FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2019/05«│ 2019/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:44:15

14日、競馬界に前代未聞の激震が走った。JRA(日本中央競馬会)は、今週の土、日に東京、阪神、函館で出走を予定していた156頭の競走馬の取り消しを決定した。摂取したカイバなどから禁止薬物の「テオブロミン」が検出されたもので、これだけの大量の取り消しは前代未聞。

 15日午前6時半に発表されたJRAのホームページ上では「今週の中央競馬の出走予定馬の中に、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性がある馬が判明したため、それら全ての馬を競走除外としました」と説明。土日の開催は予定通りに行われることとなったが、その衝撃は15日朝のトレセンを直撃した。

管理馬が競走除外となった西浦調教師は「開業当時から使っている(カルシウム摂取のための)サプリメントで、今までも競走後の検査などでも一度も引っかかっていないので、禁止薬物が含まれているとは夢にも思わなかった。JRAファシリティーズの販売ということで安心して使っていた。
今後は何を信用すればいいのか…。昨夜の午後11時ごろにJRAから連絡があったが、遅い時刻だったのでオーナーにも連絡できていない。どう説明すればいいのか…。楽しみにしていた馬たちなので、非常に残念です」と突然の事態に動揺を隠しきれない様子だった。

 西浦調教師がサプリを購入したというJRAファシリティーズはJRAの関連会社で、施設保守や競走馬の飼料提供などを行っている。当然、JRA公認で販売されていたサプリメントが今回の取り消しの原因だっただけに関係者からは怒りの声が出ている。

 日曜阪神9Rのアサケパワーが取り消しとなった大橋調教師は「開業当時から使っているサプリメントで、急にこんなことになり心底驚いている。取り消しになる馬の中には本命視されている馬も含まれている。馬も我々も被害者だよ」とJRAに対して怒りの声を上げている。

 関係者が語るようにこれまで普通に使用できたサプリメントがなぜ突如、禁止薬物と判断されたのか? 今回の最大の謎だが、あるトレセン関係者は「従来と違う工場で生産したのを調べたら出たんとちゃうかな。あるいは生産を委託している会社が変わったとか。それによって禁止薬物が何らかの形で混入した可能性があるんとちゃうかな。だからほんの一部のサプリだけが本当の禁止薬物やったと思う。実際、競走馬の検査もしていないんやろ。サプリを使っていただけでアウトちゅうのは一体、どうなってるんや」とJRAの対応に疑問の声を上げる。

 公正競馬確保を重んじるための156頭の大量取り消し。このJRAの決断が今後、さらなる波紋を生む可能性はある。

※テオブロミンとは=興奮作用、気管支拡張作用、強心作用、利尿作用などを持ち、チョコレートやココアなどに含まれる。

(東スポより引用)







毎度述べているようにJRAには自浄作用というものがありません。
問題を解決しようとせずに、誰かに責任を押し付けそれで終わり。

一口馬主の皆さんがすぐに思い出したであろう※『ピンクブーケ事件』で、自分たちの管理体制のいい加減さを棚に上げて、責任の全てを馬主と調教師に擦り付けたJRA様は、やはり何も変わっていませんでしたね。



※ピンクブーケ事件・・・1着でゴールしたピンクブーケ(牝、当時2歳、美浦・小西一男厩舎)から採取された検体から、興奮剤のカフェインが検出されたことがレースの3日後に発表され、競馬法違反の疑いで船橋警察署に通報されたところまでは法に則った動き。競馬施行規程によって同馬は失格となり、一旦は交付された1着賞金700万円ほかの諸手当も没収された。
 ところが、トレセン内の薬局(JRAファシリティーズ株式会社)において同馬を担当する調教助手が購入した「サイペット」という競走馬用のサプリメントに禁止薬物の原因物質が含まれていたと特定され、それが競走馬理化学研究所の検査をパスしていたことが確認されてからは、続報がプツンと途絶えてしまっていた。(Numberより引用)



ピンクブーケの問題を軽視して対策を講じなかった結果、156頭もの取り消し馬を生んでしまったわけです。
臭いものに蓋をして問題に真摯に向き合わなかったJRAは大きなツケを払うことになったわけで、正に自業自得。




明日のメインレース、函館スプリント(G3)は13頭中6頭が出走取消となり、もはやまともな興行とは言えない状況。


それにもかかわらず、開催を強行しているJRAにも疑問を抱きます。
金銭的な損害は、出走機会を奪われた馬主に負わせ、自分たちはのうのうと通常営業しているわけです。


まるで、悪いのは該当馬の関係者達と言わんばかりではないですか。
普段から公正公平な競馬を謳っておきながら、これですよ。
馬主や関係者に対し、不公平極まりない事態です。
もちろん、これで出走させるのも、今度はクリーンな馬達に不公平なんですけどね。
要は販売許可したJRA側の落ち度。


勝手に無認可のサプリを与えていたとかならば、無論は責任は馬主サイドにありますが、JRAが販売している公認のサプリを使用していたのに、突然
「それ、禁止だぞ。出走出来ないからね!」
というハシゴ外しは無責任にも程があります。


JRAファシリティーズが販売されている物を使用して、こうなってしまうようでは、その機関は単なる中間搾取する中抜き企業ではないですか。上記の通り、全く機能していないわけですからね。


JRAは会見で「検査済みのものしか販売しないようにという対応をしていたが、それが徹底されていなかった。そもそも検査済みでないものが出回っていたのが一番の問題。以降はより厳格に取扱業者に注意していく」と再発防止について述べましたが、ピンクブーケ事件の時も同じ事を言っていましたし、完全に無かったことになっていますね(笑)
しかも結局ひとのせいw


人に厳しく、自分に甘い!
清々しい!!

スポンサーサイト

13:09:49
セカンドエフォートが出走です。
最近は安定した末脚を繰り出すも惜しい競馬が続いていますが、ダートが舞台なので末脚を信頼しては買いづらいところがあります。

馬場はある程度渋った方が当然末脚は冴えるわけですし、実際この馬の成績は稍重以上や、雨天の方が結果がでています。


その点、本日は晴天も稍重ですし、調子も良い。
馬体も発汗のせいか良く見えますし、今日は複勝は買いやすい出来でしょう。
色気で単勝も買います。

17:15:53
安田記念に出走したアーモンドアイは3着となりました。
7連勝中でしたが、これで連勝もストップ。
後ろから差される負け方はあまり想像出来なかったので、負けるとすればこうだろうという姿を不運にも実現してしまったように思います。

kiwibrothers_gifstamp_20190602072453_830000.gif
アゲリシャスするはずがサゲリシャス・・・。



まずスタートで出遅れ。やや飛び上がるようなスタートをマイル戦でやってしまうのは大きな不利になります。
距離に関してはギリギリ下限かどうかと直前の記事でも述べましたが、そこで出遅れてしまうと話は深刻になります。

さらにはスタート直後に、外の武豊騎乗のロジクライが寄ってきて4頭ほどが挟まってタックルを受ける不利で、加速しようとした矢先に更なる不利を受ける始末。
もはや泣きっ面に蜂。

これにより、後方で競馬をすることを強いられました。
先行内枠有利な今の東京ですから、ルメール騎手には勇気を持ってポジションを上げて欲しかったです。

といっても上記の通りスタート後に後手を踏んだせいでポジション取りでも受け身になってしまい、前後左右どこにも行けなくなってしまっていましたが・・・。
ダノンの後に付ければやり易いだろうと直前の記事に書きましたが、ダノンに外を蓋をされる形になってしまいました。


最終コーナーを回っても外のダノンプレミアムが先に仕掛けて後手を踏み、前の馬が邪魔になり蓋をされる格好に。
内への進路を取ろうとすると、外側が開いた為、そこから加速を始めましたが、展開もあり先行していたインディチャンプの脚色と変わらず、差はジリジリとしか詰められず3着。

さすがの鬼脚を持つアーモンドアイをもってしても前にいるインディチャンプが32秒台の脚を繰り出されてはどうしようもないでしょう。



自己責任含めての複数の不利があり、さすがにこれだとアーモンドアイでも厳しかったでしょうか。
不可解な負けだとショックも相当な物ですが、この負け方は正直仕方がありません。
ベストなレースには程遠く
「まあ、これじゃ負けもあるよなぁ。」
と変に納得。


それでも勝ってほしかったというのが本音というか、その位の底なしの絶対能力を見せてほしい思いはありますが、アーモンドアイも馬から生まれたサラブレッドですから仕方ありませんね。


馬体や歩様を見る限りドバイの疲れだとか、力が衰えたような雰囲気はありませんでしたし、また秋に活躍してくれるでしょう。





・・・うん。これで終わりにしたいのですが、グチグチ、イジイジしたくなります。
負けるならこういう負け方だと覚悟というか「負けパターン」は頭にあったのでショックではない・・・と言いたいのですが、負けるのは単純にショックですよね。

中継を見ながら酒を飲んで出来上がっていましたが、一気に頭痛になりました(笑)
酒がまずいw

68776924-0.jpg


一つ言えるのは色々な不利があったこその結果だとは思うのですが、今後マイル戦を走ることは無いような気がします。
これで年内は秋天→香港カップというローテ予想は変わりませんが、来年は大阪杯orドバイターフ→宝塚記念ですかね。



まあ、負けてしまったものは仕方ありません。
というか、競馬はそういう物ですよね。

無事なら来年も現役なわけですし、最も恐ろしいのは故障。
そして悲しいのは衰えること。

それに比べれば、今回の敗戦程度、なんてことは無い・・・そう思う事にします。


14:24:15
出資馬アーモンドアイが安田記念に出走します。
事前に見た馬体の様子は、抜群です。
去年後半に見たころはややマイラー色が強くなってきた馬体でしたが、今回はディスタンス向きのすっきりした馬体に再び戻っています。


正直、ダノンプレミアムとモズアスコットの2頭の馬体が非常に良い出来なので、それらには見劣りします。
ただし、毎回驚くほどの毛ヅヤは健在で、今回も出来は申し分なし。
マイルという点のみが適性のギリギリ外になる可能性は否めませんが、絶対能力は遥かにアーモンドアイの方が上ですし、問題なく勝てるでしょう。


注目は枠順でアーモンドアイとダノンプレミアムが外枠で隣り合っていることで、ダノンプレミアムが先に行って、アーモンドアイがピッタリそれにつけるということになるのでは。

アーモンドアイがマイル戦で先行出来るかを不安視する声もありますが、ドバイターフを見ても問題ないでしょう。
アーモンアイとルメールにすれば、やり易い枠順になったのでは。


現在1.7倍のオッズですが、意外に高いオッズですね。
現在の東京の高速馬場を加味すれば、一倍台前半が妥当だと思うのですが。


ドバイターフやジャパンカップに比べれば勝つ可能性は極めて高いと思うのですが。

モズアスコットの人気が9番人気で妙味ありですし、この馬も複勝で買います。



20:01:11
ノルマンディーの追加募集馬、ヴィクトワールの17に出資しました。
そして、この度ノルマンディー馬名総選挙の最終候補5選に残りました。

これまでサッパリ最終候補にも残れませんでしたが、昨年末頃の馬名総選挙でモンストルオーソが見事1位となり、馬名命名となりました。

今期出資馬は2頭で、まさかの連続での最終候補入り。


「こいつは前回残ったから除外だな。」
とかそういう裏側もあるのかなと思っていましたが、馬名に関しては無さそうですね。

実際にノルマンディスタッフの目にとまれば候補に残る公平な勝負のようです。


ちなみにモンストルオーソもヴィクトワールの17もフリオーソ産駒。
名前はともかく、両馬共に活躍して欲しいです。


【一口近況】
アーモンドアイが年度代表馬になり、そしてドバイも制覇。もう私の手ではすくい切れない程に溢れてくる名誉と称賛ですが、まだまだこの馬の快進撃は続くんでしょうか。気分は夢の中です。 ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
7歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7796万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
5歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
5歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
3歳・未勝利
募集金額:1600万円
獲得賞金:90万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
3歳・500万下
募集金額:1000万円
獲得賞金:500万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
3歳・500万下
募集金額:2200万円
獲得賞金:570万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
4歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:11億1925万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
6歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億4793万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
6歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:2267万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
5歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2472万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
4歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
3歳・500万下
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………