FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
07:48:28
中日新聞杯に挑んだストロングタイタン改め、ストロングデブタンは馬体重+36キロの552キロで出走。

直前の記事で心配したことが現実になりました。
ストロングタイタンのベスト体重は520キロ台。
冬場であることを考慮しても530キロ台で出てきて欲しかったですが、大幅なオーバーウエイトで太目残り。


馬体重発表前は単勝10倍だったのが、最終的に16倍。
私もこれは無理だろうと単勝馬券の予定をやめ、ケンに。

レースはマイスタイルが引張り、ハイペースに。
しかしストロングタイタンは終始かかり気味で、ギリギリ脚を溜められるような状況がつづきました。

展開も向いたため、直線では先行したまま粘り込みましたが3着まで。

良く頑張ったと言いたいところですが、調整不足が露呈した感は否めず残念。
というのも、厳冬期は苦手でここがメイチの勝負と期待していただけに期待を裏切られる形となりました。


ただデータは収集出来ました。
やはり左回りは合うということ。
それからマイル戦も一度は試すべきこと。
勝負根性は優れており併せ馬で競馬すべきことなど。

特に左回りについては再三述べていますが、使い分けなのかイマイチ実現しません。
来年こそサウスポーでやってもらえませんかね…
スポンサーサイト

07:32:03
日曜東京の7レースに出走したグラドゥアーレは鼻毛差ともいえる同着に近い2着でした。

ほんと崩れない馬主孝行馬です。
戦績は

2.5.2.5.2.6.1.4.4.2.3.2着

と12戦して2着5回。
掲示板外は1度きり。
奨励金無しはゼロ。
と堅実な戦績。

レースではスタートが改善し前々で競馬を出来るようになりましたし、体型もよりスプリントよりになってきたことから、ダートも一度みたいところ。

500万下をウロウロですから大物になるとは今更言えませんが、上でもやれるはずですからチャンスがあれば…。

14:43:48
日曜 小倉5R 新馬(芝1800m)

ヴィクトリアピース

アブドゥラ騎手


1番人気  1着


(゚∀゚ 三 ゚∀゚)
ブッチャーキタ━(゚∀゚)━!

ヴィクトリアピースが勝ちました!
パドックでは筋肉量が抜きに出ており、歩様も周回を重ねるにつれて徐々にほぐれていました。

対してライバルと見ていたミッキースピリットは入れ込みからか発汗が目立ち減点。


この時点でこの馬がダート馬でなければいけるだろうと確信。

レースは心配していた通りゲートで出遅れ。
扉が開くと、ビクッと頭をあげていました。
ワンテンポ遅れたことで後方からレースをすすめ、3コーナーから仕掛けるとややズブい所も見せ、ムチがはやくも打たれます。

4角は大きく膨らんでしまい外へ逃避しようとしますが、アブドゥラ騎手が立て直すと、直線は真っ直ぐに伸びました。

切れ味はあまりありませんが、持続的に伸び、最後は1馬身差でゴール。

時計はいまひとつで、レース内容もあまり褒められたものではありませんでしたが、まずは新馬勝ち。

今後はマイル路線が続きますので、ゲートは早急に矯正が必要です。
東京のようなゆったりコースの方がパフォーマンスは良さそうですから、アルテミスステータスを目指して欲しいですが、今の力からすると500万下を挟んでジュベナイルを目指す方が現実的ですかね。


兄のブラストワンピースは体質が弱かったので、この馬も慎重に使って欲しいですが、今のところ1歳から頓挫なくすこぶる順調ですし、まずは2歳戦を楽しませて欲しいです。

21:36:50
ストロングタイタンが小倉記念で最下位になりました。

パドックは腹が巻き上がり、夏馬であることを踏まえれば究極に絞り切ったように見えました。
返し馬はもう完璧。
アブドゥラ騎手の実力は未知数でしたが、昨日のレースを見る限り、ムーアやスミヨンのような扶助を強くするタイプではなく、武騎手やモレイラ騎手のような「あまり追ってないのに伸びる」タイプで、馬の邪魔をしない乗り方ですね。


これは相当期待が持てるぞと自信満々でしたが、レースでは3角からずるずる後退。
明らかに何かアクシデントがあっての事とすぐわかったので、「あー・・・・・。」と絶句。

ただ、アブドゥラ騎手は止める気配はないので、軽度の骨折か、心房細動ではないかとnetkeibaに書き込んで、他の方の情報を待ちました。


結局、シルクから「心房細動によるもの。足元に問題無し。」とのコメントが発表されました。
骨折でないのならひとまず安心。

もちろん、心房細動も運が悪いとその場で死亡しますから、本当に無事でよかったです。



こういう場合、次はどうなるのか不明。
休んで精密検査を受けるべきなのか。それとも原因も治療も無い心房細動なので、様子だけ見てまた調教を再開していいものか。

動向を見守りたいと思います。


ちなみにネット上で、騎手や陣営を責めるコメントがちらほらありますが、心房細動は疲れや騎手の負荷で発症するものではありません。
巨大な心臓をフルスロットルで動かす為に起きるアクシデントで、単純に運です。
ローテがきついだの騎乗が悪いだのというのは、全く持って的外れ。


ストロングタイタンにとって今回はかなりの勝負レースとみていただけに残念でしたが、無事が一番。
また仕切り直して、早くターフに帰ってきてください。





また、忘れていたのですが、その後の新潟12Rにグラドゥアーレが出走していました。
ルメール騎手で3着。
テンもそこそこ、終いそこそこなので、今日のような中団が一番でしょうかね。

着実に賞金を持ってくるのでこれからも継続的に走ってくれれば良いのですが。








21:58:16
うーん、残念!
馬場は稍重から回復せず、この時点で勝ちはないなと諦めました。

またパドックではさすがにこの舞台ではタイタンよりも他によく見せる馬がおり、サトノ2頭やヴィブロスなどには見劣りするものの、前走並の出来にはあり、調子は良さそうでした。


30℃近い気温で汗もよくかいており、他馬がバテるなら馬券圏内も…と密かに期待していましたが、返し馬では興奮気味にフォーミングを大量にかいており、これはどうだろうかと不安に。


レースはスタートを決めたストロングタイタンが序盤で掛かってしまい川田騎手が外目を取っていましたが、内に入れてなだめることに。  

その後もフワフワとギリギリの状態で先行し、脚は溜まらず直線へ。
もうこの時点で余力は残っておらず、直線半ばまで粘るも最後はズルズル後退し11着。


敗因は緩めの馬場と、掛かったことですね。馬群は苦手とはいえ、川田騎手には手におえない馬でしょう。

チークピーシズ云々はレース前述べたように、前回が初ではないし、このような展開は想定内ですが、何も良いところが見せられなかったのは残念。



また距離に関しても川田騎手がレース後に「少し長かった。」と述べていますが、再三このブログで書いてきたように2200mが長いことは分かり切っていました。


池江先生は「マイルは短いから1800~2000mを使って来た。」と以前に述べていましたが、こうなるとマイルの方が良いという可能性もあるのでは。
毎度、絶好のスタートを切ってくれるのに、それを活かせず、掛かって興奮して脚が溜まらないなら、そういう選択肢も試すべきでしょう。


ただ、その気は無いようで、今後は小倉記念を目指すとの事。
だとするとローテは8月小倉記念、9月新潟記念のサマー2000参戦でしょうか。



宝塚記念のレース振りからすると、掛かって行かなければあと1秒近くは短縮できたはずですし、そう考えると適切な番組と馬場でやれれば、地力は一線級だと思っています。


夏のさらなる飛躍と、秋は天皇賞を目指して頑張って欲しいです。

【一口近況】
アーモンドアイが三冠を達成しました。まだまだ夢は続く模様ですが、一向に新規出資が叶わず持ち馬減少の危機。 労力に見合わないガッカリ感に再び冷めた気持ちがあります。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:7億2022万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………