競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:58:16
うーん、残念!
馬場は稍重から回復せず、この時点で勝ちはないなと諦めました。

またパドックではさすがにこの舞台ではタイタンよりも他によく見せる馬がおり、サトノ2頭やヴィブロスなどには見劣りするものの、前走並の出来にはあり、調子は良さそうでした。


30℃近い気温で汗もよくかいており、他馬がバテるなら馬券圏内も…と密かに期待していましたが、返し馬では興奮気味にフォーミングを大量にかいており、これはどうだろうかと不安に。


レースはスタートを決めたストロングタイタンが序盤で掛かってしまい川田騎手が外目を取っていましたが、内に入れてなだめることに。  

その後もフワフワとギリギリの状態で先行し、脚は溜まらず直線へ。
もうこの時点で余力は残っておらず、直線半ばまで粘るも最後はズルズル後退し11着。


敗因は緩めの馬場と、掛かったことですね。馬群は苦手とはいえ、川田騎手には手におえない馬でしょう。

チークピーシズ云々はレース前述べたように、前回が初ではないし、このような展開は想定内ですが、何も良いところが見せられなかったのは残念。



また距離に関しても川田騎手がレース後に「少し長かった。」と述べていますが、再三このブログで書いてきたように2200mが長いことは分かり切っていました。


池江先生は「マイルは短いから1800~2000mを使って来た。」と以前に述べていましたが、こうなるとマイルの方が良いという可能性もあるのでは。
毎度、絶好のスタートを切ってくれるのに、それを活かせず、掛かって興奮して脚が溜まらないなら、そういう選択肢も試すべきでしょう。


ただ、その気は無いようで、今後は小倉記念を目指すとの事。
だとするとローテは8月小倉記念、9月新潟記念のサマー2000参戦でしょうか。



宝塚記念のレース振りからすると、掛かって行かなければあと1秒近くは短縮できたはずですし、そう考えると適切な番組と馬場でやれれば、地力は一線級だと思っています。


夏のさらなる飛躍と、秋は天皇賞を目指して頑張って欲しいです。
スポンサーサイト

10:36:49
2018年6月2日(土)
阪神11レース 
鳴尾記念(G3) 芝2000m

ストロングタイタン

4番人気 / 1着



6月2日の阪神11Rで行われた第71回鳴尾記念(3歳以上オープン、GIII、芝・内2000メートル、別定、11頭立て、1着賞金=4100万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の4番人気ストロングタイタン(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が好位追走から直線でインを強襲、速いペースで逃げたマルターズアポジーの内から力強く抜け出して重賞初制覇。タイムの1分57秒2(良)はコースレコード。
 鳴尾記念を勝ったストロングタイタンは、父リーガルランサム、母タイタンクイーン、母の父ティズナウという血統。アメリカ・ノーザンレーシングの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は16戦6勝。重賞初制覇。鳴尾記念は池江泰寿調教師は2012年トゥザグローリー、2015年ラブリーデイ、2016年サトノノブレス、2017年ステイインシアトルに次いで5勝。

ope18060215430008-p1.jpg


◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 ストロングタイタン)「最後は気持ちよかったですね。直線に向いてスペースないなと思っていたら、ユタカさんの馬(マルターズアポジー)が左にモタれたのでスペースができました。内をつくしかないですね。ほかはスペースがなかったから。去年乗った2回は緩い馬場であまりよくなかったけど、今日はいい馬場でいい走りをしてくれました。いいメンバーで勝てたのでこの先も楽しみです。
(文、写真サンスポより)



3ede2da2.jpg


USA_AA-thumbnail2.jpg

f48fe0b7c341f6ae374c0459b2cc8374_400.jpg


豪の巨人、重賞制覇キタ━(゚∀゚)━!

ついにストロングタイタンが、重賞制覇となりました!

さあさあ、乾杯です。
ストロングタイタンの勝利を祝って、貧者の銘酒ストロングゼロたくさん飲んじゃうぞ~。

IMG_20180602_163715_resized_20180602_043804904.jpg


ちなみにアーモンドアイの賞金で先週グアムに行って参りました。自分へのご褒美
☆(ゝω・)vキャピ
お土産のおつまみ、マウナロア·マカダミアナッツのガーリック、ハニーローストがバカウマで、食べ過ぎてニキビ出来てます。皆さんも機会があればどうぞ。輸入食品店でも買えます。


この馬は毎回調教も抜群で、馬体はピカピカの筋骨隆々ですが、どうもコースが合わない、悪天候、馬が集中しないなど、もやもやするレースが続きました。

こんな所で燻っている馬ではない…と毎回言ってるうちに、いつのまにか5歳夏。
血統的にはそろそろ下降線に入る時期だと思われ今年がラストチャンスではと思っていた矢先の重賞勝利でした。


当ブログでも何度も「重賞を勝てる器」と述べてきましたが、オープンでも勝ちきれずもはや負け惜しみと思われた方もいたと思いますが、ついに実を結びました。


パドックでの私の短評は
「歩様は柔らかいし小汗をかいて毛ツヤも良く、筋肉量も文句なし。これでダメなら条件を変えた方が良いです。」(netkeiba書き込みより)
と完璧な状態。


レースはデムーロ騎手が終始インベタ。
5番手あたりで脚を溜めます。
4角入口では前の馬達の手応えが悪く、ここで外へ出すことは出来ませんでした。

直線も最内を通りピュッと抜ければ、馬群を割れそうでしたが先に他の馬が内に来てしまい、またしても内に閉じ込められそうでした。
しかし、逃げた武豊騎手が最内を開けてくれた?のか、そこを突いて抜け出すとそのまま先頭でゴール。




結果論でいえばデムーロ騎手の好騎乗でしたが、レコードタイムが出る高速馬場も味方しました。

あの騎乗がなければ、事前の私の予想通り、2着3着の惜敗だったことでしょう。


このパフォーマンス以上の内容は早々望めないと思うので次走が難しいですが、サプライズの宝塚記念もあるのでしょうか。

サトイモ、ヴィブロス位しか今のところ大物はいません。



そして、ここからは懺悔タイム。
まず、池江先生はなんと鳴尾記念4連覇達成。おめでとうございます。

3ede2da1.jpg


また、ストロングタイタンをエプソムカップでなくて、鳴尾記念に出すなんておかしい!などと生意気を言い申し訳ありません。ごめんなさい、ごめんなさい。
重賞制覇、本当にありがとうございました。




今日の勝利で二つのレコードホルダーになりましたし、やはり跳びの大きいストロングタイタンは高速馬場向き。
タイムが出やすい開催とコースで選んでも良いのかも知れませんが、重馬場でやれた東京は良馬場で是非みたいですし、秋天を目標に、夏は中京記念、新潟記念など左回りに期待です。



最後は馬券の話。
直前の記事では「勝機あるも取りこぼす」と複勝推奨。
デムーロ騎手の好騎乗でなければ、その通りになったことでしょう。

ストロングタイタンのパドックの出来が良く、逆にトリコロールブルー、タツゴウゲキ、サトノノブレスなど切れる馬も多かった為、馬連も買いましたが頭からは一切買わず、あまり利益になりませんでした。(2着が1番人気でしたし。)
毎回頭で買っていただけに、信じる気持ちが足りないですね(笑)



重賞になるといつも人気するストロングタイタンは毎回
「過剰人気」、「重賞で足りないのは証明済み」
の批判を受けます。

だからこそ今回の勝利は

Mesiuma.jpg

これはライトなファンほど戦績のみをベースに分析する為、ストロングタイタンのストロングポイントが理解出来ないのです。
そういうファンにとっては「なぜ、こんなに人気なのだ?」としか思えないのでしょうが、今回は実績も落ち込んでいた為、最も人気も落ちると踏んでいましたが、記者が有能だったのか4番人気は意外でした。



今回の勝利もそうしたファンには
「OPで負け続けている馬なのに、なんでこのメンバーの重賞を勝ったのか分からない。」
が、感想の全てでしょう。


とはいえ、

・栗東坂路調教一番時計
・デムーロ騎手3度目騎乗
・冬場長期休み叩き二戦目
・中京2000レコードホルダー
・跳び大きく高速馬場歓迎
・毎年証明済みの夏馬
・パドック完璧

などなど挙げればキリがない位、買い要素はありました。
多くのファンには過剰人気だったことでしょうが、私にとっては4番人気は適正オッズであり「過小評価」を狙って馬券を買う私には妙味がなくなってしまいました。


「重賞を勝てる器」という見解も単なる出資者贔屓ではなく、色々と根拠はあってのものです。

夏場の代謝の良さは特筆もので、2週間で40キロを増減させるスーパーカーエンジンを搭載し、肉団子のような身体からは想像出来ないストライドの伸びなど、とにかく夏場の馬体は常に完璧。(逆に冬場は拍子抜けする出来落ち。)
しかし、レースでは今一つ噛み合わず、真価を中々発揮できない…。

そういう一口馬主か記者位しか分からない要素が強みなので、一般のファンが見抜けないのは当然の馬かも知れません。


その意味でも、ずっとファンに見くびられ続けて来た馬が、ようやく結果を出して認められた瞬間でしたし、出資者として大変うれしいです。
(↑じゃ、頭から馬券買えよ!というツッコミは無しだぜ。)


マル外が好物で、リスクを取って選んだ甲斐がありました。
父リーガルランサムの産駒は日本にはこの馬だけでしょうし、マイナーアメリカ血統のこの馬の血統が広く認知され、いつか種牡馬入り出来るような結果を残すことが新たな夢になりました。
これからも無事に頑張って欲しいです。


17:04:19
3/25 日曜 中京10R 熊野特別(1000万下) 芝2200m

ブラックジェイド

1番人気 / 1着


burakumano.jpg

ジェイド連勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

またまた勝ちました!!

前走の8馬身差に続き、今回も4馬身差の楽勝。
前回もごめんしましたが、やっぱり芝専用馬だったのですね。
なめてましたサーセン。
前走の再現がしやすい条件が揃ったという見解は前回の記事でのべたとおりなので、馬券はきちんと取りました。



私、これで今年はやくも5勝!
(アーモンドアイ、ホウロクダマ、ヴィグラスファイア、ブラックジェイド×2)
現役馬10頭でこれは絶好調といって良いでしょう。

来月はアーモンドアイの桜花賞、5月はストロングタイタンの新潟記念、そしてソーディヴァインの復活と、稼ぎ頭達が揃って復帰予定。その間に、このように下のクラスの馬達が続々と勝利し、我が一口経済を支えてくれているのは心強いです。




ではブラックジェイドの勝利を振り返ります。
レースはスタートでやや出負け気味も、他に逃げる馬もなく、楽なペースで先頭を取ります。
前半は脚を使うことなくマイペース。

おいおい、こんなに楽でいいの?という感じでしたが、その後も絡まれる様子はなし。
今日は距離延長もあってか早めに後を引き付けます。
直線に向けてゆっくりと加速し、直線は内ラチの悪い所を避けて独走。

後から人気を分け合ったレッドイグニスが来るも、セーフティリード。
ラスト30m位は流し、危なげなく勝利。

同コースでレッドイグニスの持ち時計は今日を遥かに上回る2:12.3ですが、正直ガレ気味に加えてパドックはうるさく消すほどの印象だったので参考外。
パンパンの良馬場で次に馬体を戻して来たらこの馬のすぐ勝利するでしょう。

今日の良とはいえ渋った馬場だとなんとも中途半端で、レッドイグニスとの着差がブラックジェイドとの力の差とも思えず、比較対象にしづらいです。

高松宮記念に出走した香港馬ブリザード陣営が
「馬場が深くて参った。もっと固い馬場だったら更にやれただろう。」
という旨のコメントを出していますし、タイム以上に強い競馬であっただろうと思うと同時に、渋った馬場が向いたのであれば、パンパンの良だとどうなるのか不明です。


ブラックジェイドには三連勝を達成して欲しい半面、次はどうかなという所。
中京も開催が終わり、得意の左回りであれば東京を目指すことになりますが、高速馬場でかつ逃げ馬には厳しいコース。

このまま休養して降級・・・はもったいないと私は考えていますし、1回は使うのでは。



ここまで今年は出来過ぎのブラックジェイドですが、桜花賞のアーモンドアイに良いバトンタッチとなったのではないでしょうか。




16:38:45
日曜中京の最終、豊橋特別に出走したグラドゥアーレは2着。
まあ大体予想通りの結果だったのですが、頑張りました。
しかしなんというか、頑張ったという思いよりも一歩足りないと思う感覚はなんだろうか。距離を短縮した方が良いのかダート向きなのか、能力なのか。まだ分かりませんが、潜在能力を出し切ってない気がしてなりません。
特別戦2着は立派ですが、それでも違う条件のレースを使って欲しいです。


レースはスタートを決めて先行出来たことが大きいです。
これが出来ればマイル戦に用はなし。
デビュー時から再三述べていますが、スタートの問題がこの馬の弱点。
スプリンターと私は思っていますし、番組的に4月の中山は適鞍が皆無で、福島の芝1200が良いのでは。


今日の2着で約450万円プラスし、募集金額100%を無事回収。
先の記事で述べた通り、この世代は4頭出資し3頭勝ち上がり、今日で3頭が募集金額100%を回収済。うち2頭は1000万下に上がりましたし、降級権利獲得。

残るはグラドゥアーレが勝てば文句なしです。
一般の競馬ファンには降級は不要な存在なのでしょうが、馬主、一口馬主にとっては短期的目標になるエキサイト出来る大事な区切り。

無くなってしまうのは仕方ないですが、利用できるものはしたいですし、残り期間2ヶ月であと1勝をなんとか達成して欲しいです。



23:43:21
3/10 土曜 中京7レース 500万下(芝2000m)

ブラックジェイド


2番人気 /   1着


芝圧勝キター(゚∀゚ 三 ゚∀゚)

芝がわりも期待値は変わらない キリッ!
…と述べた私、赤っ恥の8馬身差をつけての大勝利。

パドックはよく映りましたが、他にも本命、中穴と良く見せる馬が多くおり私の中では三番手評価。
馬場が渋っていたため、この点をプラス評価し馬券は馬連にしました。

レースは五分のスタートから先手を主張。
促すとグングンスピードを上げたので、他馬はあっさり引き下がります。

単騎逃げが叶ったことでダートのように絡まれる事もなく、あとはスムーズに道中進め、最終コーナーでは後ろを引き付けてから残り400で再加速。
後ろからの追走はなく直線半ばでセーフティリードもムチは止まらず最後は8馬身差の圧勝。


タイムも稍重を考慮すれば上々。
上のクラスでもやれるでしょう。
降級の権利も得て、募集額回収率も100%達成。
ひと安心です。

適性は結局、芝ダ兼用の私の見解が誤りで、芝馬ということのようです。
馬券も単勝うまうまな中、私は馬連でトリガミ(1、2番人気決着)で完全になめてました。サーセン。


現状は逃げてなんぼなので、逃げ馬同士でやりあったり、逃げ馬絶対潰すマン(2頭出しの鉄砲玉など)がいると厳しいですが、気性も落ち着いてきたし番手もそのうち覚えてくれるでしょう。

少しラチに頼るようなところも感じますが、サウスポーの逃げ馬として開催の多い中京と新潟内回りだけでも年間ローテは実は組めますし(上級クラスは東京を入れないと無理ですが。)、今後も今日の再現を狙うレースぶりを期待です!

【一口近況】
アーモンドアイが二冠馬に!さらにストロングタイタンも重賞ウィナーに。乗るしかないこのビッグウェーブに。 夢を見させてくれる愛馬たちに感謝です。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・準オープン
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
3歳・未勝利
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フォーミーの16 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
MissLunaの16 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5435万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1447万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1970万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
ユキチャンの16  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ツルマルワンピースの16
父:ヴィクトワールピサ
2歳・未出走
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………