競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2015/07«│ 2015/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/09
00:34:41
2015年8月30日(日)
5R メイクデビュー小倉   芝1800m

ストロングタイタン 

1着(1番人気1.7倍)  

20150830-00000000-kiba-000-1-view.jpg

30日、小倉競馬場5Rで新馬戦(2歳・芝1800m・8頭)が行われ、好位でレースを進め、3~4コーナーで2番手に上がった浜中俊騎手騎乗の1番人気ストロングタイタン(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)が、直線で逃げ粘る2番人気リッチーリッチー(牡2、栗東・友道康夫厩舎)を捕らえ、これに1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒5(良)。
netkeiba.com より




タイタン( ゚∀゚ )キターーー!!!

20140510003124.jpg

前期出資の中でストロングタイタンとセカンドエフォートは、募集金額4000万円と私の歴代出資馬で最も高額。
ソシャゲでいう「課金した」と言える馬達。
その一頭が見事に新馬勝ちし、ホッとしました。

レース前の記事で述べたように、父・リーガルランサムは本年度が産駒デビューの海外の種牡馬で、現役時G2を二つ勝ったのみの微妙な血統。



もちろん、日本での産駒出走はこれが初で、馬場適性、能力共にハッキリ言って未知数でした。
大外れする可能性におびえながらも、醸し出す大物感に出資を決めたという経緯であり、どうなるのか不安な点も含めてとても注目していた一戦でした。

今日のレースでは4角で肩ムチで気合を付けると、ほぼ持ったままで楽勝という結果にはとても満足ですし、ある程度見立てが間違っていなかったことに安堵しました。






パドックで見る限り、まだまだ緩い体で仕上がりは先になりそう。
しかし、父や姉の戦績は早熟であり、早めにさらなる結果を出して欲しいです。


だとすると、この馬が最も高いパフォーマンスを発揮できる馬場・距離適性を解明したい所ですが、今日の結果を見るとなんとも難しいですね。

私が不安視していた距離も楽々こなしてしまいましたが、今日はメンバー的に力が違いすぎましたし、体型からはディスタンスはさすがに無理がありそうですし、クラスが上がれば2000mの芝ではスタミナも切れ味も劣り不利になりそうです。

・・・あ、池江先生、「1800mは長い」とか生意気言って
サーセンした・・・(´・ω・`)ヘヘッ





芝かダートの話は、正直どちらが最適かは分からなくなりました。
というのも、これも直近の記事で述べたように、体型が良い方向にドンドン変化しているので、印象が大分変わっています。


まあ、2歳のうちはこの後も芝を走って勝てば、朝日杯を目指すでしょうし、負ければ全日本2歳優駿を目指すでしょうから路線を決めるのはまだ先ですし、適性の話は少し保留でよいのかも知れません。





池江先生からはレース後「(流す様は)ボルトの予選のようなもの。」と余裕たっぷりのコメントも出て、2歳戦線での活躍を期待してしまいます。

ひとまず放牧に出るようですが、先生のコメント通り、あのレース振りではダメージは少なそうですし、そんなに間隔を空けずに2戦目に臨むと思われます。



スポンサーサイト

19:55:21
マル外のストロングタイタンが小倉の芝1800mの新馬でデビュー予定です。
入厩からしばらくは、時計も冴えない印象でしたが、最終追い切りは雨で渋った栗東の坂路で初めて一杯に追って、
53.0 38.4 24.5 12.1
と、完全に仕上がった模様。


出資時の見解の通り、スプリンターならばこの位やって欲しいなと思いますが、今年春ごろの画像では近況で述べたように胴周りが伸びてスッキリと垢抜け、マイルまでは許容範囲かと認識を改めました。






しかしながら、初戦は芝でしかも1800m。
これも出資時に述べましたが、ダート血統ながら素軽さから芝はこなしてくれると思います。
ただ、1800mをいきなり試すのはちょっと不安があります。


池江厩舎であることを踏まえると、確実に勝っていかないと早くに厩舎内の序列が決まり、後回しにされかねません。
幸いメンバーはパッと見ではあまり強力では無いと思いますし、初戦からの勝利を期待しています。


また、本番で騎乗する浜中騎手は「中距離が良さそう」とのこと。
トレセンでの様子を写した画像を見ると、確かに幅が薄くなってさらにスラリと見えます。
体型がドンドン良い方に変化していくのは、うれしい誤算です。

というのも、野暮ったさを承知でこの馬を気に入っていたものですから、その短所というか不安点が綺麗さっぱりと解消したことで、私の期待はさらに高まります。






良くなるのはもっと後かなと思っていたので、夏の小倉に間に合ったのはしがらき、厩舎に感謝です。
そして今思うと、ゲート後の放牧は適切な処置だったと思います。


リスクも承知の上でマル外好きの私が、大物感もありつつ、マル外の新種牡馬産駒だけに成功・失敗のブレ幅が大きい”リスク選好型の馬”と位置付けて出資したストロングタイタン。

とは言いながらもこの馬が「全然ダメ」という事態になると、今後のマル外出資に躊躇せざるを得ませんから、是非頑張って欲しいです。



16:16:10
久々にリアルタイム観戦でしたが、良い結果となりました。
クロニクルスカイが札幌メインで3着。

今回は1000万下でもシャンパーニュなどトップクラスが揃い、1000万下条件では掲示板に載ったことの無いクロニクルスカイには厳しい相手というのが戦前の予想。
松元先生のコメントからも自信が無かったようで、実際9番人気と低い評価。


しかし、私が以前から再三にわたり述べているように、初参戦ながら、この馬の洋芝適性と夏に強い体質、そして長距離戦、血統、栗東での調教時計などを考えれば、3着は充分考え得る結果であったでしょう。
松田騎手もほぼ完璧に乗ってくれました。



この後は、中1週で札幌最終週の日高特別(芝2000m)に行くのか、中3週の阪神開催あたりが有望でしょうか。
個人的には2000mは下限距離と見ていますが、洋芝ならまた勝負にはなるのではと見ています。

日程的に同じようなメンバーになることも考えられ、それはそれでまた厳しい戦いでしょうが、この馬にとって”夏は稼ぎ時”であることは間違いないかと思います。





一方グランノーヴァは、案の定惨敗。
数々の課題が一切解決できておらず、残念ですが妥当な結果。

そもそも距離が長いですし、あれだけ出が悪く、さらには砂被りを嫌がるとくれば、最後のスーパー未勝利は全く別条件にして欲しいです。



12:38:05
再度の昇級となったクロニクルスカイは明日の札幌メイン・札幌日刊スポーツ杯に出走です。
メンバーは1000万下クラスでもかなり上位陣となり、前走とはまるでレベルが違います。

松元先生も「一度も掲示板に載ったことが無いし、玉砕覚悟」とかなり弱気。
しかし、私の見解としては、札幌の小回り・洋芝・2600m・マンハッタンカフェ産駒・真夏・栗東坂路で猛時計・・・などなど、この馬の最適条件がかなり揃ったと見ており、初めての掲示板も射程圏内だと思っています。
もちろんあわよくば1発を!


大体「一度も掲示板に載ったことが無い。」と先生はいいますが、この馬の場合、未勝利戦も500万下でも掲示板に載ったことが無いですから(笑)

17走して、1着以外は全て6着以下という元々玉砕人生ですから、松田騎手には思いっきり乗って欲しいです。





一方、崖っぷちのグランノーヴァは再度内田騎手で2戦目に臨みます。
課題が多すぎて正直、一か八かなレースにしかなりませんが、なんとか頑張って下さい。



21:18:09
本日の金沢で行われた地方交流戦(500万下)・金沢城賞(ダート1500m)に出走したディスティンダリア(吉原騎手)は惜しくも2着でした。

発走直前はキョロキョロとよそ見をするのでスタートを心配しましたが、五分で出ると笠松の交流戦で勝利を収めた時と同じく、逃げの戦法にてレースを進めます。

3角あたりから勝ち馬と競り合い続け、勝負根性を見せましたが、ラスト100mで交わされると半馬身差届かずの2着。
勝ち馬モアザンイナフは前走、ノルマンディーOCのピッツネイルの2着になった馬。
ピッツネイルは牝馬ながら地方交流で3勝を上げる『地方の鬼』で、その先輩に一歩近づけたでしょうか。




尚、ディスティンダリアの出馬表を見ると、なんとサマーウインドの名前が。
いわずと知れたJBCスプリントの勝ち馬。れっきとしたG1馬です。
恐らく種牡馬としてのオファーが無いからだとは思いますが、10歳になっても走り続けていたとは知りませんでした。

そして、金沢の500万下級にいたことには、やや複雑な気持ちです。
衰えは誰の目にも明らかですし、現クラスで負け続けるのを見るのは嫌だというファンの気持ちもわかる一方、衰えてもコンスタントに走り続け、ファンにその姿を見せる素晴らしさも理解出来ます。


タイキシャトルの後継として、安価でも種牡馬入り出来ないものでしょうか・・・。


【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6906万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………