補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2016/01«│ 2016/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 »2016/03
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:16:54
日本の競馬では日々レコードタイムの更新が繰り返されています。
これは競馬ファンなら周知の事実のように、馬の力が上がったというよりもJRAが用意した『高速馬場』が要因と思われます。


クッションが効いて凹凸が無く、走り易い馬場を実現した為です。
念のために言っておきますが、高速馬場が馬を壊すというのは根拠はありません。
(下の記事を参照)

”高速馬場でスピードが上がっても骨折の数、リスクは変わらない”



現在1600mの世界レコードを持っているのがレオアクティブと聞いて、レオアクティブを世界競馬史上最強のマイラーだという人はいないでしょう。


つまり、レコードタイムの更新は「サラブレッドが進化した」わけではなく、単なる人為的な馬場の改良によるものであり、つまりは科学技術の向上によって環境が変わっただけというわけです。




もちろん2000年代までの日本の競馬は欧米からの種牡馬、繁殖牝馬の導入で、飛躍的に馬自身のレベルが上がったのも事実です。

ただ、これは日本に根付く血統の馬達の力が上がったと言えるのでしょうか?





以前に述べたように、”日本近代競馬の結晶”こと、ディープインパクトは日本で生を受けましたが、その父サンデーサイレンスはアメリカの血統でアメリカが作った馬です。
そして、ディープの母ウインドインハーヘアも米英の血統で、アイルランドで生まれ、その後、繁殖として日本に来ました。



これのどこが日本近代競馬の結晶なのでしょうか?

言ってみれば、父はアメリカで育った黒人で、日本に帰化した。
母はアイルランドで育った白人で、日本に帰化した。

そんな二人が結ばれて生まれた子供がオリンピックの100mファイナリストになって
「どうだ、見たか。これが日本男児の大和魂!」とは言えないでしょう。





つまり、上記で私が述べた
「馬自身のレベルが上がった」というのは、既存の血統が進化したわけではなく、単に

「元々世界に存在している優れた血統に上書きされ、淘汰しただけ。」

ということです

地球の歴史で言えば、外来生物が攻めて来て現地生物を滅ぼして、メスは運が良い者は一部子孫繁栄の為に取り込まれた・・・そんな所でしょうか。





ただ、体型については『高速馬場への適応』という変化は感じます。

進化では無く、変化。
高速馬場への適応=体型・骨格の変化・・・これを進化と言え無い事も無いのですが、一種のトレンド(流行り)に対応しただけとも言えます。

色々な種牡馬、血統がいる中で、トレンドに当てはまった馬達が活躍し、スポットライトが当たっているだけという解釈です。
この辺りの微妙な表現にこだわっても仕方ありませんが・・・。








これは何も、サラブレッドだけに限った話ではありません。

有名なスピーチイベント、TEDでデイヴィッド・エプスタインは、
「過去数十年のスポーツでの実績を見ると、まるで人間のあらゆる運動能力が進化して来たかのような印象を受けるが、人に本来備わる能力の発達はそのほんの一部のみなのだ。」
と述べています。


その根拠として、1936年ベルリンオリンピックで4冠を獲得したジェシー・オーエンス(100mの記録10秒3)と、100mの世界記録である9秒58(2009年)を持つウサインボルトの比較について、こう述べています。


ウサイン・ボルトは、スターティングブロックから蹴り出し、走者が人類に可能な限り速く走る事ができるように、特別に作られた敷物の上を走りました。

一方でジェシー・オーエンスはスターティングブロックの代わりにスタートラインに穴を掘り、コークスを敷き詰めたシンダートラック上を走り、そのソフトな表面は遥かに多くのエネルギーを脚から吸収してしまいました。

オーエンスの関節が動く速度を生体力学的に分析するとボルトが走った時と同じ舗装上を走っていれば、わずか一歩の差でボルトの直後を走っていたことになります。

トラックの舗装技術次第で、これだけの差が出るのです。





他の競技についても同様で、例えば水泳の100m競技のレコードタイムを調べると、ある時期に飛躍的に記録が速くなった事に言及しています。

その時期を調べると、まず一回転するフリップターンの導入の際。(一度静止するエネルギーロスが飛躍的に減った。)
そしてプール水面近くに排水溝が設置された際。(水面の波が起こらず、エネルギーロスが減った。)
最後は記憶に新しいレーザーレーサー等の新型水着が開発された際。(摩擦抵抗を減らしエネルギーロスが減った。)


つまり、人類の進化では無く、道具や環境の変化が主だということです






短距離競技のみならず、長距離でもこれは同じで自転車で1時間にどれだけ走れるかを競う競技では1972年に49キロだった記録は、1996年には56キロにまで伸びました。

が、2000年に国際自転車競技連合が自転車の性能を当時と同じ条件に定めた所、現在の記録は1972年の記録からわずか269m伸びたのみとなりました。


記録は人間の進化ではなく、自転車の性能が上がっただけだったということです。

我々は世界新記録が出る度、人類の進化だと歓喜し、その勝者を称えていますが、実際には周りの環境や道具が進化しただけの虚構なのです。







競馬の話に戻します。
アメリカのケンタッキーダービーの走破タイムをご存じでしょうか。

アメリカの競馬は日本や欧州と違い、テンから飛ばしてバテた馬が脱落。
最後に残った馬が一番強いというハイペースの真っ向勝負を好みます。

その為、スタミナを残すことなく全力を尽くすレースが多いように感じます。
日本や欧州の競馬と比べて、タイムの比較がそのまま行えるのではないでしょうか。




ケンタッキーダービー 勝ち時計

2015年 アメリカンファラオ・・・2分3秒2。
2008年 ビッグブラウン・・・2分1秒8
2004年 スマーティジョーンズ・・・2分4秒6
2001年 モナーコス・・・1分59秒9
2000年 フサイチペガサス・・・2分1秒1

1989年 サンデーサイレンス・・・2分5秒2
1979年 スペクタキュラービッド・・・2分2秒2
1978年 アファームド・・・2分1秒2
1977年 シアトルスルー・・・2分2秒2
1973年 セクレタリアト・・・1分59秒4(レコード)

1964年 ノーザンダンサー・・・2分0秒0
1943年 カウントフリート・・・2分4秒0
1937年 ウォーアドミラル・・・2分3秒2
1931年 トゥエンティグランド・・・2分1秒8
1915年 リグレット・・・2分5秒4






ここまでほとんどタイムの進歩は見られません。
2015年と100年前の1915年を比べて僅か2秒の差。
全ての年を見れば、ゆるやかに速くなっているのですが、ピックアップすると僅かな物なのです。


サラブレッドは優生学の権化とも言え、速く走ることだけを追い求めて延々と品種改良を繰り返しています。
競走馬として生まれたサラブレッド全体の平均寿命(と殺含む生命を終える時間)は4年。
恐ろしいまでに短いサイクルで淘汰を繰り返しても、縮めた時計はこの程度なのです。






だとすれば、スポーツが出来ないからと言ってと殺もされないし、寿命も長い人間ごときが僅か数十年、つまりは1世代程度で根本的な肉体の進化など出来るわけがなく、上で紹介したデイヴィッド・エプスタインの話の通り、ほんのわずか進歩したのみであることが分かると思います。





日本競馬も血が塗り替えられ、日本の陸上界に例えるなら黒人とのハーフが大会の上位を全て占めているような状態になりつつあります。

これはサンデーサイレンス(黒人)の血が入っていれば、それで勝てる時代・・・が徐々に終わろうとしていることを示しています。
「4代続くダービー馬はいない」という格言通り、サンデーサイレンスが飽和した後の日本競馬はどのような血を求めるのでしょうか。

「日本のサラブレッドの進化」とはその飽和の時を過ぎても尚、成長を続けた時、ようやく実現出来たと言える事なのかも知れません。


スポンサーサイト

20:54:31
先週のフェブラリーSを勝ったモーニン、そして朝日杯を勝ったアジアエクスプレスなどを輩出し、俄然注目を浴びる種牡馬ヘニーヒューズ。

現在の出走頭数14頭でG1馬2頭。重賞馬は4頭。
勝馬率は7割。

異常とも言える数値を叩きだしています。




【ヘニーヒューズ(Henny Hughes)】

父ヘネシー 母メドウフライヤー(母父Meadowlake)
2016年度Fee:300万円(受胎条件)
2015年度Fee:300万円(受胎条件)
2014年度Fee:180万円(受胎条件)
2015年度種付頭数:168頭(2014年度:191頭)
競走成績:10戦6勝(G1-キングズビショップSなど重賞4勝)
種牡馬成績:2007年より米国で種牡馬入り。2014年より本邦で供用スタート。
代表産駒:アジアエクスプレス(G1-朝日杯フューチュリティS等)、Beholder(G1-BCジュヴェナイルフィリーズ等)、
ケイアイレオーネ(G2-兵庫ジュニアGP等)、ヘニーハウンド(G3-ファルコンS等)、など。





2015年の種付け料アップはアジアエクスプレスのG1勝、芝適性を受けてのものと思われます。

・・・ここまで見ると、これ以上無い期待を懸けてしまいたくなります。
が、エンパイアメーカーがそうであったように、外国産馬として輸入されていた時期と、国内で日本の繁殖牝馬につけた後で、成績が様変わりする場合があります。




理由はよく分かりませんが、やはり血統の相性なのでしょう。

例え日本の馬場で走るとしても、アメリカ血統との相性が良く、日本の血統とは合わない・・・そういうこともあるのかも知れません。
これは遺伝する絶対能力に違いが出るのか、適性の問題なのか分かりませんが、チチカステナンゴのように現地で結果を出していた種牡馬が日本で全く振るわないというパターンを考えると、やはり血統の組み合わせで適性に差が出るのかも知れません。




エンパイアメーカーと逆のパターンで、ヨハネスブルグは外国産馬として輸入していた際は目立った活躍が無かったのに、日本の繁殖と交配して生まれた産駒はびっくりする程走りました。

これだと、日本の繁殖牝馬と交わることで、日本の馬場に順応したという分かり易いパターンなのですが・・・。





へニーヒューズの場合も、これから国内で生まれた産駒がどうなるのか・・・それを見届けて優秀な種牡馬なのか結論を出したいと思います。



11:23:42
【阪急杯】

該当なし

・・・穴でティーハーフ、ダノンシャークあたりで迷いましたが条件満たさず無しとします。




【中山記念】

◎イスラボニータ

・・・G1のような面子ですね。ドゥラメンテはいつも馬体的な評価は出来ませんが、あれが「名馬のかたち」なのでしょうか。




22:45:16
こんなサイトを見つけました。

ジャパンギャロップスインポーター

乗馬、競馬の馬具の販売店のようです。
普段競馬で見るアイテムが大体どの位の値段か分かります。


シャドーロール・・・6000円
メンコ・・・7000円
パシュファイヤー・・・11000円
脚用水冷チューブ・・・12000円


そんな中で、馬用の『耳栓』がありました。
お値段2000円。
へー。





愛馬であるソーディヴァインが毎回「ゲートが開く音に驚き、出遅れた。」という弱点をレースで露呈しており、馬用の耳栓は無いのかなと思っていたのですが、既に一般的な馬具なんですね。

海外ではよく使用されているそうで、凱旋門賞連覇のトレヴも耳栓を使用していました。
日本は海外よりもメンコが広く普及しているので中に仕込むと見えないし、メンコの耳部分に遮音性を高める物もあるようで、そちらの方が一般的なのかも知れません。





耳栓を利用するメリットは音に敏感な馬の聴覚を制限することで、集中力を高めることにあります。
ブリンカーで視覚を制限することと同じ理屈です。

周知の通り、馬はとても臆病で敏感な動物です。
ベテランの大人しい乗用馬でも、草木が風で揺れる音、飛び立つ小鳥を見る、聞くだけで本能的とも言える反応で、急に走り出そうとする素振りを見せます。

ですから、競馬場のように他馬も多く、何万人の観衆が騒ぐような場所は異常な環境であり、集中しろというのが無理な話なのです。(訓練と経験で馬もそれに動じない”プロ”になって行くのが競馬の素晴らしい所でもありますが。)





じゃあ、全馬ブリンカーとシャドーロールと耳栓をすれば良いじゃないかという話になりますが、五感を制限しすぎても、他馬と争う闘争心を失わせるリスクがあり、落ち着きすぎるというのもそれはそれで問題という訳です。加減が難しい(笑)


ですから、馬の性格やウィークポイントによって馬具を使い分ける事が、厩舎のセンスが問われる部分になるようです。



14:54:58
2/21(日) 京都6R 3歳 500万下(ダート1400m)


ソーディヴァイン

3番人気 / 1着


Screenshot_2016-02-21-14-07-55.png


ディヴァインちゃん、キタワ~!!!
*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*

4か月休み明けではありましたが、勝ちました!
今日のパドックではプラス10キロの馬体重。

前走が太目だっただけにさらにプラスだったのはマイナス要素。
しかし、実際の見た様子としては、太目感は無く膨らんだトモが目立ちつつ、もっと絞れればさらに良くなる途上に映りました。

歩様は相変わらずでお世辞にも柔らかいとはいえず、総評としては3番人気は妥当で、馬券は買いませんでした。







レースはこの馬の弱点でもあるスタートを今日も決められず、1完歩目は出遅れ気味。
しかし、いつもの通りですが二の足が異常に早く、スッと前にポジションを上げると3番手を確保。


4角出口では前を行く3頭の手応えが良く、後ろから来る馬は先に手綱をしごいてもがいており、特に脅威にはならないと確信。
直線では佐藤騎手のステッキに応えアッサリ先頭に立つと、その後も勢いは衰えずそのままゴール。
さすがは地方のトップジョッキー。完璧でそつのない立ち回りでした。






調教が以前よりも冴えない点とパドックの様子からすると、今日はここまで走るとは思っていませんでした。


さらに絞れれば上澄みはあるし、元々どちらかといえば遅咲き血統なので、現時点で2勝を挙げられたのはうれしい誤算です。






さて、こうなると次走はどうなるのか楽しみです。
レース前の記事に書いたようにここまで5戦連続ダート1400mを使い続けてきましたが、そろそろ、別の条件のレースを試して欲しい所。

中2週の同距離、桜花賞トライアルのフィリーズレビューが芝適性を調べるのには最適でしょうか。
走りを見る限り、ストライドに伸びが無いので芝でやれるかは微妙ですし、3歳牝馬唯一のダート重賞、関東オークスも2100mの距離が微妙。

しかし、このままダートで牡馬の世代トップクラスとやり合うのも微妙・・・。
ですから、私はやれるなら牝馬同士で短距離路線が無難と考えています。特に500万下も勝った今は正にチャレンジの時でしょう。


今日の賞金でちょうど1600万円の募集額100%回収を達成。
あとは楽しむだけです。



次走がどうなるのか、今から西村先生のコメントに注目です。


【一口近況】
昨年は15頭で10勝。今年は現在2勝と不振が続いています。 幸い2歳馬が有能そうなので、後半の盛り返しに期待です!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………