競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2013/11«│ 2013/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/01
07:24:43
さて今年最後の記事です。


実は記事が完成間近の所で保存を書けたら、消えてなくなりました。
悲しかったです(笑)


もう一度書くエネルギーが無いので、要約します。

今までと全く違う馬体の評価方法を試して見たら、おおよそ既に出資している馬が高い評価となりましたが、何頭か大きく評価が変わった馬がおり、その中の一頭がアイラヴユーナニ(通称ILU)だったのです。

スベコ


馬体のみの評価ですがスプリングボードと並ぶ最高評価となりました。
今までの評価方法で最低ランクだったのに・・・我ながら滅茶苦茶だなと思いますが、新しい方法の方が好みを排除し再現性も高いのでこちらを優先しました。


評価方法を変えた理由は、色々あるのですが、やはり血統や馬体など異なる物を同じ点数に収めるのは無理があったというのがきっかけです。
複合的に評価していると思っていても、例えば血統が良いが馬体に短所がある時などに、悪いところを覆い隠してしまうことになりかねません。

また、いつもこういう事が上手く言葉でいえないのですが、
「再現性が高い方法を取り入れつつ、最後は裁量で決める。」
というスタイルにしたかったので、そういう方法へと変更しました。



ILUは父がウォリアーズリワードという全く知らない馬で、クラブのパンフレットには「勝ったG1は、7頭立てで52.5キロの軽量ハンデ」(おぼろげな記憶)というラッキーパンチ感満々のなんてことの無い馬のようです。

また新種牡馬の為データは少なく、種付け料は120万円程度。
正直血統的な期待値はとても低いです。

こういう馬は入厩直前まで待つのがセオリーだろうと思うのですが、点数評価を信じて実験的な要素も含めて早期出資としました。


新たな仲間として今年もマル外に出資してしまいました。
”一点物”に弱いな~私は・・・。




今年はブログ開設1年目であり、一口馬主1年目の年となりましたが、いつもご覧下さる皆様のお陰でとても楽しく過ごさせてもらいました。
来年は色々とあり、新年のご挨拶と共に報告いたしますが、まずは一年間ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
(*´Д`*)


スポンサーサイト

09:54:30
ノルマンディーオーナーズクラブの名物企画とも言える”馬名総選挙”。
今期も行われるようですが、クラブからアンケートが届きました。

内容の要点は二点。



①出資者・非出資者の持ち票が、出資者10票に対して非出資者1票。
・・・非出資者の意見が反映されづらくなった。


②1口出資につき10票。つまり10口出資者は100票を持つ。
・・・大口出資者が大きな決定権を持つようになった。





この二点の変更点について、どう思うかというアンケートでした。

色々思う所はありますが、①はともかく②は私のような小額出資者にとっては残念でなりません。
もちろん、クラブも販促の為に色々と大口出資者を優遇していきたいというのは分かりますし、大口出資者もクラブの利益に貢献しているのだから、優遇されてしかるべきという気持ちも分かります。

しかし、これは大口出資者を優遇すると同時に、小口出資者を冷遇することになります。
大口を優遇するなとは思いませんが、小口を冷遇するなとは思います。

ですから、大口の出資者にはポイントサイト等でよく見るゴールドランク-シルバーランクの・・・ようなランク分けを用いて価格面で割引を適用したりなど、大口と小口の顧客が敵対しないような仕組みを考えて欲しいです。





もちろん程度の問題なので、大口出資者にある程度の有利な票数を与えるのはやむを得ないのかも知れませんが、いずれにしても出資口数がそのまま反映というのはやりすぎで、『商法』になっている本家AKBの総選挙と変わりません。

クラブ全体で楽しむお祭りのはずが、一部の大口出資者のイベントになってしまうことは納得出来ません。



クラブも忙しい中で様々な新しいサービスを考えてくれており、本当に満足しています。
今回もバランスなどに苦慮することと思われますが、なんとか両者に配慮した落とし所を期待しています。







さて、名付け親は私の最初の目標の一つでもあり、なんとしてでも叶えたい所。
現在、一生懸命考えて順番に応募している最中です。

ただ選挙はやはり公平であるべきですから、ブログ上で選挙活動は致しません。
もしも名付け親に選ばれたら大々的に報告します(`・ω・´)シャキーン


18:24:42
年末になると宝くじを買う為に行列を作る人々がいます。
彼らいわく「1等何億円の当選が何度も出ている縁起の良い売り場」だそうで、だからこそ何時間並んででもその場所で買うそうです。



理論的に考えて、宝くじはどの売り場で買っても当選確率は変わりません。当然のことです。
単に売り上げが多い売り場であるから、1等が出現した本数が高いに過ぎません。
仮にそうでなくても、全ては偶然です。

にも関わらず本気で当選確率が上がっていると信じている人も一定数いるようです。






数時間並んで買うなら、数時間アルバイトでもして購入枚数を増やした方がよっぽど当選確率も上がり合理的です。
もちろん、そんなことは承知の上で、「聖地巡礼」のような毎年恒例のイベントとして並ぶのに参加することが楽しいという人もいるでしょうし、全ては個人の自由です。





アメリカの研究では、宝くじの購入金額と年収は反比例するそうです。
つまり、貧乏な人ほど宝くじを買う金額が多いということです。


通常、金持ちの方が消費に掛ける金額も大きくなりますが、宝くじではそれが逆転するのです。
つまり貧乏な人ほど、「人生の一発逆転には宝くじしか無い」という思考に陥るために、購入金額が年収に見合わない高額になるということです。


宝くじとは資金の量もスキルも知識も全く関係の無い、『完全に運任せ』のフェアなゲームではありますが、その控除率は公営ギャンブルも真っ青の約50%。
100万円の売り上げから50万円しか配当しない、相当不利なゲームです。




一切の努力を放棄して、宝くじという『運任せ』のゲームに参加しているにも関わらず、売り場にはこだわって何時間並ぶ事もいとわない・・・。
その様子は、私には理解出来ませんが、宝くじの楽しみ方は「当たったら何をしよう。」と夢を見ることですから、購入者が少しの間、幸福感を味わい楽しめるのならば、それが一番なのかも知れません。








さて、競馬を知らない人間から「一口馬主は儲かるの?」と聞かれたら、皆様はどのように答えるでしょうか。
「ほとんど儲からないけど、たまに宝くじに当たるような確率で儲かる馬が出現する。」
こんな所では無いでしょうか。


一口馬主は知識・技術・資金・才能などなど、様々な努力や他の要因が成績に左右する投資ですから、『運任せ』の宝くじとは全く異なる物ですが、何億円も稼いだり、種牡馬入り出来るようなとんでも無い”当たり”の馬と出会うには、確かに”運”の要素が無いとは言えません。
(人生の全てに”運”は影響を与える物でありますが・・・)







中小の牧場の生産者達も地道な努力や研究を行いつつも、どこかでテイエムオペラオーのような、とんでも無い名馬が生まれないかと”運”に期待する所はあるでしょう。

もちろん、我々一口馬主も同じです。
私も一口馬主をやっていて、特に安い馬を見た時に、宝くじのような”運任せ”の神頼みな気持ちが芽生えてしまいます。


結局、宝くじを買う人と同じ心理ですね。

「周り全員がハズレを引いても、自分だけは違う。自分は選ばれた”運”がある。自分は”当たり”を引くはずだ。」

こんな風に思う所が心のどこかにあるのです。
こうした心の弱さは克服せねばなりません。



”運”を上げるために出来ることを粛々と実行してその”当たり”を引き寄せる確率を上げるべきです。
つまり結局は、相馬眼を鍛える他にやることはありません


ただし、行列を作って宝くじ売り場に並ぶような『無駄な努力』に時間を費やし、間違った”オカルト相馬眼”にならないよう、常に冷静な感性を持つ意識をしていくことも必要です。




22:29:57
2012年のリーディングサイアーのデータです。もう2014年になってしまうのに2012年のデータなのは、半端に書いて眠っていた記事だからです。半端のままですが、公開しておきます。

気になるのは、ダートを見ると無敵のディープインパクトがどこにもいないことです。
また短距離、長距離のどちらにもランクインしていません。
(長距離の番組数は母数として少ないとは思いますが。)

つまりディープインパクト産駒の適正は芝の馬場で、距離は1400m~2500mまでに集中しているということです。
もっと詳しく調べるとさらに絞れるかも知れません。




2012年 総合(中央+地方) 平地

順位/馬名

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4シンボリクリスエス
5クロフネ
6フジキセキ
7ダイワメジャー
8ゴールドアリュール
9マンハッタンカフェ
10アグネスタキオン


2012年 総合(中央+地方) 芝

順位/馬名

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4ダイワメジャー
5シンボリクリスエス
6ハーツクライ
7フジキセキ
8マンハッタンカフェ
9サクラバクシンオー
10クロフネ


2012年 総合(中央+地方) ダート

順位/馬名

1キングカメハメハ
2ゴールドアリュール
3クロフネ
4シンボリクリスエス
5サウスヴィグラス
6ネオユニヴァース
7フジキセキ
8アグネスデジタル
9スペシャルウィーク
10アグネスタキオン




2012年 総合(中央+地方) 障害

順位/馬名

1マヤノトップガン
2ダンスインザダーク
3フジキセキ
4オペラハウス
5マーベラスサンデー
6シンボリクリスエス
7アグネスタキオン
8タイキシャトル
9ステイゴールド
10ニューイングランド


2012年 総合(中央+地方) 2600メートル以上

順位/馬名

1ステイゴールド
2マヤノトップガン
3ダンスインザダーク
4ハーツクライ
5シンボリクリスエス
6ジャングルポケット
7キングカメハメハ
8フジキセキ
9ミスキャスト
10マーベラスサンデー


2012年 総合(中央+地方) 1400メートル未満

順位/馬名

1サクラバクシンオー
2キングカメハメハ
3クロフネ
4サウスヴィグラス
5スウェプトオーヴァーボード
6ゴールドアリュール
7フレンチデピュティ
8フジキセキ
9ダイワメジャー
10ファスリエフ




さて、上記のデータの『芝』と『ダート』の違いをご覧下さい。
かなりランクインしている種牡馬が異なることがお分かりになると思います。

先述のようにディープインパクトがダートにはどこにもいません。
またステイゴールド、ハーツクライなども同様です。

逆にダートにしかランクインしていないのは、ゴールドアリュール。地方競馬のリーディングサイアーであるサウスヴィグラスなどがいます。

どちらもダート適性の産駒が極端に多く、私のようなダート馬好きは積極的に選んで行きたいですね。

最後に獲得賞金のランキングのデータをご覧下さい。


2012年 総合(中央+地方) 平地+障害 獲得賞金順

順位/馬名

1ディープインパクト
2キングカメハメハ
3ステイゴールド
4シンボリクリスエス
5クロフネ
6フジキセキ
7ダイワメジャー
8アグネスタキオン
9マンハッタンカフェ
10ゴールドアリュール




地方も含めたランキングですが、賞金順は結局、芝のレースの産駒が独占していることがわかります。
ダート2位のゴールドアリュールが賞金順では10位。
芝2位、ダート1位のキングカメハメハが二本柱で頑張っても、賞金順では、ほぼ芝オンリーのディープインパクトには敵わず2位となっています。

「ダート馬は長く活躍出来る」と言いますが、稼げる賞金は結局芝の馬には敵いません。
日本競馬はレース数では地方も含めるとダートが中心ですが、賞金はやはり芝が中心であり、だからこそ生産ビジネスも芝での活躍を見据えたものになっています。





ディープインパクト産駒が完全に日本競馬界の中心を制圧してしまいましたが、ランキングを見ると冒頭で述べたように、『短距離』、『長距離』、『ダート』では実は強さを発揮出来ておらず、同様にステイゴールドも『短距離』、『ダート』ではランクインしていません。

ディープインパクトの種付け料は1500万円と破格であり、一口馬主としては高額になるディープ産駒、そしてそれに次ぐ種付け料のステイゴールド産駒に出資して、同じ産駒同士で争うよりも、彼らを避けて、
『短距離』、『ダート』の”穴場”を主戦場とした方がコストパフォーマンスは良いことでしょう。(あくまで賞金のみで見た場合。)



また、ランキングを見るとキングカメハメハの『超万能』振りも目立ちます
先日の記事で「能力の最適化」について述べましたが、ここまで万能に力を発揮出来る種牡馬だと、どの能力に秀でてもロスが無く、調教師がその適性さえ見誤らなければ、”大ハズレ”の馬は少ないことでしょう。


逆に言うと血統で適性を絞りづらいので、調教師の見る目次第で潜在能力を発揮する距離、馬場を見出せずに終わる可能性があります。
キンカメ産駒については、上位の調教師など信頼出来る厩舎であることも考慮すべきかも知れません。




23:29:03
22日の中山10Rで行われた第58回有馬記念(3歳上オープン、GI、芝2500メートル、16頭立て、1着賞金=2億円)は、池添謙一騎手騎乗の1番人気オルフェーヴル(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が4コーナー先頭から直線で後続をぶっちぎり、圧巻の走りでラストランをVで締めくくり、見事に有終の美を飾った。タイムは2分32秒3(良)。

rac13122216060000-p4.jpg


こういうオカルトは始まる前に書き綴った方が楽しいのですが、「今年はダイユウサクの再現か!?」という話がありました。

ダイユウサクと言えば、1991年の有馬記念、単勝オッズ137.9倍という低い評価を覆し、大穴をあけてのレコード勝ち。
”世紀の一発屋”と呼ばれました。



なぜダイユウサクの名前が出てきたかと言うと、今年の有馬記念は3歳クラシックの連対馬が1頭も出走していません。
そのような事は1991年以来という珍事。

また行われた日が、いずれも冬至。





そして、単勝1.7倍の圧倒的人気を裏切り、ダイユウサクに敗れたのが・・・

メジロマックイーンなのです。

メジロマックイーンと言えば、オルフェーヴルの母父であり、ゴールドシップと共にステイゴールドとの
”黄金配合”で再び脚光を浴びている馬です。




「マックイーンの悪夢再び!」

オカルト予想としては、かなり刺激的なタイトルですよね。







で、誰が勝つのかとか、そういう細かいことは良いんです(笑)


一応、ダイユウサクと同じ馬番がラブリーデイでしたが、奇しくも同じ14番人気になりました。





しかしながら、結果はオルフェーヴルが大楽勝w
3着にはオルフェと同じく、母父にメジロマックイーンを持つ、ゴールドシップ。
そして4着のラブイズブーシェも母父がメジロマックイーン。


「マックイーンの悪夢再び!」

どころか

「マックイーンの逆襲!」

となりました。
ドリームジャーニー、オルフェーヴル、ゴールドシップらは種牡馬として今後、その血を後世に残すでしょうし、躍起になって牧場関係者がメジロマックイーンの牝馬にステイゴールドをつけていますから、今後もまた大物が生まれるかも知れません。



廃れたステイヤー、倒産したメジロ。そんな今の競馬界に舞い戻ったメジロマックイーンの血。
「メジロマックイーンの逆襲」を今後も見守りたいと思います。


【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6906万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………