競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:39:36
日曜東京メインのオクトーバーS(オープン)に出走のストロングタイタンは、ハナ差2着に敗れました。



レースはロケットスタートを決めると少し抑えて3番手追走。
直線では馬場の良い外へと出して先頭へと立ちますが、最後の最後一番人気のマウントロブソンに差され2着。

私、久々の口取り挑戦
、そして約二年ぶりの達成を懸けた一戦でしたので、この結果にはガックリ…!

最後ターフビジョンで見た際には僅かに残したように見えたので、取り敢えず口取り集合場所へ。

「ストロングタイタンですか?」と会員の皆さんに声を掛けて確認するも、「かなり微妙です。」とのこと。

集まった会員とシルクの社員の方とで、ソワソワ…。
JRA職員も分からないとのこと。

「取り敢えず、ネックストラップをお配りしますので、口取りへ向かいましょう。」となり、各自配られます。

そして、そろそろ私の番かな〜と会員証を取り出したその時、どこからともなく悲しい宣告。

「2着」


…。

うあぁぁぁ!!!
▂▅▇█▓▒ (’ω’) ▒▓█▇▅▂
うわぁぁぁ!!!
(サラウンド)



惜しくも2着とのこと。
その差はわずか2〜3cm。

あぁ〜と落胆の声が漏れる会員たち。
昨日のソーディヴァインの憤怒を消す勝利とはなりませんでした…。


ネットケイバには書いたのですが、ストロングタイタンと同一1位で良く見えたスズカデヴィアスが3着。



おのれロブソン…。
勝利も馬券(馬連1点買い)も持っていきおった…。

雨にも負けずよくやったと思いますが、雨さえなければ突き抜けていたと思われます。
運がなかったとしか言いようがないですが、戸崎騎手は大変良くやってくれました。

リーディングでありながらGⅠに乗りに行かず、裏開催に来たことを非難する声が最近強くなっていますが、決して単なる空き巣狙いではなく、リーディング相応の腕のある騎手であることには違いません。



東京コースが合っていたことも証明されました。
今日現地で分かりましたが、パドックでも明らかに左の方が柔らかい歩様をしており、だから絶対左回りが向いていると断言も出来ないものの、そちら側に負荷が掛かる時に効率的走りが出来るという理屈は通りますし、ここは泣きの1回、もう1度東京開催で使ってもらえると良いのですが。

…が11月最後のキャピタルS(op 芝1600m)位しかないですね。
これだと恐らく陣営は京都のアンドロメダS(op 芝2000m)に向かうでしょう。
アンドロメダから中日新聞杯(中京2000)が理想ですね。
寒い季節が苦手な馬ですから、この時期が勝負!


お疲れ様でしたタイタン。
次も頑張れ!
そしてまたしばらく私には巡って来ないでしょうが、いつか口取りたいですね。


(追記 帰宅後、VTRを見ましたが、もう少し馬場の良い所を通れば勝てたレースでしたね。戸崎騎手を褒めましたが、そこは減点です。)
スポンサーサイト

Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
12:40:35
10/8(日) 東京2R 未勝利(牝1600m)

アーモンドアイ

1番人気(1.2倍)/1着


20171008_111716.jpg

アーモンドアイ、強すぎ、可愛いすぎ(*´Д`)ハアハア



楽勝でした。さすがにここでは「モノが違う」という実況の通り、やや出負けから中団待機で、外を回ってリスク回避しつつ直線を迎えると、馬なりで先頭に。
軽く促すとさらに加速し、3馬身半差の楽勝。
ラスト3Fは33.5。

球節を痛めての復帰戦だけに、ノーダメージに等しいレース振りは年末の阪神JFまでに1戦、2戦が必要になるため、単なる未勝利脱出以上に価値のある勝利でしょう。


レース直後、グリーンチャンネルにスーパースローが映し出されましたが、アーモンドアイ(かわいい目の意味)の名前の通り、可愛らしい目をしています。
そういう顔なだけでしょうが、涼しい顔が楽勝だったことをよく表しているようにも見えます。


美浦所属のロックディスタウンは阪神JF直行が明言されており、10月末の東京・アルテミスS(G3)に向かうのか、それとも手堅く500万下の牝馬限定戦でいくのか次走が楽しみです。



16:43:46
ルメール騎手騎乗のソーディヴァインは3着でした。
レイデオロでスカッと勝利した後の最終レースでしたが、完璧に乗ってくれたと思います。

スタートでやや後手を踏むも、二の足は速いしルメール騎手はバランスを崩すことなくスッとポジションあげて2番手から抜け出し。
netkeibaに書いたのですが、事前の記事で触れていたファッショニスタと一騎打ちの予想通り、2頭のたたき合いに。

これは馬連ゲット!・・・と思ったのですが、最後に後ろから来た馬に交わされて3着。
4着とも差が無いし、う~ん。ここで負けてしまうかという印象。




元々今回は単なる休養明けでは無く、球節を痛めての休み明けですから、100%の仕上がりではないのは承知でした。
が、1000万下にいる馬ではないと思っていただけに残念。

ルメール騎手に期待した新味はありませんでしたが、逆に言えば、どう乗ってもこういう馬なのでしょう。
だとすれば、変えるべきはレース条件。

デビューから13戦してすべて1400m(うちフィリーズレビューのみ芝でソルヴェイグの0.4秒差)。
いい加減、芝の1200、1400、ダート1200、1600など、少し変化をつけて欲しいものです。

陣営が常日頃から適性を正確に把握しているなら文句は無いのですが、どの一流の調教師を見ても、それは皆無。
結局はやってみないと分からないことが多いだけに、頑なに1400mにこだわる意味が分かりません。
下手に大崩れが少ないのが、別条件を使いづらくしている気もします。



と言ってみたところで、どうせ次走も1400なのでしょうから、番組を調べてみると、
10月8日京都 ダート1400m(牝馬限定)があり、疲労を抑えてここを勝って、再度準オープンへと上がって欲しいです。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
10:13:26
土曜 新潟11R 長岡ステークス(1600万下) 芝1600m

ルグランパントル

8番人気 /  4着



頑張りました。予想通り今回も人気以上の激走。
本当になぜ、いつもいつもこんなに人気しないのかが分かりません。

今回はロケットスタートからアッサリ控える形で先行策。
もう少し前で引っ張っても良かったのでは・・・。

善臣騎手が乗ってくれるおかげで折り合いも抜群に良くなったのですが、絶対冒険しないですよね。
だからこそ、公務員騎乗とも称されるわけですが、今回もそういうレース振りだったなと。

私は以前から一貫して言ってますが、この馬は先行した方がいいんですよ。
折り合い重視の流れから控えて差す競馬を善臣騎手が教えてくれて、その恩恵は確かにあるのですが、結果、スタートから押しても先行しない(馬が反応しない)という弊害が。


差す競馬を覚えすぎてしまったという感じですかね。
もちろん差しても馬券圏内はあるでしょうが、一発あるのは先行策でしょう。
自在性があるのは良い事なのですが、ヨシトミ騎手に自在性がないので・・・。
賞金だけを考えるならこのクラスでウロウロが良いので、まあ良いんですけどね・・・。



ただ、東京、新潟などの参戦でハッキリしたのは、やはり左回りは得意だなという所。
以前より中京での実績はありましたが、左回りは着は悪くとも内容は安定して良いので、昨年の秋冬は中山連戦でしたが、今年は東京、中京あたりで勝負しても面白いと思います。


さて、獲得賞金も7000万円を突破。
1400万円募集ですから、これで回収率500%達成です。

ケガもしないし、タフで本当に馬主孝行な馬です。
ありがてえ、ありがてえ・・・。

13:58:16
8/20 日曜 小倉4R 3歳未勝利(ダート1000m)

ホウロクダマ

8番人気/1着



1cdc8809.jpg


男はダマってホウロクダマ キター( ゚Д゚)ーーー!!!




使ってもらえず放浪ダマとか、全然期待外れにモウロクダマとか言ってごめん。

8番人気でしたが、単勝は15倍とかなり混戦模様でした。
今日の勝因はもちろん森騎手の好騎乗。

外枠からスタートダッシュを決め、4頭で先頭争いになりますが、1歩引いて内目の番手に控えます。
最後の直線まで風よけに使い、最内を狙うも逃げ馬が内に来たため、一旦切り返して追い詰めます。
最後は外へとよれていき2着かというところ、ラフプレー覚悟でそのまま立て直さずに追い続け、クビ差、差し切り勝利。



スタートをバッチリ決めて、ガンガン行きたいところですが、4頭でしかも外目の争いは分が悪いと思ったのか、冷静に引いたのが吉と出ました。
最後のクビ差という着差からも、ヨレた時に切り返すか否か迷ったはずですが、審議覚悟のそのまま追ったのは若手騎手の崖っぷち事情と3歳未勝利馬という両方の立場が合致した瞬間だったと思います。

ここで引いたら、私が馬主か調教師だったら今後、彼を乗せないでしょうし、リスクを負ってよくやってくれました。

森騎手は昨日、ホウロクダマの半兄のタイマツリを同じ小倉で穴馬ながら2着に好走させており、小倉コースが得意なのかもしれません。


パドックでは未だ緩いものの、トモはがっしりして来ましたし、腹のブヨブヨ感も解消。
劇的な改善には見えませんでしたが、ゆっくりと良化しているのはわかりました。





さて、ここからは文句。
中竹調教師は当初1600以上のほうが良いというコメントをしており、小倉については「小回りは合わない。」と避けていました。
しかし、私は胴詰まりで緩めの馬体と、ダッシュ力から1000m戦は合うと言い続けてきました。

netkeibaにおいても私は

2017/3/11 11:44
私も先行力や体型的な事も踏まえると1000m戦は合うと思うのですが、中竹師が小倉は合わないと言及していますし、使うことはなさそうですね。

2017/5/20 13:42
ダッシュは良いですし、夏場のダート1000mを狙って欲しいです。

2017/7/23 9:42
私も1000mのほうが押し切れるのではと期待していました。それだけに今更の翻しで、もっと早く使って欲しかったな~と思ってしまいます。



と、約半年前から再三ダート1000mを渇望していました。
結果、今日の勝利。

喉鳴りを出さない為にも、より短い距離で終わるレースを選んだのが功を奏した可能性もありますが、少なくとも当初の中距離適性のコメントは誤りです。
そして小倉適性が無いと語ったのも誤り。

このギリギリで今更ながらも1000mを使ったのは評価出来ますが、どうも先生のコメントからするに、積極的な理由で小倉を選んだようには思えず、結果オーライな感じが今後を不安にさせます。



またファンの中でも、プラス体重を心配する方もいましたが、パドックを見る限り、従来と比べて緩いようには見えませんでしたし、1400m適性を信じて1000mに反対の方も多く、私には正直どちらも理解不能だっただけに、モヤモヤがすべて消え去ったレースとなりました。






喉鳴り持ちというのが本当に残念で、最後の降級を獲得するため、できることなら1000万下に上がってから喉の手術をして欲しいところですが、このあたりはやはり使いながらの見極めでしょうか。
中1週で小倉のダート1000mが組まれているので、もう一回使うのかどうかにも注目です。


これで2014年産の出資馬4頭のうち3頭が勝ち上がり(ブラックジェイド、グラドゥアーレ、ホウロクダマ)、非常に満足です。

今日の勝利は、ストロングタイタンの再オープン入りよりもうれしかったです。
その位、ギリギリのレベルだと思っているからかもしれませんが、未勝利勝ちでも格別の勝利です。




【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フライオールデイズ 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5050万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・500万下
募集金額:3000万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………