FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/09«│ 2018/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/11
18:24:45
JRA宮崎育成牧場がアメリカで行った調査で、放牧時間と馬たちの運動量をGPSを元に測定したところ、半日(13時間)放牧した馬と、24時間放牧(集牧があるため厳密には22時間)した馬に移動距離の差はありませんでした。

これはつまり、自主的に馬に任せた場合、半日である程度の満足感と疲労を覚える運動量が得られ、それ以上はあまり動かないというわけです。


では、半日以上の放牧は無駄なのかといえば、そうではありません。
以前から繰り返し当ブログで述べているように、馬の胃潰瘍の原因はストレスだけではなく、一日二、三回の給餌。

元来の一日中少量ずつ食べ続ける生態を無視して、一度に多く餌を与えることによる消化不良が、内臓を痛め、成長を阻害します。

24時間放牧ではこのリスクを減らし、成長を促すことも出来ます。

また、休業日や悪天候などで一日馬房に閉じ込めてから、翌日外へ出すと、かなり興奮するのはサラに限らず乗馬でも同じです。

閉鎖空間のストレスと、運動できないストレスは馬のために良いはずはありませんから、放牧が長くて悪いことはありません。


ただし、その馬が太っているなら放牧は半日で足りるということ。
それ以上出しておいても草を食べ続けさらに太ります。
草が無いところへ出せば良いですが、そこまで様々なスペースを確保できないのが、現実。


結局、これらは人件費や敷地面積、管理できる広さなどがかかわってくるので、理想と現実でどこまでやれるかの話になります。

ちなみに当然ですが、放牧地は広いほど馬の運動量は比例して増えていく傾向にあり、出来る限り広いスペースを与えた方が効果は高いようです。可能ならそうすべきはホースマンは分かっているでしょう。



ただ、そもそもの話として、馬の個体差により放牧ではあまり運したがらない個体もいるでしょうから、理想としては引き運動、ウォーキングマシンで運動させて、残りを広い場所で放牧させることです。

これも人手が無いと叶わないし、詰めたり伸ばしたりの基本的な事を教えるのも機械化は不可能ですから、やっぱり大資本には勝てないよなぁという結論。
スポンサーサイト

23:43:55
競馬の世界には『夏馬』と呼ばれる、暑い季節に力を発揮する馬がいます。
私の愛馬ストロングタイタンが正にそれで、調教の出来栄えが冬と比較してまるで違います。

一般にサラブレッドは寒さに強く、暑さに弱い生き物です。
生み出す熱に対して、放熱する機能が弱いのがその理由なのですが、そもそも基本的にすべての生物は熱には弱いのです。
オーバーヒートで体温が上昇してしまうと、筋肉や内臓の機能が低下します。
いわゆる人間の夏バテ、馬でいう夏負けというのも同じ理屈。

夏馬で一番分かり易いのが牝馬。
「夏は牝馬を買え」という馬券の格言がありますが、牝馬の方が牡馬と比べて体調を崩す馬が少ないのです。

データをとっても牝馬の成績が夏場に上昇することは証明されており、確かに牝馬は暑さに強いのです。

この科学的理由は明らかになっていませんが、筋肉量や体脂肪率、ホルモンバランスの性差と思われます。




結局、なぜ夏馬は夏に強いのか?
の理由ははっきりしないところがあります。


ちょっと話を戻してストロングタイタンの個別のケースを見てみましょう。


この馬の場合、冬は代謝が著しく落ちて、全く絞れ無くなります。
そして蹄が弱く毎年、裂蹄を起こし休養。

それが夏になると逆転するわけです。
代謝が上がり、内臓は活発化。食べても食べてもあっさり二、三週間で40キロを落としてきます。
筋肉も張りが出て、脂肪は削ぎおち、蹄も夏は代謝が上がることで伸びるスピードが数割早くなりますから、生えかわりにより、裂蹄の心配が減ります。

蹄についてはもちろん、冬は乾燥することで裂蹄を誘発する側面もありますが、いずれにせよ早く生えかわる夏は心配が少ないのです。




その他、一般的な話として夏に強い、弱いに関して、汗腺の数の差が挙げられます。

人間でも北方に住んでいる人は寒さに耐える為、汗腺は少なく、南方の人はより汗の蒸発で気化熱を得る為、汗腺は多いのです。(フィリピンで熱中症で搬送される現地人は少ないでしょう。)


また『ベルクマンの法則』の通り、例えば熊の生態を見ても、北方のホッキョクグマは大きく、南方のマレーグマは小さく、そしてその間に位置する日本でも北海道のヒグマは大きく、本州のツキノワグマは小さいです。



これは寒い程、身体が大きい。暑いほど、身体が小さいというわけで、理由としては暑い地方では放熱する表面積を稼ぐために、細身で身体が薄くなる必要があったのです。ラジエーターを思い浮かべると分かりやすいでしょうか。


逆に寒い地方では放熱を防いで熱を蓄えようとするため、からだの芯を包むような丸く太く大きい体型へと進化していきました。


この理屈で言えば、牝馬は牡馬より小さくて細いですから、合っているように思います。
しかしストロングタイタンの場合、普段は560キロを超す大型馬で、上記と矛盾してしまいます。


ということで、やはり夏に強い理由というのは、ハッキリとした回答は分からないわけです。
ただ、上記の通り、地域で遺伝的に汗腺の数が違うなどの差は立証されているわけですし、血統によって「~系は夏に強い」といった傾向はあるかもしれません。



あのハーツクライも真冬の寒い時期で体調は優れなかったが、ドバイに連れて行ったら現地の温暖な気候であっという間に仕上がってしまった・・・なんて話もあるくらいで、冒頭の「馬は寒さに強い」を否定することになりますが、ストロングタイタンといい、馬によって様々なのでしょう。
スーパーカー並のエンジンを積んだサラブレッドには一般の馬の生態を当てはめてももはや適当ではないのかも知れませんね。


22:46:22
最近ノルマンディー会員が頭を抱えているのが2歳馬の不振。
これはノルマンディー(岡田スタッド)が昼夜放牧を数か月延長させるという策を施した結果であり、現時点では2歳戦はボロボロで着外の連続と、完全に失敗の模様。
頭数が増えている中で、この状況は非常にまずいです。



放牧を延長させるということは、それだけ馴致、乗り出しが遅れ、競走馬としてレースに出られる状況にまで持って行く時間は当然余計に掛かります。

ライトコントロールなどで出産を促し、なるべく早く生まれ、早く馴致し、早くレースに勝つ。
それが日本競馬を牛耳る社台が現在行っている馬の育成であり、ノルマンディー(岡田スタッド)のやり方は時代と逆行するように感じます。






では、そもそも昼夜放牧にはどのような効果があるのでしょうか。

JRA総研のデータによれば放牧時間を延長するほどに「骨」、「屈腱繊維」の増強が証明されています
運動の時間が増えることで、移動距離は馴致よりも長くなり、繰り返しのそれは上記を強くしていきます。




また人間によって定時に一日数回の給餌だけで食事を摂るのが一般的なのに対し、放牧中は自由に青草を摂取することが出来ます。

馬は人間のような食事スタイルではありません。
こまめに少量を取り続けるのが本来の姿であり、人間のように定時の給餌は胃腸に負担を与え、胃潰瘍など内臓へダメ―ジを蓄積させてしまいます。

これについては以前に書いた記事

馬のほとんどが胃潰瘍、競馬は虐待なのか?

上記リンクを参照下さい。


放牧により、食べたいだけ摂取出来るようになれば、当然1日で食べる合計量は多くなります
これがより強い骨や体を形成し、また胃腸の異常が出なければ、さらに食欲が増し、内臓も育てられます。


このように競走馬の基本ともいえる『体づくり』に、昼夜放牧の延長は大変有意義なのです。




しかし、もちろんデメリットがあります。
冒頭で「社台の育成と逆」と指摘しましたが、要はそういうことなのです。

馴致、育成が遅れるということは、それだけ競走馬として完成するまで遅れをとることになります。

馬術的、科学的に有効なトレーニングを繰り返すことで、より速く、操縦性やメンタル面でも優秀な馬を作ることが出来ます。
そういう最適化された育成を洗練し続けることが、社台がトップで居続ける企業努力であり、それに対してデビューすべき時までの限られた期間を「放置」ともいえる放牧延長が、競走馬をつくる上で最良の手段とは正直言えないと思います。




しかし、これは真っ向勝負での話。

ノルマンディーのコンセプトはご存じの通り
「年10走を目指し、クラシックにこだわらず、丈夫で長く走らせ、着実に賞金を稼いでプラスにしていく。」
です。

出走手当のような細かい収入にも言及されており、要するに社台と真っ向勝負するのではなく、
住み分けをして「共存」していくスタイルなのです。(私はそう解釈しています。)

広義のテクニック、心肺能力よりも、丈夫さに重きを置いたわけです。


例えば、以前にも例として挙げましたが、マイネルのラフィアンも以前は社台よりも早期にデビューさせて手薄な2歳戦線で稼いでいくスタイルを確立していました。

社台に対抗するのではなく、違う『狩り場』で稼ぐ方が、遥かに簡単に利益を上げることが出来たわけです。
その為に、真偽は不明ですが、あまり体を大きくすると完成までに時間が掛かるので、エサの量をあえてセーブさせて、スリムで仕上がり易い馬体に育てて、早くデビューさせる・・・そんな育成をしているとも聞きました。


これが競走馬として理想的な育成とは私は思いませんし、恐らく育てる側もそう思っているでしょう。
しかし、そういう確かな目的があってやっているわけですから、これも正しい手段なのです。
(最近の不調は度重なる、種馬導入の失敗と、社台の有力馬のデビューがラフィアン並に早まったことかも知れません。)



ノルマンディーについても同じです。
ノルマンディーのコンセプトに沿った育成方針だったわけで、それが極端に行きすぎてバランスを損なってしまった感は否めませんが、失望するような失策ではないと思います。

懇親会で岡田牧雄氏が乗り役不足含めて失敗であることを認めて、修正していることを明言されているようですし、また思惑通り、体そのものは丈夫に育ったと一定の効果もあったとしていますし、だとすれば盛り返すのはこれからです。




結果でしか判断出来ない層は「成績が悪い、社台と違う。」と怒り心頭のようですが、私に言わせれば

「では、全体の回収率は社台に劣っていない(一口データベースを参照)理由はどうして?」

と問いたいですし、社台と違うのは、(社台から真似る事が出来るものは吸収すべきという大前提のもと。)
『あえて違う』
という側面がある事を理解すべきなのです。


要は上記の「回収率は社台に負けていない」理由は「社台と違うやり方で、パイの奪い合いをなるべく避けているから。」というわけです。
もちろん、ピラミッドの頂点に行くにつれて社台と同じ土俵となってしまうわけですが、大抵の馬は下級条件で構成されているわけであり、住み分けがされているのです。




そもそもこれまでも優秀なオープン馬をノルマンディーは何頭も輩出していますし、怒りの元凶である
「結果が出ていない」
というのは、実はノルマンディー馬ではなくて、選んでいる方自身なのでは?と思っています。

単年度でノルマンディーを許さないのは自由だし、社台を基準に考えるなら社台で出資すれば良いです。
正直、ノルマンディーも会員数は飽和に近づいており、辞めてもらうひとが増えるのは歓迎ですから。


ただ、ポリシーを持って辞めるひとが果たしてどれだけいるのか疑問で、辞めるのは結局は飽きたか、成績が振るわないかのどちらかでしょう。

オープン馬を引きながらノルマンディーを許さないと言うのなら、それは立派だなと思います。


21:19:46
レース中に蹄鉄が脱落することを落鉄と呼びます。
「人間でいえば靴が脱げたようなもの」
競馬初心者に、こんな説明をしたことがある方もいるでしょう。

確かに四本脚とはいえ、1つだけ蹄鉄が無ければ、体のバランスを損なう気がしますし、地面との感触の差など、違和感でいつもと同じようには走れないでしょう。


ですから、調教師や騎手がレースに負けた敗因として落鉄を挙げることは多いです。
「レース中に落鉄していたようです。」

するとファンは「なら仕方ないか…」と納得し、「落鉄しても3着に粘ったのは偉い!」そう捉えます。


桜花賞の晴れ舞台でレース直前に落鉄し、興奮して打ち直しが出来ず、そのまま素足で走り勝つことが出来なかった1番人気イソノルーブルが、その悲劇から「裸足のシンデレラ」と呼ばれたことからも、落鉄の影響は大きいように感じます。




しかし、JRA競走馬総合研究所が、落鉄のあったレースとその該当馬の人気と着順の変化を調べたところ、落鉄によって着順を下げたというデータにはならなかったようです。

つまり、落鉄の影響が科学的に無いとは言いきれないものの、着順に影響を与える程の不利にはならない…というのが、JRA総研の結論です。


これにより、イソノルーブルの件も落鉄によるスピード低下などではなく、長時間による蹄鉄打ち直しの強要と、それを拒否して暴れた体力、精神の消耗が要因だと予測出来ます。



ただ、着順に影響がないからと言って、蹄鉄の角度が僅かに狂っただけで怪我をすることもあるわけで、そうした足元へのダメージなど、他の悪影響も考えうるため、落鉄してもいいというわけではありません。


しかしこれで判明したのは、落鉄を恐れてエクイロックスを敬遠する必要は無いし、大事な大一番で蹄鉄打ち直しを馬が渋ったら、無理せずそのまま出走させた方が得策である事など、様々です。


もし競馬新聞で「前走の敗因は落鉄の影響。今回こそは。」というコメントを見つけても、それは全くあてにならないので、覚えておいて損はないかも知れません。

10:34:27
チューリップ賞で予想外の馬体重減となったレッドアヴァンセ。
レース後、中度の胃潰瘍を患っていることが発表されました。


程度は様々ですが、馬が胃潰瘍にかかっている割合は非常に高く、少なくとも半数以上、調査によっては9割にまで上るそうです。
つまり、ほとんどの競走馬が胃潰瘍であるということです。





このことは競馬に反対する動物愛護団体などが得意気に

「胃に穴があくほどのストレスを受けている」
 ↓
「競馬は動物虐待」

という論法で、いつも利用しています。




が、残念ながら競走馬に限らず、乗馬含む家畜化された馬の多くはサラブレッドと変わらない割合で胃潰瘍にかかっているそうです。

つまり、競走馬が特別過剰なストレスを受けているわけでは無いということです。
まあ、こう言えば決まって「馬を家畜として扱うことが馬にとってストレス!」などと言うのでしょうが・・・。




馬の生態を調べていると、時折そういう主張をするサイトに迷い込んでしまうのですが、先日見たのは
「最も有名なレースであるダービーは人間換算で12歳の子供の馬達にムチを打ちまくる残虐行為」
というもの。

この方も例によって上記の「競走馬は皆、胃潰瘍。」の件も述べていました。動物愛護ホイホイ・・・



ため息が出ますね。
いや、もちろん競馬は家畜の屠殺の一種であり、広義の動物虐待ですよ。
食肉以外でも品種改良をして遺伝病を持ち続ける種に高い評価をして、尻尾まで切り落とす愛玩犬の世界も広義の虐待ですし、キリの無い話です。



しかし、指摘すべきはそこでは無いだろうと・・・。
(そもそも大人の馬なら良いのかという話でも無いですが。)


多分、どこかで「馬の年齢は×4にすると、人間と同じ程度になる。」というのを耳にしたのでしょう。

実に無知な事。
これは馬に限らず、ペットとして最も一般的な犬などにも共通して言えることなのですが、人間に換算した年齢はグラフにすると直線を描きません。



初めは急速に上昇し徐々に緩やかになる・・・のが正解で、犬が成犬になるのは生後1年半くらいというのは大昔から飼育本にそう書いてあります。

1.5年で成犬(20歳)としたら、そのまま計算すると6年で死んでしまいますよ(笑)





まともな活動をされている動物愛護団体には一定の敬意を持っていますが、こういう無知で動物の基本的なことすら知らずに、的外れな主張をするのは逆効果です。
わざとミスリードしようとしているなら、尚更汚いですしね。


日本が捕鯨に関して生態系を壊さない客観的データを示しても、牛や豚を屠殺するのと何が違うのか問いかけても、一向に白人達が納得しないのは「生態系なんて知らない!とにかく可哀想!カワイイから!」という感情任せに自分が正しいと盲信しているからです。
それと似ています。




キリスト教の『自然界は人間が掌握する物。全ては神からの贈り物。生かすも駆逐するも白人がそう思ったらそれがジャスティス!』という精神もこれを助長させています。

日本人が古より地震、津波、氾濫、台風、土砂崩れ、噴火・・・自然災害に晒され、東日本大震災の時にも一切パニックにならない様子を見たフランス人曰く「日本人は悲観的では無い運命論者」、つまり自然と共存し、その中で生かされているという意識が日本人にはあるのだそうです。


だからこそ、捕鯨の件でも日本は”生態系を崩さないこと”に重きを置いて世界へアピールしているわけですが、上記の通り、白人の考えとは太平洋よりも大きな隔たりがあり、感情が何よりも優先される彼らが納得することは無いのです。






さて話を戻して、胃潰瘍になった競走馬は当然ですが、レースで力を発揮することは出来ません。


胃が痛いのでカイ食いが悪くなり痩せる。
胃が正常に機能しておらず、栄養を吸収出来ないので毛ヅヤが悪くなる。
走ると胃が揺さぶられ、痛みで走る気を失くす。


胃潰瘍になると程度により様々でしょうが、このような症状が出ます。


上で「競走馬だけが特別なストレスを受けているわけでは無い。」と述べましたが、だとすれば乗用馬達も等しく胃潰瘍にかかる原因はどこにあるのでしょうか?


それは至って単純なことなのですが、

『人間によって決まった時間に給餌されているから』

なのです。



朝、昼、夕と一日3回の食事が一般的な馬の生活だと思います。
が、自然界の馬達はどうでしょう。

一日中、草を探して頬張っています。
空腹を感じることなく、こまめに食べているわけです。


逆に人間に給餌されている馬達は空腹と一度に大量の食事を摂ることを繰り返しています。
これが胃に負担を与え、胃潰瘍を招いている
のです。


ですから、改善方法としては一時間に一回、少量の給餌をすることで改善出来ます。
人間の手では難しいでしょうが、馬房に自動販売機のような補充型で内部が小割された機械を導入し、タイマーで決まった時間に与える・・・というシステムを導入すれば良いのです。(費用が数百万円で済むのかさえ不明ですが・・・白目)






現在は製薬会社が良い胃腸薬を開発しているそうですが、一番は原因を除去することですから、近い将来そういう機械化が実現すると良いですね。



また、サラブレッドなど走る為の馬達は、心臓や肺が大きく、腸のスペースを減らしている特徴があり、牛や豚と比べても明らかに腸が短い身体をしています。

胃が弱り、腸も短いとなれば消化不良を招き、疝痛や腸ねん転を発症する可能性が上がります。
これらは周知のように最悪の場合、死亡に至る病です。

腸が短いことは、もはやどうしようも無いですから、せめて胃だけは健康に保ってあげるのがホースマンの責務と言えるでしょう。



【一口近況】
アーモンドアイが三冠に挑みます。私の人生で恐らく最初で最後の大一番ですが、不思議と何も感じません。 もう私は充分満足したので、綺麗事ではなく、ただただ無事で走ってくれればそれで良いのです。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………