タイトルを次々に獲る様は痛快ボーナスステージ。次は海外、ジェンティルドンナ超え等、立ちはだかる壁をクリアしていって欲しいです。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
7歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7796万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
5歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
3歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
3歳・未勝利
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
3歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
4歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:7億2022万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
6歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億4793万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
6歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1777万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
5歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2472万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
4歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
3歳・500万下
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………