補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
14:23:17
シルクは来期から募集時期が前倒しになる模様。
それに伴い、この時期恒例の追加募集は無しになるのかと思っていましたが、どうやらある模様。
一挙6頭です。
※詳細は他のブロガーさん参照。

今回は全馬ノーザンファーム生産(確か)。
つまり、以下のような可能性があります。

1:本家社台、キャロットで募集予定があったものの、何かしらの頓挫でリストから外されていた。
2:元々、出来が悪くリストに入っていなかった。


1の方が期待値は高いのは当然です。
シルクのロッテンマイヤーの妹であるアーデルハイトの15がこのパターン。

なぜ期待値が高いかと言えば、社台の序列として現状、
本家>キャロ>シルク
という並びになっていることは皆さん感じているはず。


つまり、初めにキャロットで募集予定だった馬の方が、シルク募集馬よりも期待が持てるというわけです。
特にキャロットのような飽和状態にあるマンモスクラブでは追加募集が出来ない為、頭数に余裕のあるシルクへ流すしか、方法が無かったとも言えます。(個人馬主に売るとクラブ会員からの批判を浴びる可能性もあるので・・・)


・・・これがポジティブな考え方。
反対の考え方としては、欠陥品だが、とりあえず競走馬としての体裁を保てる位には育成を持ち直したため、叩き売ってしまおうとしている可能性。
この場合、一見育成が順調でも入厩後レースに向けて鍛えていくと、結局、壊れてしまう場合はあります。


セール以外で、この時期まで眠っていた商品ですから、何かしらの欠陥がある・あったのは、ほぼ間違いありません。
それがどの程度なのかは各々の相馬眼に掛かっていますね。


良い悪いの判断は結局それなのですが、客観的な目安としては、

「移動や入厩の目途が立っている」

「極端なデブ、ガリでは無い」

「(骨瘤など)病名がつく症状を持っていない」

などがパッと思いつく所でしょうか。
特に1番上の移動・入厩の目途が立っていれば、下2つもクリアしているはずですから、一番信頼出来ますよね。


実際、私が入ってから数年見ているだけでも、2歳春から募集馬でクライムメジャーやソーディヴァインはこのパターンであり、早々に移動、入厩。夏にはデビューし、順調に賞金を稼いでいます。


そうした情報を加味しつつにはなりますが、この時期の募集は、血統により将来図を計るよりも、実馬の出来の良さを見る相馬眼こそ重要です。

それは、血統が実際に体現化されつつある時期だからであり、また、先述の通り、身体になんらかの欠陥がある可能性があるからで、腕の見せ所ではないでしょうか。



スポンサーサイト

22:43:33
先週の皐月賞後の最終に出走したルグランパントルはまさかの大惨敗。
高速馬場で先行有利な馬場状態であったのは明白で、皐月賞がまさにそういうレースだったにもかかわらず、ヨシトミ騎手はほぼ最後方を選択。

さすがにその位置取りでは何も出来ず。
無駄なレースとなりました。

私は以前から不満を述べていましたが、最近は後方からの競馬が板につき、以前のロケットスタートからの先行策はどこへやら。
折り合い重視の結果、こういう形になったのでしょうが、回数を重ねるごとに出足がつかなくなっており、正直これがルグランの潜在能力を全部出す戦法とは思えません。

まあ、善臣騎手のお手馬になってしまったので中々騎手変更は難しいでしょうから、そのうち中団、先行の競馬もまたしてくれるでしょう。





今週はブラックジェイドがあずさ賞に出走です。
7頭立てという少頭数で、うち1頭は未勝利馬。
実質6頭立て。

また、強そうな馬は1頭のみで、メンバー的にかなり楽そうです。
ギリギリまで同週のダート平場と両にらみでしたが、相手関係と脚質を考慮してこちらにしたとのこと。

ただ、前走は僅差の2着も、今回は逃げをマークされるでしょうし、前走ほど楽には行かないはず。
コース適性も高速馬場が予測される開幕京都向きとは思えず、今回も2着の可能性は否めません。

それでもここを勝てば、夢への扉が一つ開くため、通常の500万下クラスよりもドキドキの一戦です。



【勝機:相手は1頭。一騎打ち。】
【妙味:調教良しも人気通りで妙味無し。】




そして、クレムフカは遅いデビューを果たした先日から早くも2戦目。
しかもほぼ毎日牝馬限定戦が組まれている東京で、混合戦に挑みます・・・。

よく無いなぁ、よくないぞぉ、そういうのは。

こんな短期間で一変するとは思えず、早い所2戦目を使って放牧に出したいのがミエミエ。
大事にされていないな~と残念な気持ちです。


そして矢野先生によれば「1400mがベスト」とのこと。
・・・私はマイル以上だろうと思っています。


調教は及第点ですから、前走ほど負けないでしょうが、混合戦になるとやはり掲示板で御の字程度でしょうか。


【勝機:ないと思う】
【妙味:ないと思う】



Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
20:23:23
ルグランパントルが明日の皐月賞後の最終レースに出走です。
準オープンに上がって初戦ですが、ど根性で、相手なりに走るタイプなので、問題ないはずです。

ただ、相手がそこそこ良いメンバーであり、ハンデ戦ながらその恩恵はなさそう。

いつも人気しないので買いではあるのですが、さすがに今回は頭からは買いづらく、3着狙いでしょうか。
ここでも大崩れはなく、5着までには入ってくれる力は間違いなくあるはずですから、そこそこ期待…。

【勝機 さすがに初戦で強気に出れず】
【妙味 毎度過小評価で3着あたりなら】


Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
21:35:28
さて、どこよりも早いノルマンディー3次募集の馬体評価です。

今や売れっこクラブとなったノルマンディーは売り出せば、半数は満口に。
安い価格帯で募集額を回収していくスタイルは社台系クラブとの住み分けもできており、成功を収めたと言っていいでしょう。

初年度から会員の私にしてみると「ワシが育てた」感もあり、うれしく思いつつも徐々に人気馬は即満、もしくは様子見不能の不便さを感じ、複雑な気持ちですね。

そんなノルマンディーから追加の3次募集7頭。
一次の「今年はこれで全部かも」から二次大量募集、そして今回も大量募集で、あれは一体なんだったのか。
出せば売れる現状だけに、逆に言えば、3次という遅い募集馬にはそれなりに警戒も必要。

しかし、ブラゾンドゥリスが3次募集だっただけに、会員達は第二のブラゾン発掘に躍起です。




【2016年度ノルマンディーOC 3次募集馬 馬体評価】


ガトーショコラの15父:ジャングルポケット)
評価C・・・スムーズだが、リスクあり。


シチリアーナの15(父:アイルハヴアナザー)
評価C・・・歩様期待させる筋肉も実際は今一つ。


シャルマンレーヌの15(父:ノヴェリスト)
評価B-・・・豊富な筋肉も鈍重。


シンシンパッションの15(父:タイキシャトル)
評価B+・・・バランス良し。


ミラグロレディの15(父:ブラックタイド)
評価:E・・・超リスキー。


ワイエムサチの15(父:シニスターミニスター)
評価D・・・腰甘い。


Harlan's Pantherの15 (父:Kitten's Joy)
評価:B-・・・柔軟も後躯嫌い。



・・・というわけでシンシンパッションがトップ。全馬にいえることですが、冬場のノルマンディーはモフモフで悪くしか見えませんから、春を迎えてどのくらい良化するのか見極めたいですね。


20:44:39
セカンドエフォートが土曜福島9レースに出走。
これまで先生からは1400mが良いとされていましたが、前走は1700mで2着好走。

要因は大分落ち着いて先行出来たことであり、また調教が抜群に良かったことと思われます。


そういう意味では今回は途中、今ひとつなところもあり、なんとか勝負出来る状態かなという程度のデキ。

気性面の成長や脚質転換は引き続き、プラス点になると思われますが、調子は前走以下と見ており、今回も勝ちきれずの2着、3着ぐらいまでかなと半信半疑。

以前に馬体は500万下にいるそれではないと言ったのですが、シルクのホームページでの最新画像を見ると冬季で一週前とはいえ、まだまだ緩く、重いかも知れません。

降級までにこのクラスは勝たねば、募集金額回収も怪しくなるため、そろそろバリッとメイチの仕上げで臨む1戦も必要になります。
が、今回はそういう感じではありません。

1700という舞台は合っているはずなので、先行出来れば大崩れは無いのでは…。

【勝機…あるが人気なり。気配もそれなり。】
【妙味…人気通りの適正オッズが予想され妙味はなし。】


Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
【一口近況】
最近人気を下回る着順が多すぎます。特にストロングタイタン、ソーディヴァインは常に「買い」状態ですが、実力を出せず。勝つのはいつになるやら・・・。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1566万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4325万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:580万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………