FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
19:34:35
マリリンモンローがセクシーにお尻を振りながら歩く様を『モンローウォーク』と呼ぶそうです。
実際の映像を見たことはありませんが、恐らくわざとらしく尻をぶりぶりと振るわけではなく、ごく自然だったと想像出来ます。

というのは、マリリンモンローは色っぽく魅せるモンローウォークの為に、わざと片足の靴のヒールを6mm長くしたそうです。
これは彼女本人ではなく、友人である女優が語ったもので、もしかするとモンロー本人としては、自分が色っぽいのは生まれながらのことであり、モンローウォークの『種明かし』を嫌ったからかも知れません。


実際のところ、この話に物的な証拠(遺品の靴など)があるのかどうかも定かではない逸話ではありますが、私は納得しています。
6mm程度でウォーキングが変わるということに疑問をもたれる方もいるでしょうが、我々は似たような話を知っているではありませんか。



そう、馬の装蹄です。
歩様の悪い馬の蹄鉄を、名装蹄師が打ち変えた所、あっという間に改善した・・・という話や、裸足の方が調子の良い馬の話などを知っています。

これらは昭和から平成初めの話で、JRA所属馬ならば今は腕の悪い装蹄師は淘汰されたと信じたいですが、地方競馬や乗馬の世界には未だにそういう三流も間違いなくいるはずです。



こういうミリ単位でガラリと性能やバランスが変わるのは正に職人技なわけで、それが6mmとなれば、モンローのように相馬的な観点では『致命的な歩様』になるわけです。




馬選びにおいては、こうした歩様の違いは当然見抜かねばなりません。
ありがちな誤解としては、モンローウォークのような”揺らしながら歩く”様子を『ダイナミックな動き』として良い物だと勘違いすること。

これまでその理由が分からなかった方もモンローウォークの『種明かし』を見れば納得して頂けれるでしょう。
体のブレは体幹の弱さや骨格のゆがみが原因となっていることが多く、これを
「動く幅が大きいから、これは良い歩様」
と勘違いするのは、初心者にありがちだと思われます。


体を揺らすと大きく見えるのは錯覚です。
揺らすことで、残像が視覚的に残り、実物よりも大きく映るわけです。

よく街中で、チンピラが肩を揺らして歩いていますが、これは自分の体を大きく見せるためにやっていることです。
野生動物も相手を威嚇する時に、同じように立ち上がり、両手を広げたり肩を左右に振ってみたりしますが、これと同じ理由ですね。
なんとか自分を強く見せようと必死なわけで、チンピラが動物レベルの脳みそしか無いのが良く分かると思います。



もちろん、私にはそんな小細工は通用しないわけで、その本質を見抜いちゃいますから!
ですから実際やったらね、もうボッコボコですよ。
ええ。
私がボコボコにされる側ですけどね!(キリッ!)


ただ、実際本物のアスリートや格闘家は、そんなチンピラウォーキングをしなくとも、その迫力は飛びぬけているわけで、体の厚みが全く違いますし、軸ブレしない綺麗なウォーキングをします。

元ハンマー投げの金メダリスト、室伏氏が、まだ一般社会では無名な頃から、歩いているだけで様々なスポーツのスカウトが絶えなかったエピソードは有名で、それは正に上記の通り、ウォーキングからその素質が溢れ出ていたわけです。






最後に、上記でモンローウォークのような軸がブレるのは良くない歩様・・・と述べましたが、馬選びの難しい所は、良くくないからと言って絶対に走らないとは言えない部分です。

皆さんご存知の人類最速のスプリンター、ウサインボルト。
彼の背骨が曲がっていることで、横に振った時のエネルギーが速さに転換出来たことは科学的に立証されています。

もちろん怪我の原因になるのは明らかで、教科書的な回答としては既述の通り背骨のゆがみは体のブレとなり「良くない歩様」に分類されますし、それは競走馬の場合、確率的に多くは実際に走らないと思っています。


が、ボルトのように一流のトレーナーのもとで、正しいトレーニングと、それに耐える豊富な筋肉量とウィークポイントを転換できる走法が出来る骨格を持っていることなど、複雑に絡んでおり、高度なレベルや例外は見抜くのが困難です。



ボルト同様、一流の牧場とスタッフ、調教師が体質が弱かったり、体に欠点があるけれども、優れた才能を持つ馬を一流馬に育て上げたエピソードはモーリスの経歴を調べると良くわかるのではないでしょうか。



真の相馬眼を手に入れる道は、果てしなく遠いです。

スポンサーサイト

07:48:28
中日新聞杯に挑んだストロングタイタン改め、ストロングデブタンは馬体重+36キロの552キロで出走。

直前の記事で心配したことが現実になりました。
ストロングタイタンのベスト体重は520キロ台。
冬場であることを考慮しても530キロ台で出てきて欲しかったですが、大幅なオーバーウエイトで太目残り。


馬体重発表前は単勝10倍だったのが、最終的に16倍。
私もこれは無理だろうと単勝馬券の予定をやめ、ケンに。

レースはマイスタイルが引張り、ハイペースに。
しかしストロングタイタンは終始かかり気味で、ギリギリ脚を溜められるような状況がつづきました。

展開も向いたため、直線では先行したまま粘り込みましたが3着まで。

良く頑張ったと言いたいところですが、調整不足が露呈した感は否めず残念。
というのも、厳冬期は苦手でここがメイチの勝負と期待していただけに期待を裏切られる形となりました。


ただデータは収集出来ました。
やはり左回りは合うということ。
それからマイル戦も一度は試すべきこと。
勝負根性は優れており併せ馬で競馬すべきことなど。

特に左回りについては再三述べていますが、使い分けなのかイマイチ実現しません。
来年こそサウスポーでやってもらえませんかね…

19:17:11
さて、恐らくこれが出資馬の年内最終戦。
というわけで、一足早いサンタのクリスマスプレゼントをお願いします。


土曜日中京11R
中日新聞杯(G3)・・・ストロングタイタン

土曜日中京12R
犬山特別・・・グラドゥアーレ


勝ち負け出来る2頭が2レース連続で出走。
ストロングタイタンは最も自信があった夏の小倉記念でまさかの心房細動で最下位。

皆さんご存知の通り、あまり後遺症の出ない症状なので心配はいらないと思われます。

とはいえ気になるのは体調。
元々冬は全くの苦手で結果が出ないばかりか、毎年裂蹄する弱さもあり、無理は出来ない上に結果は出ない季節。

一ヶ月前の11月上旬での馬体重は590キロ。
明らかに太いですが、果たしてここからどこまで絞れたのか。

シルクの公式でトレセンでの様子を写真で見る事が出来ましたが、馬着を纏っており体の様子はわからず。
元々スポーツカー並のエンジンですから、ひと月あれば50キロは落としてくると思われますが、結果が出ている520キロ台までは恐らく無理でしょう。
個人的には530キロ台も問題無いと思いますが、この辺りが目安ですね。
さすがにこれ以上の体重で勝ち負けは難しいでしょう。


またストロングタイタンは中京芝2000mのレコードホルダーにして、今回出走メンバー中、全場芝2000mでも持ち時計はトップ。
鳴尾記念で阪神芝2000mのレコードも保持しており、馬場状態次第な側面もありますが、とはいえ、主要競馬場のレコードホルダーのメンバーを見ると、ほとんどが名馬なのは確か。

ハマれば実力は一番でしょう。
問題はその馬場状態。今週は雨も多く、現在の含水率は良と稍重の境目。
当日は晴れ模様ですが、どこまで乾くでしょうか。


そして気温。夏馬のタイタンにとってはうれしい暖冬が続きこの頃。
沖縄では真夏日並の気温で12月として観測史上最高の温暖な天候となりました。

池江先生からもその点は言及されており、この馬にとってはもちろんプラスですね。
ただし、当日は例年を下回る寒気が来る模様で、どうなりますか。

騎手はアブドゥラでリベンジ。前走、返し馬は完璧でしたし、腕も相性は文句なし。
馬券は単勝一本で。


続いてグラドゥアーレは一歩足りないレースが続いていますが、これは気性や展開、騎手の問題ではなく実力。
今回も勝ち負けでしょうが、複勝向きで妙味はあまりなし。

サンタさん、待ってます…!

20:06:04
アーモンドアイの次走はドバイターフかドバイシーマクラシックのどちらかに正式に決まりました。
ルメール騎手からも「凱旋門賞に行きたい」という言葉もありましたし、来年は海外遠征が複数回あるかも知れません。

しかし、相変わらず世間の声というのは、いい加減なもので
「京都記念を叩いてドバイだな」→未だに虚弱体質を理解していないのか?
「来年は凱旋門から有馬で引退でいーよ。」→いーよじゃねーよw勝手に辞めさせんなw
と、こんな調子。


そもそも今年も
「札幌記念から凱旋門賞へ行くべき!(キリッ!)」
という意見も聞きましたが、ルメールが52キロで乗らないといけない事すら理解していないような層を一々気にする必要などないんですけどね。



ただ、ジャパンカップを勝ったことで再燃する凱旋門賞挑戦への期待の声は膨らむばかり。
日本の競馬ファンが患っている「凱旋門賞コンプレックス」は年々増すばかりで、エルコンドルパサー、ディープインパクト、オルフェーヴルと幾多の名馬が敗れる度に、その症状は悪化していきます。

年度代表馬になった馬には必ず注がれるその期待。

しかし、ジャパンカップを見てわかるように日本の馬場は高速化により、欧州から来た外国馬が全く通用しないのは周知の事実。
アーモンドアイには、その逆をやれと言っているわけですから、凱旋門賞制覇は本当に難易度の高い事です。


一方で香港の馬場と馬をみると分かるように高速化された日本でも適応する馬は定期的に現れますし、
日本‐香港‐ドバイ
この3つは割と互換性があるように思えます。

つまりヨーロッパの深い芝がネックなわけです。


それを無視して「金より夢だろう」だとか、「ドバイなんて価値ない。ヨーロッパを転戦するべき。」、「凱旋門を獲るならエルコンドルパサーのように春から長期遠征するべき」・・・など、好き放題言われています。

”金より夢”ならその長期遠征で掛かる費用、まずアナタの方で負担してもらえませんかね。金より夢なら出せるでしょ・・・?と言いたいですし、ドバイに価値が無いって・・・そもそも、価値って誰の何の価値なんだよとw





以前から述べているように日本の牝馬があえて凱旋門賞へ挑む理由はありません。
牡馬ならば種牡馬価値の上昇など、賞金だけで測れない要素もありますが、いくら1着が3億円とはいえ、日本で稼ぐことと比べれば、その難易度と賞金のバランスは悪いです。

簡単に言いたい放題言えるのは本当に楽だなと思うわけです。



ただ、もちろんこのファン心理はよくわかるのです。

かつてキタサンブラックが凱旋門賞へ向かわず国内に籠り続けた際は、
「なんだよ、サブちゃん。凱旋門賞行ってよ~!」
と不満と残念な気持ちになりました。

今は馬主ではありませんが、アーモンドアイの出資者になり馬主側の立場や、こうやって好き放題言われてどういう気持ちなのか
よく分かりました。


結局、普通の馬ならば出資者が内輪で色々と話す程度なのでしょうが、このクラスの馬になってしまうと「競馬ファン皆のもの」という風潮になり、圧倒的多数のそれらと立場が全く違う出資者で話が噛み合うわけがありません。






さて、気を取り直して、来年アーモンドアイがどういうローテーションを歩むのかを考えてみたいと思います。
今年使ったレースは5戦。
来年は海外遠征ということで、4戦が限界ではと踏んでいます。
体質が強くなることを願っていましたが、レース後に熱中症に掛かるのはオークスも秋華賞でもありましたし、秋華賞やジャパンカップ直後はふらつくなど、明らかにオーバードライブ状態。

こうした虚弱体質が来年ガラリと変わることは望めませんし、その前提のローテになるでしょう。





まず初戦は前哨戦を挟まず直接ドバイ遠征。(3月下旬)
適性上、ドバイターフへ向かって欲しいですが、どうなりますか。

この後、香港のクイーンエリザベス2世カップ(芝2000m 1着2億円)か、宝塚記念(芝2200m 1着1.5億円)のどちらかに向かうと思われます。
ドバイ→香港はかつてヴィクトワールピサが予定していたローテ。


香港なら4月下旬なので、ドバイで仕上げた後、キープ出来れば調整はし易いかも知れません。
宝塚記念が6月末なので、もう一度仕上げ直す為、秋に凱旋門賞を目指すならその後の調整が少し急になります。

凱旋門の前哨戦としてヴェルメイユ賞で試走させるなら、香港の方が良いし、ぶっつけ本番なら香港だと間が空き過ぎる気もします。

凱旋門賞後はジャパンカップ連覇を目指し、4戦消化でまた来年・・・という感じではないでしょうか。


春の2戦どちらでも負ければ、秋の凱旋門賞挑戦は白紙になると思います。
逆に凱旋門賞も万が一でも勝ってしまった場合、牡馬なら種牡馬価値を考慮して引退でしょうが、牝馬のアーモンドアイなら、翌年も現役を続けると思われます。


凱旋門賞に関しては私はあくまでも適性に合っていないと思っており、全てのレースで完勝した場合しか挑戦に賛成出来ませんが、日本馬として初のリアルダビスタのクリアの瞬間が自分の愛馬で達成できるかも知れないと思うとワクワク感は隠し切れませんし、そんな風になれば良いとは思っています。



09:58:20
アーモンドアイがジャパンカップを2.20.6の脅威のレコードで勝利。
競馬はタイムを競うわけではないが、とはいえやはり時計を出したレースは名勝負が多いことも事実。
これまでのレコードはイギリスのアルカセットの2.22.1でしたが、それを大きく上回ったことになります。
そして、その前のレコードホルダーがニュージーランドのホーリックスの2.22.2。
このレースも従来のレコードを2秒以上縮める脅威のレコードでした。


1989.11.26 良 15頭 ホーリックス 2.22.2
2005.11.27 良 18頭 アルカセット 2.22.1
2018.11.25 良 14頭 アーモンドアイ 2.20.6


ジャパンカップという世界の強豪が参戦していた(過去形)舞台の名に恥じない名勝負も多く、これまで外国馬が保有していたレースレコードを日本馬のアーモンドアイが更新したのは、時代の流れというべきなのか、高速ガラパゴス化した日本の馬場と、日本馬の実力が世界水準である両方が要因でしょう。



ホーリックスのレコードが記録されたレースで2着に敗れたのがオグリキャップ。
この時クビ差負けたオグリキャップもレコードは更新しています
それだけの大激戦だったわけで、この年のメンバーは本当に豪華絢爛でした。

アメリカの世界レコードホルダーホークスター、その年の凱旋門賞馬キャロルハウス。
昨年の覇者アメリカのペイザバトラー、アサティス。
そしてニュージーランドの名牝ホーリックス。

日本馬はマイルチャンピオンシップから連闘で挑んだオグリキャップ、バンブーメモリー。
武豊のスーパークリーク、その年の春天、宝塚勝ち馬のイナリワン、地方の名牝ロジータなど、正にドリームレース。

当時の馬場の様子は分かりませんが、このメンバーが速いペースとレコードタイムを作り上げたのは間違いないでしょう。
破格のタイムは当時の世界レコードで、この時も「当分破られることはないだろう。」と言われていました。




それから10年以上の月日が流れ、2005年のアルカセットが記録を更新します。
アルカセットには当時世界一のジョッキー、デットーリが騎乗。
吉田照哉氏いわく「彼が乗れば5馬身は違う」と言わしめたその技術は、実際に日本でも足りない馬をG1勝利に導くなど、決して過剰な表現でも無かったように思います。

そしてこのレース。ハナ差2着だったのがハーツクライ。
鞍上はそう、ルメールジョッキーでした。
先に抜け出したアルカセットを馬群を割って猛追するハーツクライ。かなり狭い所を鬼脚で抜いたハーツクライに実況も中々気づきませんでした。

最後の最後ハナ差及ばずの2着。写真判定の末、決した着順とこの僅差にデットーリも
「本当に心臓に悪い。」
と笑い、一方ルメールは当時日本での騎乗機会は増えていたものの、まだJRAのG1未勝利だったため
「また2着か。もうこれは運命かも知れない・・・。」
と相当落ち込んだそうです。
ただ、ハナ差同タイムでアルカセット同様に、ハーツクライもレコードタイムを更新しています
その後のハーツクライの活躍はご存じの通り、ディープインパクトを倒し、ドバイシーマを楽勝。キングジョージで死闘を演じました。





そして今年のアーモンドアイに騎乗していたのは、もちろんルメール騎手。
ハーツクライで負けたその時の雪辱なったか、自らの手でレコード更新を成し遂げました。

ルメール自身のジャパンカップ制覇はウオッカに続き2回目。
実はこの時のタイムが2.22.4と、惜しくもレコードには至りませんでしたが、ジャパンカップ史上最も上記2つのレコードに迫ったレースでもありました。





こう見ると、主要競馬場の主要距離でのレコードホルダーはやはり歴史的名馬が多いように感じますし、アーモンドアイにも同じような期待が掛かります。

そしてまだ3歳。
血統的には両親共に晩成ですし、早枯れということはないでしょうから、来年さらなる飛躍があるとすれば、一体どこまで強くなれるのか。

虚弱な体質で、あのスピードを出す為、常に故障のリスクが付きまといますが、どうか無事に現役生活を続けて欲しいところです。


【一口近況】
アーモンドアイが三冠を達成しました。まだまだ夢は続く模様ですが、一向に新規出資が叶わず持ち馬減少の危機。 労力に見合わないガッカリ感に再び冷めた気持ちがあります。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:7億2022万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………