競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2013/12«│ 2014/01| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/02
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:11:50
メレアグロスが宇治田原に放牧となりました。
これで3頭すべてが着外により放牧。
・・・寂しいなぁ。
スポンサーサイト

19:13:00
さて、今年もマル外(外国産馬)に出資してしまいました。
以前の記事で、マル外には関税と輸入費が掛かる為、割高であると述べました。

あるクラブを例にするとこれらの経費は900万円と設定されており、安い馬ほどこの経費が重くのしかかります。



え?じゃ、買うなよ・・・?
・・・い、いや、そうなんですけど、やっぱり私はマル外が好きなんです。
他のクラブでは手に入らない”一点物”ですし、90年代に競馬を始めた私にとって外国産馬というのは、一種の青春であり、神格化された特別な存在な気がしてしまうのです。




え?じゃ、勝手に買えばいいじゃん・・・?
・・・い、いや、それを言ったらおしまいなので、私がマル外に出資することを正当化(?)出来るよう、もう少しお付き合い下さい。




上記の「外国産馬は、神格化された特別な存在」は、もちろん気がしてしまうだけで、現在の日本競馬界において内国産馬と実力に違いはありません。

むしろ、独自の馬場に進化した日本に適応出来ない可能性や、内国産と比べて様々な不利な条件があり、手合てや出走可能レースの制限など、内国産よりもリスキーと言えます。






実際、統計を取っても近年のマル外の回収率は悪く、端的に言えば出資すべきではありません。
しかし、それでも出資するであれば為替レートが円高の時を狙ってみるのはどうでしょうか。

外国産馬はいわば輸入品であり、円高なら割安になるし、円安なら割高になります。

ノルマンディーで今年度募集のマル外はいずれもアメリカのセールでの購入ですから、現在、1ドルが約100円ですが、これがリーマンショック前のレートである約120円なら二割高くなります。


【米ドル/円 月足チャート】
candlechartwriter.gif


画像は10年分の値動きですが、90年代などを見てもおおよそ100円が下限であり、現在のレートもやや割安であるといえます。
こう考えると、マル外は円換算ではなくセリでの通貨で価格を見るべきですね。当然といえば当然ですが。




同様に昨年度募集されたマル外のアイリッシュギフトは、イギリスのセールで落札した馬。
2011年秋のポンド円のレートは125~130円であり、一番の底値でした。
(セリの通貨はギニーですが、便宜的に。)


【ポンド/円 月足チャート】
candlechartwriter01.gif


チャートで見ると、リーマンショック前の半額です。
これは買い時、いやむしろ買わないと損をしている感じがしませんか・・・?
(-ω☆)キラン

(とはいえ、走ってないからなぁ。出来ればアイリッシュギフトが勝ってからこういう記事を作りたかったです・・・。)



ということで、これからもマル外に、積極的に出資していきます!

・・・え?
円安になったら買うのを止めるのか・・・?

・・・。

え、円安になったら給料が少し上がって、損を相殺できるからいいんじゃないですか?(適当)



22:52:03
メレアグロス

1/25 中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 6着




う~ん、また同じパターンの負け方でした。
スタート良好から番手につけ、絶好の手応えで4角を回るも、なぜか直線では逆噴射級の鈍足。
今回は前回よりさらに着を落とし、ついに6着で初めて掲示板を外してしまいました。


今日のメンバーはメレアグロスの相手としては過去最弱でしたが、それでも同じ戦法を取ると同じ競馬・・・。
つまり相手との力関係以前に、やはり切れる足が全くないようです。
正直、今日の相手で掲示板を外すというのはあり得ないと思っていたので、ショックでした。


同じ競馬で同じ負け方。今回は掲示板も外していますし、戦略の改善が急務です。
恐らく放牧されると思われますが、次こそ決め打ちの逃げに出るなり、向こう上面でのペースアップなり、何かしらの手を施してほしいです。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
19:25:00
メレアグロス
1/25(土)中京1R 3歳未勝利 ダ1800m 松山騎手 56kg





さて、前走の初ダートでの敗戦を受け、私個人の見解として、この馬の適性がどこにあるのか分からなくなっていましたが、騎乗したルメール騎手は

「スムーズな競馬が出来たけど、直線追い出すと加速しなくて、ワンペースで走る感じに…。距離自体は問題無いし、芝、ダートならダートの方が良いと思うんだけど。」


とコメントしており、やはりダートの方が最適のようです。
今回もダートでの続戦となりました。

が、現段階ではどちらも力は出せるようですし、芝もダートも問わないと見て良いでしょう。


メレアグロスには、”決め手不足”という欠点はあるものの、中距離で馬場を問わないという点は今後武器となります。

使える番組の幅がかなり広がるので、ローカルと両にらみで、頭数が少なかったり、弱いメンバーのレースを狙っていくという空き巣戦法が取りやすくなります。




今回も中京の芝とダート、京都のダートが2鞍と選べるレースが多くありました。
当初の想定では京都のダートという発表でしたが、頭数が増えたことを受けてか、現在11頭しか登録の無い中京へと変更されました。

松山騎手を確保し、これで決定でしょうか。


中京で初の左回り。新たな一面を見せてくれると良いのですが。
また「ワンペースの馬」という指摘が騎手や先生からあることから、そろそろ逃げる展開も見られるかも知れません。

着順は4-4-5ときており、4戦目の今度こそ馬券圏内、そしてあわよくば勝利を祈っています。



Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
13:31:43
ノルマンディーOC初年度の馬達の不調が続いています。
昨年夏に20頭のうちの2頭が勝ち上がり、順調な滑り出しでしたが、その後は勝ち鞍なく現在に至っています。

勝利とはいかずとも「惜しいレース」というのがしばしばあるならば、まだ期待感が出るのですが、軒並み話にならない『二桁着順』の常連となってしまっています。

満口となった2頭、ウオッカの弟・ラテラルアーク、新種牡馬マツリダゴッホの期待馬・アペルトゥーラも共に二桁着順。


勝ち上がった2頭、イオラニとシュヴァリエも近走成績を見ると2勝目は簡単ではなさそうです。
また怪我をして稼働出来ない馬も多く、数多く出走して細かく稼いでいくことすら、かなっていません。







さらに同グループのレックススタッドでけい養されており、昨年、初年度産駒がデビューしたマツリダゴッホの勢いも徐々に衰えて来ています。

岡田スタッドの生産馬、ノルマンディー募集馬におけるマツリダゴッホ産駒の割合は高く、2013年の生産馬・・・つまり今年の夏に募集される予定の1歳馬もマツリダゴッホは大変多い為、もしもゴッホの種牡馬成績が不振となった場合、相当のダメージとなります。


そういう意味では、現3歳のヴィンセンツイヤー、アペルトゥーラ、ゾネブルムは初年度の中でも、とても重要な役割を担っている3頭だと思うのですが、いずれもすぐに勝ち上がる態勢とはなっていません。




正直、目も当てられない状況です。
年が明けてそろそろ結果が求められる頃であり、この状況を不安に思うのは皆さん同じのようで会員達の雰囲気にもネガティブが増えています。







岡田牧雄さんが年末の懇親会で、募集馬の結果が出ない現状について「クラブの認可が下りるのが予想外に早くて、初年度の募集馬に関しては時間が無かった。」と述べていました。

その発言の真意は定かではありませんが「”当たり”と思われる馬の行き先が既に決まっていて、クラブ募集馬に”当たり”を入れられなかった。」
という意味だったら、かなり怖いな・・・と思っています。

意図したことではないにしろ同じ岡田スタッド生産のレックスの馬達はしっかり走っているのが、またなんとも言えない会員達のフラストレーションとなっています。











具体名は挙げませんが、一口馬主で今後淘汰される可能性があると見ているクラブがいくつか思いつきますが、ノルマンディーOCが、もしもこのペースのままで勝ち上がりが僅かとなった場合、初年度の成績は『淘汰されるクラブのレベル』となってしまいます。

ノルマンディーOCは月会費、牧場での維持費はかなり安価であり、JRA源泉税の還付金も出資者に分配されますし、優勝時の賞品も分配の対象、ポイントや早期の割引など、とにかくコストは安いです。

ですから比較するクラブにもよりますが、(特に還付金などで)実際の募集額よりも1割、2割ほど安い額と考えることもできるわけで、これで中堅クラブと対等に戦えれば、総合的にはかなり優秀ですし、そこが目標だなと思っていました。







クラブのサービスも会員達の希望に出来る限り応えようと、とても良く頑張ってくれており、あとは馬達さえそこそこに走ってくれれば、『良いクラブ』として軌道に乗るはずです。


今、現役で走っている馬に関して何か改善をと言っても中々難しいのだとは思いますが、実質的トップの岡田牧雄さんには、雑誌のインタビューなどもそこそこに、現役馬の方針など「物言う馬主」としてテコ入れに力を注いで欲しいと思います。

がんばれ!ノルマンディーオーナーズクラブ!
(`・ω・´)






【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・準オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………