競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:57:05
誕生日シリーズ第2弾。
以前に、

競走馬の誕生日に不思議な傾向~月末月初の謎~

という記事で、生産界では馬の誕生日を不正に”実際より早い日にち”に操作している疑惑があると述べました。

そのような行為に至る理由は、誕生日が早い方がセリでの販売価格にてプラスに働く為です。

なぜ早く生まれると価格が上がるのかと言えば
「身体的に早く仕上がり、早くにレースに使う事が出来、賞金をより多く稼げる機会を得られる」
ことが挙げられます。






まずは人間の場合はどうなのでしょう。

近年、様々な研究によりプロアスリート、大学進学率において
『早生まれ(1~3月生まれ)は不利』
であることが証明されつつあります。


理由は至って単純で「遅く生まれると肉体の成長で遅れをとるから。」と思われます。
”4月生まれ”と”3月生まれ”では、丸一年の差があるわけですから、身体や脳の成長に明らかな差が生じるのは当然です。

同じ才能を持つ者が同じだけの鍛錬を積んだ場合、一年分の差を埋めることは不可能です。

しかもこれが、アスリートなど激しい競争と淘汰が行われる世界となれば、各々が限界までその才能を引き出そうとしているわけで、一般社会よりもその傾向は顕著となります。

『ウサギとカメの競走』のような”継続的な努力をする凡才(カメ)”が”怠惰な天才(ウサギ)”を負かすといった事はあまり起きず、努力したウサギ同士の戦いになります。






それでは、日本のプロ野球選手の誕生日を見てみましょう。


81ac2417.jpg


なんと、4~8月生まれでアドバンテージのある者達が、早生まれ(1~3月)の2倍以上を占めています。

ちなみに今年の高校野球、甲子園で1年生ながら話題になっている早稲田の清宮君は5月生まれです。
彼の父はラグビーで有名な方ですし、良血で生まれ月にアドバンテージもあると来れば、納得の話。

続いてはメジャーリーグ。


2ba1c2a9.jpg


アメリカを始め、欧米では8月が新学期となる地域が多いそうです。
それを踏まえるとやはり、日本のプロ野球と同じ傾向です。
ただし南米等は1月や3月が新学期の地域もある為、多国籍で構成されるメジャーでは正確には計れていないかも知れません。




続いて、他のスポーツも見てみましょう。


d6f566d6.jpg


まず、J1(Jリーグ)。野球程ではありませんが、やはり緩やかに右肩下がりとなり『早生まれは不利』となります。
そして、若年層のみで行われる高校野球とJユースは、最もこの傾向が強くなります。

これは上記の競技が限られた高校生年齢(15~18歳)のみで行われる為です。
まず、若い分だけ1年間の鍛錬の差が割合として大きく現れるので(10歳児の1年は人生における10%の期間だが、30歳の1年は3.3%)、多少の才能の差では、会得した技術力の差を埋めることが出来ません。

無論、体格差についてもその通りで、若い程に身体の成長スピードは急激となりますから、それだけ一年の差が大きく、小さい選手が大きい選手を上回ることはトップ選手では難しいはずです。




一方で、なでしこ(女子サッカー)では、生れ月の差が見られません。
これは女子サッカー人口が上で挙がった他のスポーツよりも圧倒的に少ないからで、つまりは
『競争が緩い為、淘汰が行われていない』
ということです。

淘汰というのは、例えば野球で言えば「甲子園に出られなかった時点で野球を諦める。」といったドロップアウトのことです。
プロになれたとしても競争と淘汰は常に行われる為、高校卒業など区切りとなり易いタイミングで、相応の結果が得られなかった場合、大抵の者はその道を諦めます。



これは、人間社会でプロスポーツで収入を得るのは本当に稀で、トップ中のトップのみが実現できることであり、残りのほとんどの者達は手遅れになる前に早々に見切りを付けて違う収入を得る手段を探すからです。
ですから、生涯を懸けて努力を続けた場合、実は才能で劣るわけでは無かったというケースも多くありそうです。


競馬で言う所の”晩成”の馬が、3歳秋の未勝利時点で諦めるような物でしょうか。






さて、この傾向は果たして競走馬にも当てはまるのか。
競馬こそ『競争と淘汰の権化』と以前にも述べましたが・・・。
下のデータをご覧ください。


【夏競馬における2歳戦成績】

生まれ月

勝率・複(%)



1月
[27-31-16-167]
11.2% 30.7%

2月
[101-78-96-667]
10.7% 29.2

3月
[138-138-128-1278]
8.2% 24.0%

4月
[109-125-110-1249]
6.8% 21.6%

5月以降
[39-44-62-633]
5.0% 18.6%


JRAVANによると、このように勝率、複勝率共に綺麗に

『早く生まれた方が有利』

である結果を示しています。

1~2月生まれの馬は5月以降に生まれた馬の2倍の勝ち上がり率となっています。
当然、勝ち上がれば2歳のOP・重賞戦線に臨めるわけで、得られる賞金の期待値も飛躍的に上がります。
セリでの評価を分けるのも当然のことと言えるでしょう。




犬や馬などの動物の成長というのは、人間のような長寿な生物と比べて若い頃に急激に伸びる為、人間と同じ基準で述べることは出来ないのですが、2歳戦の夏を人間に例えると中学生くらいでしょうか。

競馬においてはテクニカルな部分は、そう多くはありませんから、やはり生まれが早い分の”フィジカル差”がこのような結果を生むのでしょう。



また、人間と違う部分で血統による影響が競馬にはあります。
例えば2歳戦に強いヨネハスブルグ産駒に見られるような『早熟』(仕上がりが早い)という血統的特徴が、誕生日の早い遅いに加わると、より複雑化します。


1:早く生まれた早熟血統
2:遅く生まれた早熟血統
3:早く生まれた晩成血統
4:遅く生まれた晩成血統

これらの勝率がどのような序列になるのか興味はあります。





最後に全てのホースマンの目標である日本ダービーの過去の勝ち馬の誕生日を見てみましょう。


【日本ダービー勝ち馬の誕生日】

2015年 ドゥラメンテ     2012. 3.22
2014年 ワンアンドオンリー 2011. 2.23
2013年 キズナ        2010. 3. 5
2012年 ディープブリランテ 2009. 5. 8
2011年 オルフェーヴル   2008. 5.14
2010年 エイシンフラッシュ 2007. 3.27
2009年 ロジユニヴァース  2006. 3.11
2008年 ディープスカイ   2005. 4.24
2007年 ウオッカ       2004. 4. 4
2006年 メイショウサムソン 2003. 3. 7
2005年 ディープインパクト 2002. 3.25
2004年 キングカメハメハ  2001. 3.20
2003年 ネオユニヴァース  2000. 5.21
2002年 タニノギムレット   1999. 5. 4
2001年 ジャングルポケット 1998. 5. 7
2000年 アグネスフライト   1997. 3. 2




意外にも5月生まれが多くおり、これといって誕生日による傾向はありませんでした。

これは各陣営、競走馬が生まれたその日から、ダービーをゴールと位置付けて育成を行い、仕上げているからなのかも知れません。

血統の差が物を言うのが競馬の常識ではありますが、人間と違い、馬の根性、レースへの前向きさ、騎手への従順さなど気性の差によって力を発揮できるか否かが大きく分かれます。


以前に馬の気性の良し悪しは、若駒時代の過ごし方で変わることを述べました。

生産牧場が与える競走馬の『気性』への影響





早く生まれることが有利であることには変わりませんが、5月生まれでも、心・技・体を仕上げた馬はきちんとダービーを勝つわけですし、生産者達は誕生日の小細工などせず、こうした気性への影響など、育成面の努力と手間を惜しまないことが大切なのではないでしょうか。

結論としては、2歳戦で早くに勝ち上がるのは、早く生まれた馬。
しかし、世代の頂点であるダービーを勝つには、生まれた月よりも才能や気性を含む、その馬の資質の方が重要のようです。

関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/191-161fec3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:425万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………