競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2015/11«│ 2015/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2016/01
19:32:42
JRAの年間売り上げが前年比で+3.6%と好調でした。
2011年に底を打って、これで4年連続の売り上げ増。

この要因はどこにあるのでしょうか。
JRAの頑張りというのは最近よく感じます。

これは特に街中でのイベントやPR活動。
メディアに触れる機会が増えれば、レースに注目する人も増えるのは当然です。





しかしながら、JRAの売り上げは景気に大きく左右されるというのは以前から言われていることです。

実際、売り上げが最大になった1997年は、サラリーマンの実質賃金も最大になった年です。
また、リーマンショックの影響でサラリーマンの実質賃金が大きく下がった2009年は、売り上げも大きく落ち込みました。

売り上げが最も落ち込んだのは前述の通り2011年ですが、これは東日本大震災の影響で開催日そのものが減っている為と思われます。



つまり、JRAの売り上げはサラリーマンの賃金と比例するということです。
”若者のギャンブル離れ”、”若者の車離れ”など消費しない若者を憂うのは的外れで、実際には”若者の賃金離れ”、もしくは”賃金上昇離れ”(貯蓄志向)が原因ということです。







またレジャーの多様化により、若年層の消費スタイルも幅広くなり、これまでと同様のやり方でこれまでの売り上げを維持するのは不可能に違いありません。

その一角がアイドル・アニメ関連のCDやグッズに消費する”オタク”。
そして、携帯電話ゲームに大量課金する”ガチ勢”などです。

これらは従来のCD購入者層、ゲーム愛好家層の購買力を遥かに上回る為、CDの売り上げランキングは男女のアイドル達で溢れ、ゲームも国民的なRPGまでもがソフトを売るのではなく、アイテムをリアルマネーで購入させる課金システムを採用するに至りました。






JRAもライトユーザーを迎える為に、コンビニで”課金”する(シリアルナンバーの書いたカードを買う事)システムを導入しても良いのでは。

従来のように銀行口座を登録するというのが足枷になっているのは間違いないので、コンビニ課金と携帯電話のネットワークで解決出来れば、新規獲得に役立つはず。

・・・払い戻しをどうするのかが問題なんですけどね。
まあ「お金あげるよ。」と言えば、銀行口座を皆登録するでしょうから、的中した分を精算する際に・・・つまり事後の登録にするのもいいかも知れませんが。






先日、久々にウインズに行ったのですが、あれはもうダメですね。
客層といい、雰囲気といい、あそこにライトユーザーをそれこそG1開催日来させたら、もう二度と来ませんし、馬券も買いませんよ。

あの場所は新しい物を受け入れることが出来ない先人達の為だけの物で、多分JRAもあそこに新規層を呼ぼうとは思っていないでしょう。

だから尚更、「ネット販売のライト化。」で釣って、「競馬場に来させる。」
この流れがファン固定化の重要点です。




特に日本人は季節イベントで周りが騒げば、それに釣られる集団心理が強いですから、いつの間にか小売り店の術中にはまって、恵方巻やらハロウィンなどの馴染みの無いイベントが日本中で恒例になりつつあります。

有馬記念の売り上げが突出して大きいのも年の瀬のイベントとして定着しているからであり、近年力を入れているPR活動がそこをさらに盛り上げることが出来ると良いのですが。



競馬人気が賃金に比例することは事実ですが、これからの時代それすら危うくなります。
しかし、未だ潤沢な資金を持つJRAならやり方次第で、まだまだ競馬人気を盛り返すことも可能なはずです。
いつかのJRAのCMソングでは無いですが、競馬が『100年続きますように・・・。』と願っています。



スポンサーサイト

10:21:05

29日、大井競馬場で第61回東京大賞典(GI・3歳上・ダ2000m・1着賞金8000万円)が行われ、中団でレースを進めた大野拓弥騎手騎乗の3番人気サウンドトゥルー(セ5、美浦・高木登厩舎)が、直線で外から脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出した1番人気ホッコータルマエ(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)を捕らえ、これに1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分3秒0(良)。

 さらに6馬身差の3着には、これで引退となる6番人気ワンダーアキュート(牡9、栗東・佐藤正雄厩舎)が入った。なお、道中逃げた2番人気コパノリッキー(牡5、栗東・村山明厩舎)はワンダーアキュートとクビ差の4着に終わった。

 勝ったサウンドトゥルーは、父フレンチデピュティ、母キョウエイトルース、その父フジキセキという血統。本レース連覇の王者ホッコータルマエを見事に下し、初めてのGI制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆サウンドトゥルー(セ5)
騎手:大野拓弥
厩舎:美浦・高木登
父:フレンチデピュティ
母:キョウエイトルース
母父:フジキセキ
馬主:山田弘
生産者:岡田スタッド
通算成績:32戦8勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2015年日本テレビ盃(GII)

【大野拓弥騎手のコメント】
 一戦一戦強くなっていて、(年間)最後の東京大賞典を勝って締めくくれて良かったです。
 (道中は)展開は向いていると思っていましたが、思ったよりペースが速くて追走に苦労しました。手応えも十分ではなかったのですが、気合いをつけると食らいついていく姿勢を見せてくれましたので、いけるかなと思いました。相手(ホッコータルマエ)もさすがにGIを何勝もしている馬だけに接戦になりましたが、勝てて良かったです。



NNV3Y58R.jpg


岡田スタッド生産のサウンドトゥルーが、ホッコータルマエとコパノリッキーの2強チャンピオンを破り、ついにG1奪取に成功しました。

この馬の戦績を見て頂くとわかるように、実に堅実に賞金を稼いで来ました。

サウンドトゥルー 戦績

32戦して、掲示板を外したのは4戦のみ。
また、8着以下はゼロの奨励金圏内100%であり、常に賞金をくわえて帰って来ることからも、馬自身の競馬に前向きで真面目に走る性格の良さが窺えます。






また今年の出走回数は11走というタフネスで、頑健さと実力を兼ね備えている、正にパーフェクトな馬主孝行馬です。
これこそ、岡田牧雄氏がノルマンディーOC設立時にも掲げた「年10数を目標に多く使って、確実に賞金を稼いでいく」スタイルであり、それを体現出来た馬です。


というのも、ただ頑丈なだけで常に下位着順を繰り返すようでは、今のJRAのシステムでは除外となり、コンスタントな出走は不可能です。

そして、上記の通り、馬が気分屋でちょっとしたことで走る気を失くしたり、興奮してバテたり等、気性の悪さや悪癖で成績が安定しない馬は多いですが、サウンドトゥルーに関しては成績が示す通り、頭が下がる頑張り屋です。







ノルマンディーOCでも早く、こんな馬が生まれて来ると良いのですが。
サウンドトゥルーの弟であるキョウエイトルースの12(ルールソヴァール)とキョウエイトルースの14の2頭にもその期待が掛かります。


実際、キョウエイトルースの12は12年産世代の中でも、是非出資したかった馬でしたが、40口ということで手が出ず。
現3歳で1000万下クラスまで上がりましたし、この後の活躍も楽しみであると同時に、活躍する程40口であることが悔やまれます。





この辺りが岡田スタッドの活躍がそのままノルマンディーOCの(出資出来る対象馬の)活躍に直結するかどうか、やや疑わしい所なのです。

ノルマンディーOCは低コストをウリにしていますが、貧乏一口馬主は求めていないということで、岡田牧雄氏の著書内で
「一口クラブのラフィアン設立時の誘いに、自分は大勢の会員を相手にするのは苦手だから断った。」
という内容の記載があり、本質的には馬主権利を持つLEXや半持ちなどに力を注ぎたいのかも知れません。




実際に活躍馬が、ノルマンディーOC > LEX となれば、そちらの馬主達からは「こちらの方が高い金を出しているのに!」と憤怒することでしょうし、募集時の割り振りでも「どうして~の子を今年はあちらに回したのか。」と不満は出るはずです。


それらを考えると、1頭突出して強い馬がノルマンディーOCで募集されることは期待しつつも、平均的・総合的な活躍が
LEX > ノルマンディーOC の図式であることは、現状変わることは無いと思います。





・・・そんな不満に応えてかキョウエイトルースの14は400口で募集してくれましたが、兄たちとは全く異質なものであり、全然ダメということはまず無いでしょうが、個人的には「これじゃない感」でした。

うん・・・こんなワガママにはクラブも付き合ってられないですよね、分かります(笑)
ということで、ノルマンディーはこのままで良いと思います。
(-д-;)


21:03:52
有馬記念は馬連とワイドが的中しました。
◎本命としたサウンズオブアースが2着になったことで、



・サウンズオブアース
・ゴールドアクター

ワイド1点




◎サウンズオブアース

馬連 ◎軸他に挙げた全馬  8点




の2つが的中となりました。

ワイドは17.6倍
馬連は68.4倍

の高配当。


予想の記事は コチラ



今年は日本ダービーと有馬記念の2レースのみ予想の記事を作りましたが、どちらも的中しましたし、一口モチベーションの低下もありますから、カンフル剤として予想にも力を入れるか検討中です。
・・・でも、毎週の義務感が怠いからやってなかったわけで、う~ん。どうしますかね。



22:16:00
土曜 阪神 2R  2歳未勝利 (ダート1400m)

セカンドエフォート

4番人気 / 1着



20120525_04.jpg



セカンド勝利キター( =・ω・)ノ゙ キター!




セカンドエフォートが4戦目にして未勝利勝ちです。
新馬は芝、2、3戦目がダート1800mで今一つ。
そして今日は距離短縮をしての一戦でした。

これで全然前進が無ければ、まずいなと思っていたので、勝てて良かったです。
個人的には調教もイマイチ、パドックは今ひとつに見えただけにそれで勝てたのは、萎んだ期待がまた戻ります。





レースは出負け気味に中団で待機。
先行争いが激戦になる中、やや押し気味でポジションを上げ、4角で先頭集団3頭に並び掛けます。

そこからは楽に交わしてセーフティリードかと思われた時、15番人気(単勝220倍台)の最後方待機の馬が強襲。
危うく交わされる所でゴール。

なんとか先頭を守りました。





前が崩れた展開の助けもありましたが、やはりルメール騎手の進言通り、この位の距離が良いということでしょうか。
これは見誤りました。
私はこの馬は1800~2000m以上が良いと考えていただけに、意外な結果です。




ただ、理由を考えると、馬体的にはスプリンターという感触は無いですし、気性的にあまり緩いペースを好まないからなのかも知れません。

そういう意味では、なんとかマイルはもたせてくれないと先々困ります。
今後も良い騎手の確保としがらきの教育でそこは克服してくれるはずです。







そういえば、11月に目標として掲げ、ブログのトップにも載せた

「年内にノルマンディー勢で1勝、シルク勢で1勝」

を達成しました。
良かった、良かった。



ルグランパントルの骨折と、ソーディヴァインの頓挫で、来年初は稼働率が下がりそうですし、先週に引き続きの勝利を挙げられたことはそれを相殺出来ます。



また、私にとってシルク初年度となる現2歳勢、4頭のうちデビューした3頭が全馬2歳のうちに勝ち上がれたことは大変満足しています。

どの馬もクラシック向きでは無いので、堅実に賞金を稼いで来て欲しいです。










今週もう1頭の出走のクロニクルスカイは10着。
強力なメンツでしたから仕方ありません。

乗った勝浦騎手からは「トビが大きいので稍重の馬場が合わない」とのこと。


・・・う~ん。この馬は稍重の馬場で2勝挙げているんですが、それは・・・。
少なくとも渋った馬場が大きなマイナスになっているということは、まず考えられません。



「切れる脚が無いのでヨーイドンは向かない。スタミナは豊富」というコメントも、出資者の私に言わせれば、
「そんなことは、2年前から既に知ってる。」です。
今更そんなこと言われても・・・。





なら捲るか、緩いうちに位置を挙げる必要があるわけで、しかしながら、そういう流れを大きく変えるリスクを犯さない、ロスが生まれるのを嫌う騎手が多い・・・

だからそもそも先行する必要があるというのが私の結論なのですが、どうしてこういう”時間の無駄”を延々繰り返すんでしょうね。




事前に述べたように力関係を考えれば、今日は着順は何でも構いません。

こういう機会にベストなレースはどういう形かを模索すべきなわけで、果たして一体何がしたかったのか・・・。

瞬発力勝負の”負けパターン”に寄せてどうするんでしょうね?
”勝ちパターン”である、スタミナに物言わせた先行かマクリ有り気で、そこから精査していくべきだと私は思うんですけどね。

相変わらずプロの考えることは分からないです。





20:02:37
さて、有馬記念くらいは予想をしようかな~。
まずはG1でのみ有効な騎手馬券


スプリンターズS

戸崎
横山典
四位


秋華賞

浜中
デムーロ



菊花賞

北村宏
福永
ルメール


天皇賞秋

浜中
戸崎
蛯名


エリザベス女王杯

蛯名
岩田
ルメール


マイルCS

ムーア
デムーロ
蛯名


ジャパンカップ

池添
ムーア
川田


チャンピオンズC

デムーロ(11番人気)
ルメール
大野


阪神JF

ルメール(1番人気)
松岡
岩田


朝日杯

デムーロ(2番人気)
武豊
中谷




・・・ということで、ムーア神を除くと、デムーロ、ルメール、浜中、蛯名、岩田あたりが活躍していますね。


【騎手買い馬券】


・サウンズオブアース(デムーロ)
・リアファル(ルメール)
・ワンアンドオンリー(浜中)
・マリアライト(蛯名)
・アドマイヤデウス(岩田)


馬連 5点ボックス 





あとは競馬ブックの馬体を見て良かった馬

【馬体買い馬券】

・サウンズオブアース
・ゴールドアクター


ワイド1点



そして、最終追い切りで気になった馬


【調教買い馬券】


・キタサンブラック
・ラストインパクト
・ゴールドシップ

馬連 3点ボックス





総合して追加は・・・

◎サウンズオブアース



馬連 ◎軸他に挙げた全馬  8点






おまけでサイン馬券の考察



世相を反映すると言われる有馬記念は『サイン厨』の大好物(笑)

ラグビー五郎丸選手がプレゼンターに訪れたジャパンカップでは、彼の背番号15、そして、日本代表のユニフォームカラーである赤と白の勝負服ショウナンパンドラが見事に勝つという、サイン実現で盛り上がりましたが(サイン厨の集う店限定)、有馬記念はどうなるでしょうか。




今年あった主な出来事から連想。



1:ラグビー日本代表がジャイアントキリング。五郎丸歩の活躍。

ゴールドシップ・・・五郎丸と同じ15番。そして日本代表ユニフォームカラーと同じ赤と白の勝負服。つまりジャパンカップと同じサインの使いまわしですw



2:大雨で鬼怒川決壊

サウンズオブアース・・・地球の鼓動、大自然の驚異です。
ラストインパクト・・・鬼怒川→絹→シルク→シルクレースホース。



3:フランスでのテロ

ヒットザターゲット・・・テロの標的。
リアファル・・・フランス人ルメール騎乗。



ということで・・・


【サイン馬券】



ゴールドシップ
サウンズオブアース
ラストインパクト
ヒットザターゲット
リアファル


馬連 5頭ボックス







これだけ買えば、当たるだろ・・・




【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6906万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………