競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:39:48
さてストロングタイタンの疑惑の2着、ソーディヴァインの疑惑の取消等々、私の愛馬に次から次へと舞い込むトラブルの記事で機会を完全に逃してしまいましたが、ノルマンディーの一次募集が終わっています。
現時点で23頭募集のうち残り7頭のみ。16頭が満口というのは売れすぎです。

満口頭数の割合をみればシルクと同レベルの熾烈な競争…のはずなのですが、ノルマンディーの口数調整によりかなり競争率は和らぎます。


私の申し込み馬は

フォーミーの16
ジョウノファミリーの16


以上2頭でしたが、無事両方当選となりました!
幸運と言っていいでしょう。ありがとうございます。
(-人-)

両馬共倍率は4倍ほどと読んでいますが、あくまで口数の上の倍率。
平均申し込み口数が仮に2口なら、実際には人数はその半分で倍率は2倍になります。
(1人1口のみの口数調整があった為。)

ん、待てよ。
だとすると、絶対満口だろと予測できた馬に50口申し込むなどすれば、倍率の操作も可能…ということでしょうか。
そんなことをしても仕方ありませんが、aの馬が欲しくて、ちょっと欲しいbの馬にあえて50口申し込み。

中間発表で、なんだこの人気馬は!乗り遅れるなー!的誘導なども出来るんですかね。注意をそらす的な。





それにしてもノルマンディーも完全な人気クラブですね。
日高系ではナンバーワンと言っていいでしょう。
ラフィアンがラフプレーの丹内騎手を擁護し「今後も乗せない理由がない。」というその口ぶりが話題になりましたが、凋落を表すような低調な売れ行きを見ていると、尚ノルマンディーの勢いを感じます。



一方で、活躍馬は一部のみであり(そんなことは当たり前なのですが、それすら理解してない者がいます)、特に2歳の不振に不満を漏らす声も色々。

正直、このままでは馬も取りづらい会員数になっているため、不満を漏らして辞めてもらえれば、私は生き残ったことになるので、嬉しいです。


大体私はノルマンディーで「大当たり」の馬を一頭も持っていませんし、それどころが、アイリッシュギフトにグランビスキュイなどの大ハズレを何頭も引いていますが、馬質に全く不満はありませんね。

なぜなら私のノルマンディー出資馬の募集価格に対する回収率は3歳以上でも4歳以上でもプラス(約110%)ですから、現2歳勢が不調であっても悲観しようがないのです。


以前にも書きましたが、毎年「当たり」が入っているわけではないでしょうし、育成云々以前に馬の資質が15年産は低い可能性もあります。

11年産・・・アペルトゥーラ
12年産・・・ブラゾンドゥリス、ルールソヴァール
13年産・・・なし
14年産・・・プラチナムバレット、ディヴァインコード

OP基準にすると、大当たりの履歴はこんな感じでしょうか。
20頭募集の11、12年産からあの価格帯でこれだけ出れば、上出来でしょう。



・・・これらの馬を持っていて、現状に怒りますかね?辞めようとしますかね?

結局、今を悲観する方はノルマンディーで損ばかりしているとしか私には思えません。
そして、単年度や所属馬全体の結果論でしか見られないのは、クラブを見ているだけで個別の馬を見抜けていないんですよ。




育成方法のチャレンジに不満な方もいるでしょうが、マッドサイエンティストじゃあるまいし、失敗すれば勝手に修正してくれるでしょう。その位の信頼はしています。

そもそも、馬の結果以外で育成方法について物を語れる人間がどの程度いるんですかね・・・。
少なくとも上記で挙げたような馬達は結果を出しているわけですし、今更育成の根幹を疑うのはナンセンスだと思います。
疑うべきは自分の馬を見る目だろうと。





売れ行きが過熱気味なのは間違いないので、、クラブ側も強気に頭数は増やすし、ハズレらしき馬も増えることでしょう。
これらでヘイトがさらに集まる傾向は今後も続くと思われます。
それによって、会員が減るのは歓迎ですし、揺り戻しがあるのは数年後かなと予想しています。

スポンサーサイト

22:54:07
ノルマンディーの一次募集中間発表がありました。



会員様からのお申込み割合(募集総口数の90%に対する申込割合を算出)

募集No.15 ジョウノファミリーの16 206%
募集No.9  フォーミーの16 145%
募集No.16 ジョウノボレロの16 88%
募集No.23 ナショナルフラワーの16 80%


ご新規でのお申込み割合(募集総口数の10%に対する申込割合を算出)

募集No.15 ジョウノファミリーの16 394%
募集No.9  フォーミーの16 132%
募集No.22 ルーシーショーの16 100%
募集No.13 カグラの16 82%
募集No.16 ジョウノボレロの16 82%



ということで、人気馬は割と予想通り。
それよりもノルマンディーが『新規枠』を明言したことに好感を覚えました。

400口の場合、10%にあたる40口を新規枠としたのです。
『新規枠』についてはシルクで毎年話題になるブラックボックス。


要するに人気馬は抽選といいながら、新規で申込んだ人間は不当に有利に出資出来ているのではという噂があるのです。
クラブにすれば会員が増えればそれだけ利益になりますから、その機会を逃すまいと意図的に当選させ囲っているというのです。


真偽は定かではありませんが、実際、シルク側も抽選が平等に行われていると証明しようとはしません。
例えば、会員番号の下一桁で当選番号を決めるとか、いくらでも方法はあることでしょう。

それに対して、ノルマンディーは明確に40口までと宣言したのです。
実際に抽選になった時にどうやっているかはともかく、他クラブの抽選の不透明さを意識して、導入した新規枠制度なのではと思っています。

これで上記の中間発表のように票数を見て、ある馬は新規有利であったり、逆だったり様々でしょうが、多くの会員が納得するやり方でしょう。




・・・というノルマンディーアゲのシルクディスりになってしまいましたが、私の愛馬の成績はシルクの方が圧倒的に優秀というのが、悩み所なのです・・・。
ノルマンディーの方が尽くしてくれるけど、冷たくてワルなシルクに妙に惹かれちゃう(ビクンビクン)・・・みたいな。




17:59:56
ノルマンディーのローズジュレップが安楽死しました。
羽田盃に向けての調教中の事故とのことです。

ノルマンディー初の北海道所属としてデビューし、昨年の兵庫ジュニアグランプリを制覇。

続く全日本2歳優駿でも3着と好走。前走は川崎のクラウンカップも制覇し、南関3冠に挑む予定でしたが、まさかこんなことになるとは。

募集価格1000万円に満たない安馬が、ここまで活躍するとは思いませんでしたし、私もいつかこんな馬を持ちたいと思っていましたが、志半ばで天国へ行ってしまい、出資していない私でも無念に感じますから、出資者の方々の悲しみは一体どれほどでしょうか。

一時期、キャロットやシルクも地方馬募集を行ってきましたが、今ひとつ定着しなかったのはクラブにとって収益が少ないのか、ちょっと理由はわかりませんが、少なくともローズジュレップは出来すぎの活躍馬です。

すぐにこんな馬がまた募集されると思うのは甘いですが、いつかノルマンディーから南関3冠にまた挑戦出来る馬が生まれるといいですね。

23:59:34
ブラゾンドゥリスが黒船賞を快勝しました。
出資者の方々、おめでとうございます!


この馬に出資出来なかった私としては、なぜ出資出来なかったのかを自問自答する日々ですが、今見ても出資出来たかはわかりません。正直、結果が出ていますから当時より良く見えてしまうものですが、6月生まれという極端な遅生まれと、春の募集開始時にもトモ以外は頼りなく見えた点などから出資には至らなかったと思います。

当時、この馬の適性はダートのスプリンターで間違いないと読んでおり、実際1400mの黒船賞を勝ったことから、その読みは間違っていなかったです。

だとすれば、スプリンターとしては馬体の幅や前の筋肉などに不満があり、これから成長をしても足りないだろうなと判断したのです。


しかし、実際には今の姿はご存じの通り、場体重500キロの筋骨隆々ボディに様変わり。
いくら遅生まれとはいえ、ここまで変化するとは思ってもみなかったです。


この馬がOP馬になった際には「いくら当たりでも自分のフィルターに引っかからない馬は、走った理由を探しても仕方ない。」と自分の馬選びの方法では出資出来なかっただけと割り切っていましたが、さすがに重賞まで買ってしまうと、「どうにか選べなかったのか?」と未練がましく、考えてしまいます(笑)



ただ、やはり無理な物は無理。
安易に自分で磨いた得意分野以外の相馬を取り入れてブレたやり方をしていては、運よく当たりを引けても、それを再現できません。

そのようなやり方は結局、出資頭数をいたずらに増やしているだけか、気分や感情で変えていくぼやけた相馬になってしまいます。

私の実力不足はもちろんですが、自分の相馬の網にはかからなかった馬だと諦める他ありません。



ただ、ノルマンディーOCで今当たりと呼ばれている馬達は、ブラゾンドゥリスやローズジュレップ、ビスカリア、ディスティニーソングなど1000万円以下の安価な馬が多いのは確かなので、積極的に狙うべきではあるのかも知れません。





19:47:26
土曜小倉8RでノルマンディーOC、リルティングインクが勝利。
鞍上は藤田菜七子騎手。
お見事でした。
出資会員の皆さん、おめでとうございます。


ななこ騎手はノルマンディー馬に騎乗しての勝利は初めてですかね。
昨年の懇親会に登場して以降、ノルマンディー会員の応援も熱い(厚い)はず?

日ごろ、特段応援しているわけでもないので騎乗をまじまじと見るのは久々でしたが、成長を感じました。


以前は騎坐が安定せず、腰が浮いてこっちにフラフラ、あっちにフラフラという感じでしたし、何より『ムチを入れながら追えない』という競馬において致命的な未熟さが気になっていました。

頑張って同時にやろうとしているんでしょうが、ムチを使うと馬に合わせることが出来ず、一々リセットしてもうお一度追い出すという始末で、あまり運動神経はよく無いのかなぁと心配になるレベル。



が、今日は以前よりは追えるようになり、ある程度スムーズに見えました。

これ、分かり易いので動画を貼っておきますが、オルフェーヴルに騎乗したスミヨン騎手は強い扶助を与えながら全くぶれないという一流の業を見せてくれます。

こういうのが理想なはずですが、まだ藤田騎手は手綱で追うのとムチを入れる時に、混ぜると無駄なロスが発生しており、もっと自然に一連の動作が行えるようになるといいですね。








【一口近況】
アーモンドアイが二冠馬に!さらにストロングタイタンも重賞ウィナーに。乗るしかないこのビッグウェーブに。 夢を見させてくれる愛馬たちに感謝です。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・準オープン
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
3歳・未勝利
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フォーミーの16 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
MissLunaの16 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5435万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1447万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1970万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
ユキチャンの16  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ツルマルワンピースの16
父:ヴィクトワールピサ
2歳・未出走
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………