FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2020/03«│ 2020/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2020/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:29:43
毎度お騒がせの笠松競馬。
何かあると大体笠松・・・の笠松競馬。
その体たらくを見ていきましょう。


私は繰り返し


競馬村に自浄作用は無い


と批判を続けてきましたが、それについて「言いすぎだろ!」と納得されない方もいることと思います。
しかし、紛れもない事実としか私には思えないので、是非分かって欲しいです。
運営者を変えるか、かなり強力な外部からの干渉が無い限り無理ですよこれは。



笠松競馬、全馬競走除外でレース取りやめ
4/3(金)
 2日の笠松5Rは9番エネルムサシの厩務員がゲートに残った状態でスタート。発走委員が真正な発走と認めず発走のやり直しになったが、全馬が止まらずかなりの距離を走ったため、全馬競走除外。レースを取りやめた。(スポニチより)



最新がこれです。

2020年4月 ゲート係員退避前スタート事件

スタート前に最後のゲートインだった馬の係員がまだゲート内にいるにもかかわらず、なぜかスタート。
係員は馬に轢かれてしまいました。
しかし、なぜかスタート正常。コーナー前に旗をもった係員がいるのですが、カンパイの合図をしているのかいないのか分かりませんが、少なくともハッキリせずに戸惑っているのが読み取れます。
いずれにせよ、レースはなぜか続きます。



実況も

「係員が離れて・・・・(スタート) おっ!!!っと・・・!・・・・・・・・・・・・・。
スタートが切られました・・・・・・・・・・・。」

と、異変に気付くも、何事も無かったかのようにやりすごします。


その後、レーススタートから約30秒後に職員と思われる男性の

「カンパイだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

という怒声が実況に響き渡りますが、騎手たちには聞こえている騎手と聞こえていない騎手がいるようで、繰り返し

「カンパーイ!!!!!!」
1852239634-0.jpg


の合唱。
無観客でも聞こえないのに、観客がいたらもっと聞こえないことでしょうね。
結局、上記の通り不成立になりました。



騎手が分かっていないように見えるので、旗の係員が全てを担っているのでしょうが、彼が意思表示をしないとその後、騎手たちに伝える手段は怒声しか無いというお粗末さ。

前にもJRAでゲートが先に開いてもカンパイにしなかった件がありましたが、結局、一人の人間の目でレース成立、不成立を判断するなんて事が出来ないのなら、お飾りで無意味なんですよね。

今回の件は、係員がゲートにいるのに開けたスターター。そしてカンパイを迅速に伝えない職員。このようにダブルでの体たらく。
競走馬は資産価値の高い生き物ですし、競馬は騎手が過去に何人も亡くなっている危険な現場です。

労働の安全衛生を考える上で、あり得ないレベル。いつまで戦後の昭和レベルのことをやっているのでしょうね。




2013年10月 脱走馬、運転手、双方死亡事件

2歳牝馬コスモビジョンが、場内のコースで調教されていた際、突然暴れだし脱走。
一般道で乗用車と衝突。人馬共に死亡しました。

この事件、実は背景があります。
2013年だけで既に笠松競馬の馬の脱走が4頭も出ていたのです。
うち一件は、乗用車に衝突し馬が死亡していました。

その状況下で、さらに馬が逃げだし、結局人馬死亡。
既に事故も起きていたのに何も有効な対策を講じなかった笠松競馬の体制には「子供が管理しているのか?」と問いたくなります。


・・・え?言い過ぎですか?
だって、人馬が死亡したにもかかわらず、その6年後の2019年にも再び、馬が脱走してますからね。





2011年1月 ハロー車乱入事件

レジェンド級の珍事と言えばこれ。
レースが最後の直線を迎えるころ、既に1周でレースが終わったと勘違いしたハロー車(馬場をならす車)が出動!
先に直線に入っていたハロー車を馬達がジグザグに追い抜いていきます。





スターター、旗振り職員、警備員、ハロー車運転手・・・。
いずれも意識低い系職員の人災ではあるのですが、これだけ次から次へと不祥事が発生するのは、管理者としてあまりにも未熟だと思います。
人間のせいとはいえ、そうならないように機器や体制を整えるというのは当然なのでは。


スポンサーサイト




18:44:23

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の競馬を統括するRacing NSWは、新型コロナウイルスの影響により、4月4日と11日にランドウィック競馬場で開催する『ザ・チャンピオンシップス』の賞金を減額することを発表した。

 日本からダノンプレミアム(牡5、栗東・中内田充正厩舎)が出走を予定しているクイーンエリザベスS(G1・芝2000m)の総賞金は400万豪ドル→200万豪ドル(約1億3306万円)に減額となる。

 総賞金が減額となるレースの一覧は下記のとおり。

4月4日 ※単位は全て豪ドル
300万→150万 ドンカスターマイル
250万→125万 TJスミスS
200万→100万 オーストラリアンダービー
100万→50万 イングリスサイアーズ
50万→40万 カントリーチャンピオンシップスファイナル

4月11日
400万→200万 クイーンエリザベスS
200万→100万 シドニーC
100万→50万 オーストラリアンオークス
100万→50万 クールモアレガシー
100万→50万 アローフィールドスプリント
100万→50万 パーシーサイクスS
50万→40万 プロヴィンシャルチャンピオンシップス

(netkeiba.comより引用)





未だアーモンドアイのドバイ中止で、やさぐれ状態の私です。
本日は同じアーモンドアイ出資者で敬愛する くらむ さんが、アーモンドアイのうっ憤を晴らすべく、ダイアトニックで高松宮記念に挑戦。

この馬、運が無いというか、騎手の腕不足とか色々なアヤで勝ちきれない事が多いものの実力はあるので、客観的にも、そして今回の中止の一件で同じ一口馬主として感情移入するところもあり、結構、心の底から応援していたのですが、結果は1着入線馬に邪魔をされ、3着。
閉められなければ、あのまま突き抜けた可能性を考えると、とても残念。
私なら、衝動的に自暴自棄になり、もう明日から「コロナで休みます。」と宣言して会社に行かないでしょうね・・・。




ちなみに私はというと、中山2Rに猛吹雪の中ノルマンディーの出資馬が走りました。
4角でちょうど勝負服が酷似している岡田牧雄さんの馬と入れ替わったことに気づかず、そちらを応援。

出資馬→ずるずる後退11着。
マキオ氏馬→3着に粘る。

この馬違いに気づかず、netkeibaの掲示板に「不良馬場ですから、大野騎手の先行策が当たりましたね。収穫は大きい!」と書き込み、満足。

すると別の方が「大野騎手の不甲斐ない騎乗。」と言うので、私は「これでダメなら具体的にどうすれば良かったと言うんだ!」と、騎手を労わらない姿勢に切れ気味の反論。

その後、話がかみ合わないことで、上記の入れ違いが起きたことにようやく気付きます。

・・・・バツが悪くなり、取り急ぎその方に謝って逃走。
赤っ恥に、そっとパソコンを閉じて、枕を濡らしました。

吹雪いて見えなかったこと、勝つと思っていないので枠順も把握していないことなどが原因とはいえ、アーモンドアイショックの影響かなと自分では思っています。
もうほんと、モチベーションが全くね・・・。








前置きが長くなりましたが、そんなコロナウイルスの影響で、ドバイ組、香港組が遠征出来ない、もしくは帰国中の現状の中で、オーストリアに無事入国したのがダノンプレミアム。

この馬は非ノーザン馬です。
情勢不安定で、海外遠征組が国内に集中してハイレベルになることを読んでいたかのように、遠征の難易度の高いオーストリアに挑んだのは英断だと思っていました。

というのも、オーストリアは検疫強化が事前に発表されており、「満足な調教を積めない可能性がある」として矢作厩舎のモズアスコット等が遠征を中止しています。

また、人の動きで言うと、入国は出来ても出国出来ない懸念が現実的にあり、実際レーン騎手が来日出来ない状態になっています。

つまり、ダノンプレミアム自身は家畜扱いで出国できても、スタッフが出国出来ないリスクがあるわけです。



だからこそ、ノーザン馬も誰も遠征しないわけですが、逆張りで賭けに出たのがオーナーと中内田厩舎。
手薄で空き巣感のあるオーストラリア競馬を荒らすことが出来るチャンスでもあるわけです。
出国出来ないなら、そのままオーストラリア競馬で長期戦を挑めばいいですし、種牡馬入りした際にも、社台スタリオン1強の中でも、オーストラリア競馬にシャトル種牡馬として事前に箔を付ける意味もあります。


世間の中には「コロナ蔓延のこの時期に、非常識。リスクを分かっていない。」と批判する者もいますが、私は上記の通り、だからこそ、国内では種牡馬価値も危ういダノンプレミアムならば、逆転のチャンスとして価値ある遠征であると見ています。



・・・が、冒頭でお伝えしたように、オーストラリア競馬主催者(およびスポンサー)による突然の賞金半額減という暴挙には絶句です。

いや、あの・・・。
ドバイ中止といい「コロナなんだからしょうがないだろ。」で普通にこういう事がまかり通るんですかね?
払えないものはしょうがないだろ的な開き直りで、便乗値下げじゃないですか。


例えば皆さんが遠方での講演を金額を提示された上で依頼されて、実際現地入りしたら「コロナだから半額にしてね。やらないよりマシでしょ。まあ帰れるかは知らんけど。」で半額にして良いというわけですよねコレ。



契約上、そういう物なんですかね。
こういう事予測出来ないようなことも想定しろというなら、確かに「コロナ混乱期、遠征批判派」が結果的に正しかったわけですが、既述の通り、私はダノンプレミアム陣営は長期戦覚悟の上と思っているので、春以降もオーストラリア競馬に参加する可能性も想定しているでは。


スポンサーは地区や時期によっても異なるでしょうから、今後まともな賞金のレースにもぜひ出走出来ることを願っています。
人と違う事をするのは、必ず批判が生まれるわけですが、勝利をもって見返して欲しいところです。


18:21:22
未練タラタラ、未だにドバイワールドカップ中止のショックで仕事も何もやる気がしません。
は~( ゚ ρ ゚ )ボーー

日本では「中止」と報道されていますが、イラっとさせるのはドバイレーシングから発表された文書の
「開催を来年に延期する」
という文言。

じゃ、来年2回やるのかよ!
とツッコミたくなります。

何そのミュージシャンの
「バンドは解散ではなく、永久活動停止」
みたいな言い方。





アーモンドアイの次走については国枝調教師が
「普通に行けば安田記念だろう。」
と発言。

国枝先生は以前
「私が決めているわけではないので。」
と、決定権がノーザンにあることを否定しませんでしたが、その国枝先生がそう言うのならば既に決まったことなのかも知れません。


しかし、昨日のシルク公式では
「次走はオーナーサイドと検討」
と明言は避けています。


4月の下旬に天栄で検疫を終えるとのことで、逆算すると5月中旬を過ぎたヴィクトリアマイルには間に合います。
レースダメージも全くない状態ですし、要するに不確定要素としては輸送でどれだけの疲労があるのかということで、私としては安田記念に出て、春1走で終えるよりは、ヴィクトリアマイルから宝塚記念の方がありがたいですね。



しかし、この辺りはルメール騎手のお手馬と、ノーザンの使い分け、そしてドバイ中止、香港遠征も事実上不可能。これにより多くの馬が国内に集まってしまうので、アーモンドアイはもちろん、各馬「総取り」するようなローテはそもそも許されないのかも知れません。




年4走がデフォになっているアーモンドアイですから、多くても引退までに
ヴィクトリア→宝塚記念→秋天→香港カップ
で終了。



いやしかしですよ。
一口馬主の規約上は
『6歳3月末』
が引退時期。


だとすれば、規約上はアーモンドアイは来年のドバイにも出られるんですよね。

しかし、慣例としてG1馬の牝馬はなぜか
『5歳12月末』
で引退することになっていて、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ他一口馬主の名牝達は6歳で出走することはありません。



これをノーザンという括りを取り払うと、ヒダカブリーダーズユニオンのサンビスタのように規約よりも延びて、現役を続行するパターンは稀にありますが・・・。

ノーザン系でも例えばドナウブルーのように、繁殖入りが期待された重賞馬で血統も良い馬であっても、6歳で出走のあるケースもあります。
その境目はもちろんノーザン側から明言されていませんが、上記のように『G1馬』だと5歳の年末で引退が事実。



ちなみに
「ドバイワールドカップのある3月末のレースに出ると、その年の繁殖活動に間に合わない」
というのは誤解です。
例えば、昨年アーモンドアイと共にドバイターフに出走し、2着となりそのレースをもって引退した、大魔神佐々木氏の個人所有馬ヴィブロス。
ヴィブロスはノーザンファーム生産で引退後も故郷へ戻っていますが、その年、ロードカナロアを種付けし受胎。
今年生まれる予定です。



つまり、繁殖のスケジュールとしては問題無いのです。

しかし、その準備等を考えると、万全の状態で迎えたいというのがノーザン側の理想ですから、『6歳3月末で引退』の規約同様に記載されている『場合により時期を繰り上げ』するという部分を行使されているのでしょう。



確かに、ヴィブロスについても仔が生まれたというニュースをまだ聞いていないので、4月以降の出産になるわけです。
ライトコンロールという本来発情する時期を前倒しする手法を使って、早期の出産を促すことを行っているノーザンですから、アーモンドアイのような名牝にも、もちろんそうしたいのでしょうし、何よりレースを使う、その準備をするというのは当然故障、死亡のリスクを伴います。

吉田勝己さんの寵愛を受けるアーモンドアイが
「ドバイが中止になり、出資者がかわいそうだから来年リベンジさせてあげよう」
こんな風に決断する・・・そんな期待は出来ないでしょうね。
むしろ、早くクラブと出資者から取り上げて、自分のところに置きたいというのが本音でしょう。



ワンチャンあるとすれば、配合相手に苦慮しそうなアーモンドアイが、欧米の種牡馬を種付ける為に元々海外に出向くことが予定されている場合。
それならば、あるかも・・・?
いやぁ、無いか。
海外で種付けるなら、それこそ万全の状態にする為、やはり年内引退ですかね。




まだ悲壮感が無かった2月のはじめにコロナウイルスに関する記事を当ブログでも作成しました。
コロナウイルスの拡大は怖いのか?

この記事で
「人類の大規模死亡の要因は、戦争と伝染病」
と述べ、実際イタリアなどでは、その通りになりつつあります。
あまりの後手後手対応に
「なめてると知りませんよ。」
と警鐘を鳴らしましたが、東京五輪は延期、そしてドバイも中止、次はいよいよ競馬開催にまで及ぶ可能性を考えると私も
「なめとったわ・・・。」(;゚д゚)ゴクリ
です。

そしてコロナのせいで一口馬主のモチベーションもダダ下がり。



06:16:38
ええ・・・。
ひど過ぎる。
ドバイワールドカップデーについては当初、UAE政府から「スポーツイベントの中止、延期を要請」として3月頭くらいに報道があり、流動的でした。

それを受けて、日本馬は状況を見守っている状態。
しかし、3月13日にドバイレーシングが「無観客開催」を決定。
これにより、日本馬はドバイ入りしました。
昨日まで、国枝調教師などに「特別ビザ」の発給が行われていた為、無事開催される事を確信していましたが、急遽の中止決定。

ぬか喜びからドン底・・・。


aa_20150124204211283.png



やるか、やらないか未確定の状態でドバイへの輸送を行ったのであれば、仕方がないと言えるのですが、未確定から「やる」と明言した後、10日程度で「やらない」・・・。

これはひど過ぎる。誰も予測出来ない事態です。






そもそも、もはや馬も人も入国済みで、この状態で中止にしようが開催しようが、
そこに差はありますか?




殿下など王族に感染者が出るのは大問題ですが、それは表彰式を省略したり、王族は名目上参加しない等、落としどころは色々あったように思います。




これは各陣営黙っていないのでは?特に訴訟大好きアメリカ勢は、補償問題に発展させることでしょう。
規約にあるのか無いのか分かりませんが、後味の悪い終わり方です。






某掲示板では「これは日本馬陣営のミス。予測できたこと。責任の一旦はある。」などと言う浅はかな者が多くてびっくり。
いわば
「赤信号から青信号に変わって横断歩道を渡ったら車に轢かれた。でも道路は危険が一杯。予測出来ただろう。責任の一旦は歩行者にある。」
と言っているのと同じですからね。


100歩譲って、13日の「無観客開催」決定後にも、中止リスクはあると訴え続けた者には、その物言いも許されるでしょうが、それ以外は単なる後出し。






振り返ってみると、UAE政府の「中止、延期を要請」、ドバイレーシングの「無観客でやる」はかみ合っていないわけですが、モハメド殿下のパワーで話をまとめてくれたものと力技に安堵していましたが、一部報道によるとUAEで新型コロナ死亡者が出たことでこういう急転に至った模様。







今後のアーモンドアイのローテはどうなるのでしょう。
香港QE2の登録を済ませているので、そちらに向かう可能性はあります。
しかし、香港のモレイラがドバイ参戦を止めた経緯から考えても、騎手らが拘束される期間が長いようです。

そうなると、パートンかモレイラクラスの現地騎手を確保出来ないと出走は無いのかな。
そもそもコロナリスクは香港も変わらず、開催されるのかもまだ未定ですし。


ルメール騎手が「ライフホース」と言ってドバイに先乗りしていましたが、それはドバイですからね(笑)
観光をしながら待っていたに違いありません。
これが香港だとどうなのかな。


オーストラリアも同様に入ったは良いけど、人間側が出られない状態になりそうで、しかもドバイ入りした今、4月頭の適鞍がオーストラリアのクインエリザベスになりますが、もう間に合いませんし、連戦のきかないアーモンドアイにオーストラリアは難しい選択肢。


・・・そうなると、結局国内専念が妥当。
大阪杯はもちろん検疫が間に合わないので、ヴィクトリアマイルでしょうね。
安田記念は盟友のインディチャンプが連覇の可能性があり、わざわざぶつけないでしょう。

春二戦がアーモンドアイのローテですが、連戦が出来ないので安田→宝塚はあり得ないし、現実路線はヴィクトリア→宝塚or休養でしょう。





以前から述べているようにドバイはシガーの頃から思い入れが強いレースなので、もう一回出て欲しいです。

シルクの規約では6歳3月末が牝馬の引退ですから、規約上は実は来年も出られます。
しかし、慣習としてG1牝馬は5歳12月で引退させて繁殖に備えることが現実。

でも出資者としては未練たらたらなわけで、なんとかは走らせて貰えませんかね。
ほ、ほら、ドバイで引退させて、そのまま欧米に渡ってフランケルとかつけてもらえば良いでしょ?汗




牝馬の活躍馬はヒダカのユニオンのサンビスタや、ノルマンディーのビスカリア等は5歳時に覚醒した強さを見せた為、特例で規約をクラブ側が緩めて6歳も現役続行していました。

ノーザンは規約を緩めるなど、そこまではしないでしょうが、上記の通り、元の規約のままでドバイは出られるわけですから、ここは譲歩して欲しいです。




それにしてもアーモンドアイは「持ってない」ですね。
昨年の安田記念はスタートでタックルされて不運。
香港カップは熱発回避から、陣営も鬼門と避けていた中山で惨敗。
そして名誉挽回のドバイは中止。

あーあ・・・という感想。


年度末で疲労困憊の私の支えはドバイワールドカップデーだったわけですが、もう完全にやる気なくなりました。

wgbQxsI.jpg




17:15:48
スーパーホーネットが処分されていたという話が明らかになり、ネットの一部で話題に。
スーパーホーネットは重賞4勝G1・2着4回の名馬。獲得賞金は5億円以上。

この馬が殺処分ですから、本当に救いの無い世界ですね。
種牡馬を廃用となり、馬主了承の下で殺処分となったそうです。


重賞勝利馬は「一般人が見学を出来る」などの条件付きで助成金が出ます。
しかし月2万円ということで、やや少ない印象。


昔、乗馬クラブに通っていた時に大井で馬主をしていた方に聞いたのですが
「最低限の世話で放置プレイする養老牧場なら年に50万円くらいの預託費で済む。」
と言っていました。

もちろん、乗り運動、充実した医療など世話のレベルが上がれば年に100万でも200万でもあると思います。

が、草を食んで自然に生きて、自然に死んでいく・・・という意味で寿命を全うさせるには年に50万円でよいということで、これを安いと見るか高いと見るか。



昔、グリーングラスを田舎の民家で引き取って世話をした女性がいましたが、ああいうケースでは助成金の対象にならないんですかね。
見学云々よりも、物好きや金持ちの個人に引き取ってもらう道も模索すべきだと思います。




スーパーホーネットに話を戻しますが、彼が処分されるというのが事前に世間に知らされていれば、彼は助かったのでしょうか?

クラウドファンディングで集まったお金が100万円なら数年、300万円なら・・・?



所詮は家畜なので人間に生き死にを左右されるのは理解していますが、重賞馬で種牡馬入りしてもこんな運命しか待っていないなんて、あまりにも惨い。

全てを救うことは出来なくとも何か希望があって欲しい・・・と考えるのは、勝手に人間側が
「救いを少しでも用意出来れば、自らの罪悪感を薄めてくれる」
という言い訳なのかも知れませんが、それでも『頑張った馬は生きのびる』という事実は実際に馬の命を救えるわけですし、もうちょっとJRAの制度としてどうにかならないものですかね。




乗用馬やセラピーホースなどの使役馬として実用化できる馬は少ないですし、寄付だとか善意頼みなのが現状。
結局は、ビジネスとして成り立つモデルを見つけるしかないんですよね。

そして、そんな事が簡単に出来るのならとっくに誰かが手を出しているわけで、上手く言えませんが、
「弱い馬の肉を売って、強い馬を助ける」
ような事しか思いつきません。




現実的な事を考えるとやはりJRAが制度を変え、獲得賞金に応じてチャージされ、養老牧場で使用出来る年金のようなものを確立すべきでしょう。
しかし、スーパーホーネットの馬主を見ても5億円稼いだ功労馬すら見殺しにするような人間なのですから、そういう馬主達がこの案を飲むはずも無く、結局JRA側から自浄作用は望めず、話は堂々巡り・・・。



【一口近況】
アーモンドアイが令和初の天皇賞秋を制覇でG1を6勝目。もしかすると夢の8勝もあり得るのでは・・・ ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬
★くらむの一口馬主日記!





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ・天皇賞秋(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
8歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7874万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
6歳・2勝クラス
募集金額:2560万円
獲得賞金:4885万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
6歳・1勝クラス
募集金額:1040万円
獲得賞金:1751万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
4歳・1勝クラス
募集金額:1600万円
獲得賞金:913万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
4歳・1勝クラス
募集金額:1000万円
獲得賞金:650万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
4歳・1勝クラス
募集金額:2200万円
獲得賞金:1475万円

………………………………………
モンストルオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳(地方・船橋)
募集金額:880万円
獲得賞金:305万円

………………………………………
ヴィクトリオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳・未勝利
募集金額:1120万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
サンメディル 牡
父:Lemon drop kid
3歳・未勝利
募集金額:2640万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
5歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:12億9780万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
7歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億7327万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
7歳・1勝クラス
募集金額:4000万円
獲得賞金:2942万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
6歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:2472万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
4歳・1勝クラス
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
4歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ハーモニクス
父:キンシャサノキセキ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………