競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
22:07:44
岡田総帥のラフィアンが宮本博厩舎から全馬を転厩させるというニュースがありました。
原因はどうやらラフィアンのヴェッセルという馬が規制薬物によって出走取消になったことの模様。


規制薬物というのは使用が禁止されているわけではないが、レース時には使用出来ないことになっており、今回は事前に発覚した為、JRAから出走取消の措置がなされたようです。

これに岡田総帥が激怒し、転厩となったわけです。


宮本厩舎はウインフルブルーム、キョウヘイ、クリンチャーなどを管理する厩舎で顔ぶれを見れば、中々良い厩舎に見えます。
ウインフルブルームといえば、岡田総帥のご子息が代表のラフィアンと同じビッグレッドグループですが、どうやらウインの馬の転厩は無いようですし、そこから推測するに岡田総帥個人の決断と思われます。



岡田総帥といえば、2011年にキズナやタップダンスシチーを育てた佐々木晶三厩舎とも絶縁しています。



これまでにも数々の厩舎と揉めた経緯を持つマイネル軍団。ここにきてついに、
GI獲りに寄与するなど長年取引のあった厩舎とも決別することとなった。その
相手とは、コスモサンビームで朝日杯FSを勝つなどマイネル馬の躍進に大きく
貢献してきた佐々木晶三厩舎。突然の別れに「まさかあそことダメになるとは
……」と競馬サークルでは驚きの声があがった。だが、事情を知る関西の
トラックマンは「時間の問題やった」と呟いた。

「マイネルさんは今、どの馬にも当たり前のように出走レースや騎手について
指示を出しています。また、馬や厩舎によっては細かい調教内容にまで
口うるさく指図するので、あちこちでトラブルになっているのはご存知の通り。
それに対して晶三さんは、ずいぶん前から『入厩してくる前からどこに
出走させろとか、誰を乗せろといわれても、入厩してみなければわからない
部分があるんやから、とても難しい』とコボしていた。そんなことが続いて、
さすがにキレたんちゃいますか。最近は『もう限界や。今度そういう指示が
出たら、キチッと無理だといってやる』といってたから、もう決別する覚悟が
できてたんだと思いますね」

調教師が幅を利かせていた時代には考えられなかったことあが、ここ10年
ほどで馬主が激減したことにより、その立場は逆転。そんな中、クラブ馬主は
一度関係ができるとコンスタントに馬の供給が受けられるようになるため、
数少ない優良スポンサーとして重用され、そのプライオリティはどんどん
高まった。そして最近では、彼らの意向に全く逆らえなくなってしまった厩舎が
続出しているのだ。中でもマイネル軍団の指示にはこれまで数々の伝説が
あり、厩舎サイドを震え上がらせているという。ある調教師が教えてくれた。
「レース前に突然マイネルの担当者が現れて『騎手に返し馬をしないように
指示してください』という。こちらが反対すると『岡田からの指示なんです。
もしお願いできないようなら、こちらにも考えがある』と、転厩を暗に
チラつかせながら詰め寄られたよ。でも最後は僕の意見など聞かず、
直接その担当者が騎手に指示を出していた。レース後?特に変わり身も
みせずに負けたんだけど、帰厩後は馬がガタガタになってしまってケアが
大変だったよ。調教師にだってプロとしての考えがあるのだから、一方的に
指図するのではなく、話し合う必要があると思う。

実は一度、岡田繁幸さんに直接お話したことがあるんだ。『要望は承るが、
いつもいつも細かい指示まで出すのはやりすぎだ』と。すると『申し訳ない。
注意するから』といわれたけど、その後も全く改善されない。正直、
佐々木先生がキレたのもわかるよ」

別の調教師もこう意見する。「クラシックにも出走した某高額馬の入厩経緯を
見てもよくわかる。あの馬は当初、某トップトレーナーが預かるといっていた
らしいけど、その申し出を断って若手の厩舎に入れた。それはなぜか?
岡田さんは新聞にこうコメントしてたよ。『種牡馬になると思って(1億円以上の
値段で)買った。やっと勝つようじゃ困るし、新馬を勝って喜ぶレベルではない。
コスモバルクと同じように、最初から何でも口を出すつもり。それを受け入れる
調教師に預かってもらった』と。こんな風にいわれたら、調教師の立場は
ないじゃない」(以下略)

雑誌「競馬最強の法則」6月号 『今月の地獄の早耳』より


佐々木晶三厩舎の主なマイネル・コスモ馬
・コスモサンビーム(03年京王杯2歳S、朝日杯FS、05年スワンS)
・マイネルジャパン(00年函館2歳S)
・マイネソーサリス(05年愛知杯)
・マイネルアラバンサ(06年青葉賞2着)




ということで、今回の件とはちょっと事情が違います。
佐々木厩舎との絶縁は「物言う馬主」である岡田総帥に従えない佐々木調教師から拒否されたようなものでした。
こうやって預ける厩舎が次々に減っていき、最後には岡田総帥に従順なイエスマン厩舎しか残らないと思われました。

が、今回は宮本厩舎に非があり、それを許さない岡田総帥から見限ったように見えます。
また一つ預ける厩舎が減ってしまって問題無いのか分かりませんが、ウインは別として運営されているようですし、総帥が良いならこれで良いのでしょう。
ラフィアンとはそういうクラブです。



以前にも記事にしましたが、ラフィアンの岡田総帥は完全なるワンマン経営。
私は決してそのやり方を否定しているわけではありません。
なぜなら、生産者、馬主、厩舎、騎手とそれぞれが別の事業者になると、利益が相反する場合もあり、指揮系統が機能せず競走馬の力を100%出すことが出来ない場合があります。

それに対してラフィアンのようなトップダウンのワンマンは総帥が配合し、総帥が厩舎と騎手に指示を直接だすやり方。
総帥が有能なら繁栄するし、無能なら没落する分かり易い結果が出ることでしょう。

詳しくは以下のリンク参照
ワンマン経営とラフィアン、ウイン岡田総帥



私の愛馬ソーディヴァインも医療ミスで出走取消になり、その時に述べましたが、『競馬界の常識は世間の非常識』。
一般社会なら許されないような甘い管理が未だまかり通る狭い世界で、そのせいで日本の競馬界は洗練されておらず、最適な運営がなされていません。
挙げればキリがないですが、JRAの管理体制や競走馬の誕生日の不正操作(下のリンク参照)などがそれです。


競走馬の誕生日に不思議な傾向~月末月初の謎~

京阪杯でのローブティサージュに対する係員の虐待行為について



今回の事件についても『競馬界の非常識』は岡田総帥のワンマン経営とそのやり方なのですが、果たして一般社会ではそれは常識か非常識か・・・。
皆さんはどう感じるでしょうか。

スポンサーサイト

16:22:42
毎年、徐々に総獲得賞金も増えておりましたが、今年は鳴かず飛ばず。
賞金も勝利数も今一つ伸びず、去年を下回りそうです。

案外だったのは今年が飛躍の年と見込んでいたストロングタイタンが結局、重賞もOPも勝てなかった事。
レースだと他馬に怯むような仕草を見せることなど、思わぬ弱点があり、素質を全て出すことが出来ていないように感じます。

この馬は爪が弱く、2~3歳にかけて10か月ほど休みましたし、今年も裂蹄で半年休みました。



そして想定外ともいえるのが、アーモンドアイ。
出資時に見込んだ通りの素質馬であり、デビュー前から「2歳の重賞、G1出走級」と自信を持って、私自身語ってきました。
が、蓋を開けてみれば、現在1勝。

デビュー戦は単勝1.3倍を裏切り2着。
2戦目は単勝1.2倍で、馬なりで勝利。


このままアルテミスSや阪神ジュベナイルFに向けて進めていくのであろうと思いましたが、体調が整わず年内休養。

まともに出走出来ていれば、上記のレースでも勝負になるであろうと確信していますが、競走馬はいくら素質があろうとも、出走出来なければ全ては妄想です。



極論
「この馬は、今年の年度代表馬と併せ馬で楽に勝ったんだ。今は事故で脚を1本失って、生殖機能も無くなったけどね!でも最強馬だよ!」
と言われても「お、おう・・・。」としか言いようが無いですよね。


力を証明出来なけば、素質馬であろうがなかろうが関係はありません。
実際には、種牡馬としての価値、繁殖牝馬としての価値などが絡んでくるのですが、一口馬主の牝馬に出資している以上、やはり走って結果を求めたい所。



アーモンドアイに関しては私含め、ネットの掲示板でも「出れば確勝。重賞はもちろん、桜花賞も。」と強気な発言が目立ちますが、実は未勝利勝ちから1走もしていないわけです。

それにも拘わらず
「今日の~賞だったら、出ていたら勝てたでしょうね。」
こんな話で盛り上がってしまうことに、虚しさを感じます。



レースに出られることも能力の一つだと言えるのではないでしょうか。
要は頑健さ。

以前に記事にしたように、同じ時間鍛えても、筋肉トレーニングの効果にはその遺伝子の質により、なんと数倍も差があります。


ですから、脚や背腰を痛めてばかりの割に、出走すると確実に結果を残すような馬も特に良血に多くいます。
1歳時の募集時は、あんなに貧弱だったのに・・・と後悔するのは上記のような馬なのかもしれません。

古くはフサイチコンコルドがこのタイプでしょうか。常に微熱が出ていたなんていう体質の弱さもありましたが、僅か3戦でダービーを
制覇する才能の持ち主でした。
最近では、両前脚に同時に骨折したデュラメンテも同様で、類まれなスピードの替わりに足もとはガラスのようでした。




そういう潜在能力が高いことももちろん才能でしょうが、一方で頑丈な身体を活かしてトレーニングを継続して行い、安定してレースを使える・・・jこの頑健さも才能なわけです。
今日、有馬記念でラストランを勝利で締めくくったキタサンブラックはこのタイプですよね。


ちなみに骨折の原因の1位は『一度やってしまった事』であり、つまり脱臼と同じで癖になる怪我です。
また、屈腱炎から復帰後の能力は明らかに落ちることがデータもあります。

頑健さがどれだけ大切なのか分かると思います。

ただ、体質が弱かろうが、強かろうが、どちらにしても、力を証明するにはレースです。


ですから、一口馬主の出資馬選びのポイントで能力だけではなく、怪我をしない馬体なのかどうか・・・そして、体質が強い血統なのかどうかなど、この点についても妥協をしてはいけないと思います。
完璧な馬などいないし、いても出資は取り合いで難しいでしょう。
ですから、短所と長所のバランスを見て、折り合いを付けなければならないのが悩ましいところではありますが。






アーモンドアイが休んでいる間に他の馬達は鍛錬を積んでいるわけで、来年のシンザン記念に出走が決まっていることから、今から期待半分、不安半分なのです・・・。

18:07:34
ノルマンディーOCの2歳が不振の模様。
実はここのところ忙しくて、愛馬以外の情報をほとんど知らないのですが、デビューした馬達が次々に惨敗を繰り返しているようです。


私の愛馬フライオールデイズも移動前の強気コメントはどこへやら、追切り時計は未勝利勝ちの水準を満たしておらず、惨敗も覚悟の出来。
まあ、募集時の短評としても「ゆるゆるで仕上がりは時間が掛かるであろう。」からの小野町への移動に言及したことで、「これで通用するならゆくゆくは・・・。」といううれしい誤算での出資でしたから、元の見立てに戻っただけと、ゆっくり見守りたいと思います。




2歳勢の不調はネット界隈でちらほら見かける情報で知ったのですが、結構皆さん、焦ったり、怒ったり、悲しんだりのようです。

しかし、私にはいまひとつピンと来ません。
全馬に出資するならともかく、実際に出資するのは、自分が走ると思った馬のみなわけで、全体の出来がどうかというのは正直どうでもいい事です。

例えば、ブラゾンドゥリスのような1000万円未満の募集額の1億円獲得ホース、つまり大当たりを出しているのは事実なわけで、その当たりを引く為に努力する他ありません。





ランダムで出資しているようなフワフワした選び方なら、クラブ全体の成績が非常に大切になってきますが、良いと思う馬が多くいればそれらに出資し、当たりが入っていない年だと思えば、1頭も出資しなければいいだけです。
中には当たりくじのない年だって、そりゃあるでしょう。


もちろん、当たりくじが入っていないのが何年も続くならば、それは由々しき問題ですが、単一年度のしかも2歳戦線程度で今更何も思いません。



もちろん私もノルマンディー初年度の2011年産は全体レベルの把握というのはクラブの未来を占う上で重要と考えていました。
それは自分の入会しているクラブはノルマンディーのみで代わりのクラブがなかったのと、私の一口デビュー年だからであり、つまりは自分の選び方に自信がないからです。

今でも自信などありませんが、決まったやり方で選ぶルーティンワーク状態であり、ダメならダメで仕方ないと割り切っています。




どちらかといえばシルクのように「これは走る!」と思った馬に出資出来ない方が問題ではないでしょうか。
実際にその馬が走った時の経済的、精神的損失は計り知れません(笑)

当たりの本数でいえば、そういうクラブの方が多いでしょうが、出資出来ないのでは話になりません。





ただ、ノルマンディーも募集馬の数が増えたことで、いわゆるハズレの数が増える傾向になりつつあるのは事実かも知れません。
しかしながらそれは、増え続ける会員が次々に募集馬を満口にするからノルマンディー側も仕入れるわけであり、もっと言うならば質の悪い馬を買ってしまう会員が悪いのです。


私は10頭募集より30頭募集の方が選べる幅は広がりますし、自分がハズレを引く可能性を考えても募集馬は多い方がいいですね。


30頭いて、それでも「当たりが見当たらないな~。」と思うならば、その年は他のクラブで出資するだけです。





そもそも、ブラゾンドゥリスやビスカリア、ローズジュレップなど1000万円未満の募集馬が走りすぎて、会員の期待が異常に高すぎるように感じます。

本来、その程度の価格帯の馬がそこまで活躍することは非常に稀なことであり、ノルマンディーに多くいるこの価格帯の馬が走らないのは、ある意味で当然なのです。


売れれば価格は上がるし、売れなければ下がる。
そういうサイクルで成り立っており、これはいわば”生かさず殺さず”。

クラブは我々に奉仕してくれる慈善事業ではありません。
それを理解せずにいたずらに出資しては、走らないと嘆くのは単なる『自爆』であり、同情も出来ないですね。


一口馬主はほとんどが損をする世界ですから、この程度でノルマンディーに見切りをつけているようでは、果たしてその人の満足するクラブなどこの世にあるのか疑問です。
結局は良い馬を見抜くしかないのです。


我々は粛々と相馬眼を磨き、淡々と募集馬を捌いていくべきだと思います。


16:55:49
日本ダービーが終わり、1頭振り返っておかねばならない馬がいます。
キャロットクラブが輩出した400口初のダービー馬レイデオロ・・・ではありません。

14年産馬で各媒体のPOG1番人気といえばキャロットクラブのトゥザクラウン(トゥザビクトリーの14)でした。
この馬が一体どうなったのか。


岡田牧雄さんも某紙のPOG企画で「足の先から頭の先まで、繊細な神経と筋肉が備わっており、間違いなく今世代のナンバーワン」とべた褒め。他紙でも同様の評価でした。


ノーザンファーム生産、池江厩舎に預託。
血統は母がトゥザビクトリー。兄はトゥザグローリーなど。

価格は1億2000万円。(1口30万円)



素晴らしい馬体。血統・馬体・厩舎と三拍子揃ったエリート中のエリート。
出資出来るなら私も出資したかったと思える馬です。


新馬戦当日には2ちゃんねるにはトゥザクラウンの勝利を信じて疑わない一人のファンが。
以下全て一人の発言。



1:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:00:02.06 ID:Ilics3HV0.net


日本に衝撃が走る
超名門トグロ家の最高傑作


2:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:01:03.90 ID:Ilics3HV0.net

私があなたがこの馬を見るためにこの世に生を受けたと言っても過言ではない



3:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:02:16.25 ID:Ilics3HV0.net

追い切りは遊んでいた
強い馬は本番にきっちり照準をとってくる


6:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:04:16.76 ID:Ilics3HV0.net

トゥザクラウン買わない奴はどんだけ素人なんだ?今すぐ競馬をやめろ


11:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:18:46.28 ID:Ilics3HV0.net

間違いないよこの馬は



12:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:19:36.05 ID:Ilics3HV0.net

トグロ家の家宝だから
ブランド血統で他の馬はびびってる

14:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:31:33.90 ID:Ilics3HV0.net

トゥザクラウン強すぎワロタwwwwwスレが乱立するだろう


20:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 10:51:44.40 ID:Ilics3HV0.net

ブエナビスタの初子の調教も全くダメだった
さて問題です
目の前に小学生とウサインボルトがいます
小学生相手に本気で走りますか?

22:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 11:17:41.58 ID:Ilics3HV0.net


単30万入れた

31:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 11:53:46.03 ID:Ilics3HV0.net

あと30分で競馬界に衝撃が走ります

36:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 12:15:33.23 ID:Ilics3HV0.net

>>32
逃げる?なぜ私が逃げないといけないの?
衝撃のあまり失神してしまうかもしれないがな(笑)

41:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 12:25:37.01 ID:Ilics3HV0.net


はじまるぞ
目をおっ広げて衝撃を体で感じろ

44:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 12:27:33.18 ID:Ilics3HV0.net

手応えやばい


(結果、1番人気で9着。2.6秒差の大敗。この後1さんは3時間にわたり失踪。)

96:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 15:28:22.56 ID:Ilics3HV0.net
テスト

97:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 15:29:10.38 ID:Ilics3HV0.net

目が覚めた


98:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 15:31:01.33 ID:Ilics3HV0.net

ラニの単勝に10万


(結果、3着となりはずれ。)

99:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 15:33:54.72 ID:Ilics3HV0.net

アイアム失神


100:名無しさん@実況で競馬板アウト:2016/10/23(日) 15:35:05.21 ID:Ilics3HV0.net

ウルブルフの単勝に残り10万いく
取り返せる

(結果、12着となりはずれ。)



以上。
一日で50万円を失ったようです。
本当かうそかはともかく、トゥザクラウンの血統を盲信し、裏切られ、熱くなって次々に失敗するという「競馬の負けパターン」にハマった様子は気の毒でした。


そして負けてみると、トゥザクラウンにも色々とケチがつき始めるもので、喉鳴りの兆候があるだとか、体質が弱いだとか、骨片除去だとか様々なマイナス情報が出来てきます。

結局昨年10月のデビュー戦から半年以上が経ちましたが、復帰のめどは立たず。
今後、かなり厳しい展開が予想されます。


馬を見抜くのは本当に難しいですね。
真の相馬眼を手に入れる道は長く厳しいです。


ちなみに岡田牧雄さんはソウルスターリングを上位にあげています。
あの馬も血統が確かで、あの馬体ですから『馬体・血統・調教師』の三拍子ぞろいが走る可能性が高いのは当然傾向としてはあるはずです。


しかし、気性や喉鳴り、体質など目に見えない要素も大きく影響するのが、競馬というもの。
以前にも述べましたが、これらの事から一極集中出資は明らかに誤りということが分かります。

つまり10口分の出資金があって、自信のある1頭に10口なのか、ある程度分散なのかという話において、どんなに自信があろうと、1頭に資金を集中させてしまうのはリスク管理として間違っていると思うのです。


その位、一口馬主の馬選びは確実性の無いもので、運や我々の知り得ない部分が左右してしまうからです。
ここまで不利な遊びにハマってしまうとは・・・。



14:23:17
シルクは来期から募集時期が前倒しになる模様。
それに伴い、この時期恒例の追加募集は無しになるのかと思っていましたが、どうやらある模様。
一挙6頭です。
※詳細は他のブロガーさん参照。

今回は全馬ノーザンファーム生産(確か)。
つまり、以下のような可能性があります。

1:本家社台、キャロットで募集予定があったものの、何かしらの頓挫でリストから外されていた。
2:元々、出来が悪くリストに入っていなかった。


1の方が期待値は高いのは当然です。
シルクのロッテンマイヤーの妹であるアーデルハイトの15がこのパターン。

なぜ期待値が高いかと言えば、社台の序列として現状、
本家>キャロ>シルク
という並びになっていることは皆さん感じているはず。


つまり、初めにキャロットで募集予定だった馬の方が、シルク募集馬よりも期待が持てるというわけです。
特にキャロットのような飽和状態にあるマンモスクラブでは追加募集が出来ない為、頭数に余裕のあるシルクへ流すしか、方法が無かったとも言えます。(個人馬主に売るとクラブ会員からの批判を浴びる可能性もあるので・・・)


・・・これがポジティブな考え方。
反対の考え方としては、欠陥品だが、とりあえず競走馬としての体裁を保てる位には育成を持ち直したため、叩き売ってしまおうとしている可能性。
この場合、一見育成が順調でも入厩後レースに向けて鍛えていくと、結局、壊れてしまう場合はあります。


セール以外で、この時期まで眠っていた商品ですから、何かしらの欠陥がある・あったのは、ほぼ間違いありません。
それがどの程度なのかは各々の相馬眼に掛かっていますね。


良い悪いの判断は結局それなのですが、客観的な目安としては、

「移動や入厩の目途が立っている」

「極端なデブ、ガリでは無い」

「(骨瘤など)病名がつく症状を持っていない」

などがパッと思いつく所でしょうか。
特に1番上の移動・入厩の目途が立っていれば、下2つもクリアしているはずですから、一番信頼出来ますよね。


実際、私が入ってから数年見ているだけでも、2歳春から募集馬でクライムメジャーやソーディヴァインはこのパターンであり、早々に移動、入厩。夏にはデビューし、順調に賞金を稼いでいます。


そうした情報を加味しつつにはなりますが、この時期の募集は、血統により将来図を計るよりも、実馬の出来の良さを見る相馬眼こそ重要です。

それは、血統が実際に体現化されつつある時期だからであり、また、先述の通り、身体になんらかの欠陥がある可能性があるからで、腕の見せ所ではないでしょうか。




【一口近況】
アーモンドアイが二冠馬に!さらにストロングタイタンも重賞ウィナーに。乗るしかないこのビッグウェーブに。 夢を見させてくれる愛馬たちに感謝です。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・準オープン
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
3歳・未勝利
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フォーミーの16 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
MissLunaの16 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5435万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1447万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1970万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
ユキチャンの16  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ツルマルワンピースの16
父:ヴィクトワールピサ
2歳・未出走
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………