FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:20:39
2020年4月12日

日曜・福島7R 1勝クラス(ダート1800m)

リーピングリーズン

3番人気 / 1着



キタ――(゚∀゚)――!!
いやはや、恥ずかしながら私の一口、今年30戦してこれが初勝利です。
長い長いトンネルで、いまだにアーモンドアイのドバイ中止がショックで一口熱はダダ下がり中。

そんな中でも久々にうれしいです。
リーピングリーズンは3歳未勝利で地方放出から出戻りした馬。
今年はすでに5戦消化。
うち3回が馬券圏内と、地味に頑張り続けていただけにこの勝利は待ちわびたものとなりました。
今年すでに6戦というハードなスケジュールをこなしたタフネス振りには頭が下がります。


どうも歩様が固く、これはもう改善する気がしません。
また馬格はあるものの今一つ体の締まりがなく、メリハリに欠けた馬体という点もマイナス要素。

そんな今一つパッとしない中でも2着に入っていただけに、弱点が克服されれば・・・という思いはありました。
ネットケイバには書き込みましたが、今日は良い感じに絞れたのが見て取れたので、一変はなくともわずかに上積みを感じる出来。


レースは今日も中盤で外から煽ってきた馬につられて、多少興奮するも最低限のロスに抑えました。
いつものレースではこのロスが最後の脚に影響を与えていましたが、今日は文句無し。
最後は後に詰められるも、上記のように貯金がなんとか持った為、垂れることなく完走。


中央初勝利まで長かったですが、これで募集額100%回収を達成。
今後は東京マイル、そして芝のレースも使ってほしいです。
この馬はダート専用とはまだ言い難く、未知の要素はあります。


地方から出戻り、山内厩舎で鍛えなおしたことでここまでの飛躍を見せました。
鍛えつつ、弱メンのレースを選び、稼いでいく・・・というノルマン魂の権化のような良い先生でした。
そして、引き継いだ吉岡先生もこれから更にこの馬を活躍させていって欲しいと思います。


スポンサーサイト




09:16:18
今週出走したセカンドエフォートとリーピングリーズンはともに2着となりました。
実は私、今年0勝(笑)

中々ひどい有様で、愛馬は全然勝たないとやっぱりつまらないわけですが、まあアーモンドアイ様がなんとかしてくれるでしょう。
ですから、このままドバイは無事開催されてくれないと困ります。


とはいえ、今回2着になった二頭はよく頑張ってくれています。

セカンドエフォートは2歳時に勝ち上がり、現在7歳ですが、2勝目が遠く数年単位の足踏み。
4~5歳は不振が続き「引っ張りだ。引退させろ。」とまで言う出資者もいましたが、6~8着あたりを繰り返していたので、個人的には中庸でした。
「勝てても1000万下でウロウロ出来れば御の字だろうか。」
こんな認識で、実際6歳になって好転した後も、実力はしっかりレースで出しているように見える為、大物感はもはやなく、コツコツ稼いでくれればそれで良い・・・とベテランを温かく見守るモードへ。



テスタマッタの弟で4000万円の募集ですから、それに見合った活躍をしているとは言い難いのですが、なんやかんやで2着5~6回繰り返し、そろそろ獲得賞金4000万円にちかづいてきました。
不振の時期からこの馬の目標は『募集額100%回収』を掲げていたので、その目標を今年達成出来そう。

大きなけがなく、地道に走ることも素晴らしいなと。





リーピングリーズンは山内先生の引退で心配したましたが、山内イズム全開の『牝馬限定5頭立て』というボーナスレースに参加。
終始掛かり気味で、フォームは悪い中で最後まで粘りこみ2着は立派。

未勝利から地方出戻りで1勝クラスで2着が3回かな?
正直弱い相手を選んで出走して落穂拾いをしている感が否めないのですが、この馬については徐々に成長が見受けられ、気性や走行フォームなどが改善すると、一つ上のクラスでもやれそうです。

しかしながら、2勝クラスになると途端にダート牝馬限定戦は減るので、上記の改善が無い中で勝ってしまうとその後は苦しそう。
要はこの馬もじっくりやってくれればそれで良い・・・。


そんな、まったり二頭ですが共に募集額回収100%のめどが立ち、ほっとしています。

18:09:24
12月11日 船橋4R

船橋競馬プレゼントキャンペーン賞2歳三四(ダート1500m)

モンストルオーソ


1番人気 / 1着






ストライクショーーーット!!!!( ゚Д゚)
(※スマホゲーのモンストより)


やりました!モンストルオーソが初勝利です。
6月生まれであり、入厩時も幼い馬体でこれはまだまだ時間が掛かるなぁと思ったのが3か月前ほど。
レースをこなす中でもやはり馬体は未熟で、まだまだ本格化は先であることは間違いないと思っていましたが、それでもデビューから2戦連続で2着。


地方競馬のシステムを全く知らないので、体験をもって勉強中なのですが、中央と違いクラス分けは勝ち星ではなく、獲得賞金ベースなので、本日のレースの相手達も、同じような戦績、賞金の馬が多数いたことから、前評判はよく分かりませんでした。
何せ、出走馬9頭中7頭が前走2着。無理ゲー!



また登録頭数が19頭と多く、果たして出走が叶うのかこの辺りもよく分かりませんでっした。
しかし、妙に自信があったので、同じモンストルオーソ出資者の AMANISTAさん に、「有給取って口取り行くかも!」とやりとりをしていました。
結局、上記の事や仕事的に今日は休みづらかった事などから、無理はせず(?)口取りの申し込みはせず。



・・・で、勝利。

くそぅ、悔しい~。
10連続口取り失敗中なので、そろそろ成就させたい。

ちなみに掲示板の話では、口取りは3人だったとのことです。
いけたやん・・・!



また、嘘ではなくて私が有給を取ってまで口取りに行こうとした時の勝率は3戦3勝の100%。
1回目は口取りが実現したウォリアーズソウル。(1番人気)
2回目は有給が間に合わず会社をサボる覚悟をしつつ、社畜精神と葛藤の末、ちゃんと会社に行ったディスティンダリア(ルメール騎手・2番人気)。
3回目は今日のモンストルオーソ。(1番人気)


いずれもそれなりの自信がある時なので、単なる偶然なんでしょうが「順番が来たかも!」と感じる時はそれなりの結果というわけです。


まあ、このパターンで次、無理矢理有給を取ったり、サボったりすると負けるのがコズンクオリティなんですけどね。





まあまあ、それはともかく、この初勝利はうれしかったですね。

まず今年の2歳出資馬の初勝利。もう今年はダメだと思っていましたが、最後にやってくれました。
そして、モンストルオーソが私の命名馬であること。命名馬が1勝も出来ないのはさみしいですし、情けなくなりますから。
また、ここに来て、アーモンドアイしか勝っていなかった不調から脱却し、ストロングタイタン、モンストルオーソと勝利が続いていることもうれしいです。

最後は先述の通り、この馬は6月の遅生まれでまだまだ幼い馬体であり、その状態でこれだけやれれば、来年以降の活躍を期待せずにはいられません。
伸びしろが無い訳はないので、恐らく今後も1戦ごとに強くなっていくはず。



毎回、末脚は鋭いものがあるので、船橋よりも直線の長い大井の大舞台で見たいです。
そんな夢を見てしまう勝利でした。

16:39:24
土曜・阪神11R

リゲルS(リステッド) 芝1600m

ストロングタイタン


10番人気 / 1着


7日、阪神競馬場で行われたリゲルS(3歳上・リステッド・芝1600m)は、後方でレースを進めた幸英明騎手騎乗の10番人気ストロングタイタン(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、さらに道中最後方から追い上げてきた12番人気キョウヘイ(牡5、栗東・宮本博厩舎)をハナ差退け優勝した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気サウンドキアラ(牝4、栗東・安達昭夫厩舎)が入った。なお、2番人気カリビアンゴールド(牝5、栗東・鮫島一歩厩舎)は5着、3番人気ランスオブプラーナ(牡3、栗東・本田優厩舎)は15着に終わった。

 勝ったストロングタイタンは、父Regal Ransom、母Titan Queen、その父Tiznowという血統。2018年6月の鳴尾記念以来の勝利を飾った。(netkeiba.comより)



タイタン久々キタ――(゚∀゚)――!!

l5778.jpg


今日はめでたい!

お赤飯炊いたん!!!!



滅茶苦茶うれしいです。
アーモンドアイでも自宅で叫んだことはありませんでしたが、今日の直線は
「がんばれ!!」
と3回位、声を挙げました。


何がうれしいって、ポテンシャルは高い馬なのに、今一つ結果に結びつかなかったこれまでの経緯です。
マイルへの距離短縮は2年位前から提唱していた私としては、それが間違っていなかったと証明出来てうれしいです。
そして、今日はメンバーも重賞より大分落ちましたし、2000mでレコードを持っている阪神コース。
パドックも前走同様に素晴らしく、58キロでもこのメンバーに入れば当然の上位。

レース前にnetkeibaにも書き込みましたが
「なぜこの馬体で、こんなに負け続けてしまっているのか分からない。」
と嘆いているところでした。


一方で、4戦連続二桁着順はデータとしては終わりの証でもあり、負け続けている現状ではさすがに強気になれず、これまでずっと買い続けていた単勝は買わず、複勝に(笑)
それでも複勝7倍は美味かったです。




今日はスタート後、ムキになって前に行くことも無く、後でしっかり折り合いました。
以前はテンが良かったことから後から行くことは反対でしたが、今日はぬるっと出た感じですし、ロスはゼロで馬が終始リラックス。

幸騎手がスムーズに乗ってくれたことで、この馬が嫌がる後からのプレッシャーもなく、直線は弾けました。
切れる脚ではないので、無条件に同じことを繰り返しても結果に結びつくか微妙ですが、ハマればやはり力があることは示してくれました。



今後はどういう路線に行くのか不明ですが、やはり前々から感じているように、
「高速馬場でゴチャつかないレース」
という点に尽きるのでは。

それを再現するには少頭数が理想なのですが、まあ現実的には難しいので、結局馬の嫌気がささないようなレースを騎手がエスコート出来るかどうかですかね。



ストロングタイタン、復活おめでとう!
分かり切った悪手を平気で選んで同じ轍を踏んできた池江厩舎には呆れ果てていましたが、路線変更を決意し、ここまで盛り返したことに感謝です。




私の一口馬主においてもリステッド競走初勝利。
ストロングタイタンは7勝目。獲得賞金が約1億7200万円。
まずは2億円を目指して欲しいです。
今日も惨敗だと5戦連続二桁で、引退させられるのではと恐怖がありましたが、これでそれも全て消し去ったことでしょう。
来年も元気に走り続けて欲しいです!



21:14:39
さて、アーモンドアイ優勝の余韻で流してしまいましたが、船橋でデビューしたモンストルオーソは月曜日に2戦目。
ここでも2着。1.4倍のドイテーがどいてくれることはなく圧勝でしたが、モンストルオーソも末脚を伸ばし3着以下には大きな着差をつけました。


これでデビューから2戦連続の2着。
南関は地方では最高レベルとはいえ、本来ならば大してうれしくない所なのですが、この馬は別。

というのも6月生まれで距離も1800m~が適性と思われる中で、この時期にデビュー以来連続2着は立派。


実際、馬体を見る限りは随分と幼く、筋肉もゆるゆるでどうみても未熟。
その状態で距離も適性よりも短い所を使っていますから、正直通用するのはもっと先だろうと読んでいました。


それだけに、うれしい誤算です。
この調子だと故障さえしなければ、馬代金の100%以上の回収は間違いない器でしょうし、重賞クラスとはさすがに言いませんが、南関でそれなりのクラスでの活躍は見込めるでしょう。


これで年内に1勝目を挙げれば、来年が楽しみになってきます。

【一口近況】
アーモンドアイがついに歴代最多タイのG1を7勝。しかし壁は厚く達成できるかは神のみぞ知る・・・ ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主8年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬
★くらむの一口馬主日記!





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ・天皇賞秋・ヴィクトリアM(G1)優勝
  アーモンドアイ


鳴尾記念(G3)優勝
  ストロングタイタン

………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
8歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7994万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
6歳・2勝クラス
募集金額:2560万円
獲得賞金:4885万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
6歳・1勝クラス
募集金額:1040万円
獲得賞金:1751万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
4歳・2勝クラス
募集金額:1600万円
獲得賞金:2533万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
4歳・1勝クラス
募集金額:1000万円
獲得賞金:650万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
4歳・1勝クラス
募集金額:2200万円
獲得賞金:1475万円

………………………………………
モンストルオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳(地方・船橋)
募集金額:880万円
獲得賞金:305万円

………………………………………
ヴィクトリオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳・未勝利
募集金額:1120万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
サンメディル 牡
父:Lemon drop kid
3歳・未勝利
募集金額:2640万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
5歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:14億662万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
7歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億7327万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
7歳・1勝クラス
募集金額:4000万円
獲得賞金:3728万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
6歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:2772万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
4歳・1勝クラス
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
4歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ハーモニクス
父:キンシャサノキセキ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………