競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:02:10
キタサンブラックが天皇賞春を連覇。
2000mの大阪杯も勝っていますが、やはりスタミナタイプのステイヤーであることは明らかです。

この時、必ず話題になるのが、キタサンブラックの母父はスプリンターであるサクラバクシンオーであること。
なぜ母父がサクラバクシンオーで3200mをこなすことが出来るのでしょうか。




馬の距離適性については、ミオスタチン遺伝子の型により決定されることが、判明しています。
科学的根拠の薄い血統理論で語るのもロマンですが、距離適性はかなりシンプルな遺伝で決定されるため、ミオスタチン遺伝子をベースに考えてみたいと思います。

ミオスタチン遺伝子をご存じない方は以前に書いた

『ミオスタチン遺伝子と距離適性』

の記事を参照下さい。




キタサンブラックの血統と共に解説していきます。
061022_pride_10.jpg





まずキタサンブラック自身のミオスタチン遺伝子型はステイヤー実績からT/T型と思われます。父系については父ブラックタイドがT/Tか、C/T型のどちらかで、そのうちのTが遺伝したことになります。(父、母から1つずつ受け継ぐ為。)

母系については、母父サクラバクシンオーのさらに父サクラユタカオーは春天の大敗と秋天の勝利などからC/T型で間違いないでしょう。




そしてバクシンオーは、産駒実績の距離適性を考えると殆どが短距離であり、やはり一般に言われるようにスプリンター質のC/C型であると思われます。(4000mなど長い距離を走る障害でG1馬ブランディスも生んでいますが、障害に必要な適性は全く異なる為、無視。)

そうすると、キタサンブラックの母は母父サクラバクシンオーからC型(バクシンオーがCしか持っていない為。)を受け継いでいることになります。





この時点でキタサンブラックの母シュガーハートはC/T型で確定。(片方はバクシンオーのC。もう一方はその母から受け継ぐTでないとならない。)そうでないと、キタサンブラックがT/T型になる為のTが確保できないからです。


それには残りのパーツである母母からT型(T/Tか、C/T)を受け継ぐ必要があります。
母母オトメゴゴロの父ジャッジアンジェルーチは産駒の傾向としてマイラーばかり生んでいる為、C/T型と予測出来ます。

オトメゴゴロの母のテイズリーはフランスの競走馬で、適距離は不明ですが、産駒を日本で多く残している為、逆算がある程度できます。

サンデーサイレンスとの子オトメノイノリで2500mを勝っている為、テイズリーはT/T型もしくはC/T型のどちらかでTを子へ受け渡したと予測出来ます。他の子もほぼ1800~2000mの勝ち鞍です。

オトメゴゴロ自身は1000~1800mと広い距離適性を持っていますが、上記の通りその父ジャッジアンジェルーチ、母テイズリー共に、T型を有していると思われ、それでいて1000mの勝ち鞍もあることからオトメゴゴロはC/T型で間違いないでしょう。






つまり、オトメゴゴロのTをシュガーハートに渡し、シュガーハートもTをキタサンブラックに渡したというわけです。
血統表を見ると、サクラバクシンオーのスプリンター適性をどうしてもピックアップしたくなってしまうのですが、実際にはバクシンオーの長所でもある速筋のCの部分はバッサリと切られ、受け継がれていません。





ところで、私はサクラバクシンオーがC/C型と決めつけていますが、実際には分かりません。
単に競走成績と産駒傾向、そして馬体から判断しているだけで、遺伝子検査をすればC/T型である可能性は否めないのです。
(ただ、ガチムチの権化たる筋肉質で胴づまりの体型であるサクラバクシンオーは、ほぼ確実にC/C型。)


ですから、他の馬についても私の勝手な予測なので、私自身では遺伝経路を完全に証明する事は出来ないのですが、かといって母父バクシンオーだからといって、血統理論上、ステイヤーが生まれないという事では無いのです。




巷では
「キタサンブラックが母父サクラバクシンオーでステイヤーということは血統はオカルトで意味が無い。」
と論破したような風潮が一部で見られますが、それは誤りです。

血統からミオスタチン遺伝子を追えば、キタサンブラックがステイヤーになった説明は実は容易に可能なのです。



私はオカルト血統理論の否定派ですが、科学的根拠に基づいて正しいものとオカルトをきちんと分けて付き合うことが、競馬と一口馬主を嗜む上で必要であると思っています。

スポンサーサイト

11:27:13
海外のニュースで見た生命の不思議な現象をうろ覚えですが紹介します。テレビの世界仰天ニュースでいかにも放送されそうなだけに、ちょっとしたミステリーを見る感じでご覧下さい。




ある夫婦に子供が出来、事前に遺伝病などを調べるため、いま流行りの遺伝子検査を子供に受けさせたところ、まさかの父親の遺伝子と完全一致せずという事態になりました。

普通それは妻の浮気でしかないのですが、不可解だったのは遺伝子は中途半端に半分は一致したのです。

父から受け継いだ遺伝子の半分が一致ということは、それは父親の兄弟や父の父が当てはまります。

赤の他人でも酷い話ですが、まさかの身内と浮気?
完全に修羅場の予感しかしないのですが、彼らとも遺伝子は一致しません。



では一体誰の子供なのか?
話は父親の出生まで遡ります。

父親がまだその母の胎内にいたころ、しばらくは双子として育っていたのでした。

しかしなんらかの理由で、双子の弟(便宜的に弟とする)は健康に育つことが出来ず、胎内で双子の兄(父)に吸収されたのでした。

そこで弟の生命は終わりを告げたわけですが、ここからが摩訶不思議。

吸収され個体としての命は持たないものの、兄の精巣で弟は遺伝子を残していたのです。

つまり製造される精子の遺伝情報は弟のもので、生まれた子は兄ではなく弟の子供だったというわけです。



これは生物学上、父と母と父に媒体する弟の三者の子となり、キメラと呼ばれる存在です。

ハリウッド映画だったら、キメラとなった子が双子の兄に「ようやく会えたね兄さん。」とか言い出しかねないので怖いですが、実際には普通の子となんら変わりない健常者と思われます。





これはかなり稀有な例ですが、競馬の世界を見ていると、優秀な祖母から平凡な母が生まれ、そして隔世遺伝して優秀な子が生まれることもあるし、突然平凡な血統から異質な才能を持つ馬が生まれたり様々です。

これらは遺伝子として受け継がれながらも具現化することなく何世代も潜んでいたり、ある種の突然変異で遺伝を無視して、特定の機能を抑制しなくなるリミッター解除のような現象も見られます。

前者はインブリードで起こり、後者はアウトブリードで起こりやすい感覚があり、競馬の魅力の一つでしょう。

ただ、これらは必ずしも良い方へ発現するとは限らず、死に至るような病気を発症させないために遺伝子の奥底に眠らせている場合や、長所が分散して走る力に悪影響を及ぼす「逆ニックス」状態になる場合など、出会ってはいけない遺伝子というのもあるのです。


遺伝子組み換えが許されない競馬の世界では、未だ配合の正解は見つかっていませんが「血統とは遺伝であり設計図」、つまり血統で強さが決まる(可能性が高い)というのは常識。

しかし、今回のように、中にはその設計図に書かれていない隠し要素が潜んでいる場合もあるわけで、血統=遺伝というのはまだまだ未知なる要素が多く、奇跡や神秘的なことが起こりうるようです。

21:17:40
競馬の血統を考える時、特定の能力がどのルートで遺伝しているのかを考えることは重要です。
例えば心臓の大きさを司るミトコンドリアは母からのみ遺伝することが分かっており、母の母、母、母・・・と母系ルートを辿ることで調べる事が出来るのです。





さて、以前に海老名市の市議や、岐阜県の県議が「同性愛は異常」と述べ、物議を醸しました。
「性同一性障害」という病名があるわけですから、医学的に『異常』なのは事実です。


ただ、生まれつき目が見えない人を「異常だ。」、心臓病を抱える人を「異常だ。」と、発言すれば、それが叩かれるのは当然で、自分の立場と話す場所位、考えるべきです。


健康増進がテーマの会議で「デブやニコチン中毒は異常。」と発言するのと、道端でその者達を指さして「異常。」と言うのは同じでは無いわけです。





ところで、世の中の同性愛者は約2%程と言われています。
皆さん、ふと思ったことは無いでしょうか。

同性愛者は異性と結婚もしないし、子供も生まれないから、同性愛が遺伝することは無い。
もし、同性愛が『遺伝』に左右されるのであれば、同性愛は淘汰され、この世には存在しないはずであると・・・。




だとすれば、同性愛は遺伝では無く、『環境要因』が引き起こすのでしょうか。

いえ、決してそうでは無いのです。
アメリカの研究で、双子を調べると片方が同性愛者の場合、一卵性双生児では55%、二卵性双生児では22%の確率でもう一方も同性愛者になることが分かっています。


遺伝的に完全一致している一卵性(遺伝子共有が100%)の同性愛者の方が、その半分しか遺伝子を共有していない二卵性の2倍の確率というのは、同性愛は遺伝的要素が強いということなのです。
(育て方が双子揃っておかしいなどの環境要因の影響が大きいのであれば、一卵性、二卵生で差は出ないはず。)


また、両者のパーセンテージの差は一卵性が同じ遺伝子を持ち、二卵性がその半分程度の同じ遺伝子を持つことからすれば、自然な数値に思えますし、割と素直に遺伝する要素のようです。



では遺伝の経路に特徴はあるのでしょうか。
「サイエンス」に掲載された論文によれば、同性愛者の母方のおじが同性愛者を持つ割合は7.3%。
母方のおばの息子(いとこ)は7.7%と、世の中の同性愛者の割合を大きく上回ります。


一方、父親は子供を作っていることから(それが偽装やバイで無いなら)、0%。
父方の親戚は上記より少ない数値となった・・・。
(堂前雅史 同性愛の遺伝子を巡って から抜粋)




これらのことから、男性の同性愛、いわゆるゲイの遺伝子は「母系」血統より受け継がれるようです。

もちろん一卵性双生児の例からもわかるように環境要因も大きな影響を与えていることは間違いないのですが、遺伝の経路に偏りが見られることからも、「ゲイの遺伝」はあるということです。



人間は社会的な環境による影響が非常に大きい動物ですが、自然界の動物にもゲイが確認されています。
母親から受け継いだ遺伝子の影響で生まれるので、あれば、同性愛のオスが絶滅することなく、一定数存在し続けるのも納得です。




競走馬の能力にも父からは全く受け継がれない要素が、いくつもあると思われ、こうした理由から種牡馬失格の烙印を押される馬もいるはずです。

母から受け継いだ能力が覚醒し、種牡馬になれる程に強い競走成績を残したとしても、その力が後世に残せないのならば、その優秀な力は一代限りで終わってしまうということです。





これらのことを生産者達は古くから経験則で既に知っていた為、血統を追いかける時に、『ファミリーライン』と呼ばれる母系(母の母の母の・・・)をひたすら辿る考え方や、『サイアーライン』と呼ばれる父系を探求する手法があるのでしょう。


厳密には足の速さを司る遺伝子は多岐に渡り存在する為、血統表から簡単に割り出せるような単純なものではないのでしょうが、遺伝子には受け継がれる特定のルートがある事実は、覚えておいて損は無いと思います。


11:02:23
前回は同じ芦毛であっても、優先される遺伝子とそうでない遺伝子があることを説明しました。
このような毛色の『優性遺伝』は他にもあります。

序列をつけると


白毛>芦毛>鹿毛>栗毛


となります。
ちなみに人間の毛色にも優性遺伝は存在し、

黒髪>金髪

黒い肌>他の肌

黒い瞳>他の瞳


となります。
黒人と日本人のハーフがほぼ黒人の容姿になるのはこの為です。
ただし、メンデルの法則の通り、場合によってはその限りではありません。


容姿や体質の優性遺伝についてはまた違う機会に記事にします。






話を戻して、ようやく表題の件。
ディープインパクト産駒に栗毛がいない理由について。


前回から読んで頂いている方はもうお分かりとは思いますが、メンデスの法則同様、
ディープインパクトは鹿毛のホモ遺伝子を持っているのです。




父ディープインパクトからは必ず鹿毛となる遺伝子が受け継がれ、母が栗毛であったとしても、鹿毛が優先される為、必ず鹿毛が生まれるというわけです。

鹿毛であってもヘテロ遺伝子を持っている種牡馬の場合は、表面化していない栗毛の遺伝子を与える場合があるので、母の毛色によっては栗毛が生まれます。


ただ、鹿毛のホモ遺伝子といえど、芦毛や白毛には劣性であり、芦毛が優先されます。
ですから、ディープインパクト産駒に栗毛はいませんが、エイシンヒカリのような芦毛は存在します。


以上が毛色の遺伝の仕組みです。



かつて、渋沢栄一のひ孫で競馬の神様と呼ばれた大川慶次郎氏が
「父と同じ毛色の馬は走る。」
と、父の毛色が遺伝しているということは、能力も父似で遺伝しているであろうという根拠で、自論を述べていたようですが、これは明らかな間違いです。




同様にサンデーサイレンス産駒についても
「サンデー産駒の栗毛は走らない。」
という俗説がありました。

漆黒の馬体を持つサンデーサイレンスの特徴を遺伝していないと思われたからでしょう。
その後、栗毛のサイレンススズカが活躍したことで、この説は自然消滅しました。




つまり、毛色の遺伝と能力の遺伝の経路は全く別の物であり、無関係と考えられます。


19:27:29
さて、当ブログの遺伝と血統カテゴリでシリーズ化していた”優生学シリーズ”もほぼ終わった為、新企画として
”遺伝の基本勉強シリーズ”を書きたいと思います。
勉強嫌いな私が書くので、かなり平易な内容となっています。


今回は毛色の遺伝子について。

「なぜディープインパクト産駒には栗毛がいないのか。」


今回はこの表題について紐解いていきます。




まず皆さん『メンデルの法則』はご存じと思います。
義務教育で習う遺伝の基本的要素です。

それでは『メンデスの芦毛の法則』はご存じでしょうか。
メンデルの法則をもじったもので、内容もそれに則った近いものです。
ちなみに日本でしかこの言い方はしないそうです。




かつて芦毛の種牡馬でメンデスという馬がいました。
メンデスは父が芦毛、母が芦毛から生まれ、
『GG型』の芦毛遺伝子を持っていました。




芦毛遺伝子は他の毛色よりも優性遺伝する為、GG型のメンデスの繁殖相手が他の毛色であっても、

産駒は必ず芦毛となります。


ちなみにゼダーンも同じ型の芦毛遺伝子を保有しており、産駒は全て芦毛になります。



これを『ホモ型』と呼びます。純血芦毛とでも言いましょうか。

反対に他の毛色が生まれる可能性を持つ芦毛種牡馬は『ヘテロ型』とします。混血芦毛の事です。
(クロフネなど)



ヘテロの芦毛の毛色遺伝子は『Gg型』であり、G=芦毛遺伝子と、g=非芦毛遺伝子が混在しています。

産駒に伝える際にどちらか一つの遺伝子がランダムで選ばれます。
Gが遺伝すれば芦毛、gが遺伝すれば芦毛以外の毛色が遺伝するというわけです。


よって芦毛同士の交配でもヘテロ型であれば、以下のような4パターンが考えられます。
カッコ内は子供の毛色です。



1:父Gと母GならGG。 (ホモ型の芦毛。)

2:父Gと母gならGg。 (ヘテロの芦毛。)

3:母Gと父gならGg。 (ヘテロの芦毛。)

4:父gと母gならgg。 (芦毛以外。)





つまり、既述のように芦毛遺伝子は他の毛色よりも優性遺伝されるのですが、
ヘテロの芦毛の中に潜む『非芦毛遺伝子』が父と母両方からピックアップされた場合、gg型となり、両親が芦毛でありながら、他の鹿毛などの毛色として生まれます。




しかし、メンデスのようなホモ型の芦毛GG型はgという劣性遺伝子を持たない為、上記でいう3番、4番の選択肢がありません。
母が別の毛色の遺伝子であろうと、メンデスの持つGの遺伝子が付く為、芦毛が必ず生まれるというわけです。





次回に続きます。


【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・準オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………