競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
17:32:16

来季のドバイワールドカップはダートで施行


 メイダングループの会長兼最高経営責任者であるサイード・アル・タイヤー氏は、「これは、メイダン競馬場とドバイワールドカップカーニバルの未来にとってベストとなるであろう決断だ」と、世界最高賞金のドバイワールドカップが行われるUAEのメイダン競馬場のオールウェザーコース(タペタ)を、2014-2015レーシングシーズンから、伝統的なダートコースに置き換えると発表した。

 タペタの維持費や管理上の問題に加え、昨年のドバイワールドカップデー諸競走でタペタで勝った馬たちが、その後、1勝もできていない点や、かつてのナドアルシバ競馬場のドバイワールドカップで無類の強さを誇ったアメリカ勢(第1回~14回で8勝)が、今年のドバイワールドカップには1頭も出走しなかったことなどが、ダート回帰の理由とみられている。

 ドバイワールドカップは1996年の第1回から2009年の第14回まで、ナドアルシバ競馬場のダート2000メートルで施行されていたが、2010年からメイダン競馬場に移行してオールウェザー2000メートルに変更された。日本馬はダート時代には2001年のトゥザヴィクトリーの2着(優勝はキャプテンスティーヴ=アメリカ調教馬)が最高着順。オールウェザーの時代には2011年にヴィクトワールピサとトランセンドがワンツーフィニッシュを決めている。

 ちなみに、今年の3月29日に行われたドバイワールドカップには日本馬2頭が出走して、ともに着外(ベルシャザール=16頭立ての11着、ホッコータルマエ=16頭立ての16着)に敗れている。
(サンスポより)



854ef1405913c106d2be38c84d53d0b5.jpg
(ロージズインメイ)


ついにダートへ戻ることが決まりましたね。ここ数年タペタの経年劣化によりそういう噂がありましたが、やはり文中にあるように、アメリカのチャンピオンを呼べない点が近年の盛り下がりの原因ですし、2011年の覇者ヴィクトワールピサのレーティングも120ちょっとというのは中々切なかったです。

強いアメリカのチャンピオンホースを再びドバイで見られるのは賛成です。
もちろんヴィクワールピサの制覇は東日本大震災の直後ということもあり、またミルコ・デムーロが馬上インタビューで
「日本の為に祈っていました。」と涙ながらに答え、天を指さした様子はこちらも思わず泣いてしまいなほどに、大変感動しました。

しかし、1996年から始まったドバイワールドカップというのはあくまでダートというイメージがぬぐえず、タペタを舞台にして勝っても、なんだか本当の意味で砂の世界チャンピオンになった気がしなかったのは事実です。

『競馬ロマン』という意味では、ホクトベガ、カネヒキリ、ヴァーミリアンなど日本の砂のチャンピオンホースが全く歯が立たなかった、シガー、ドバイミレニアム、カーリンなど、アメリカのチャンピオンを本場のダートで倒してこそ、その意義があるのです。

img_e8adc34a6293e5ebd8c38f05f0626312269202.jpg
(カーリン)


ところで、このタペタ廃止を受けて世界的なオールウェザーからダートへの回帰の流れはもう止まることは無いと思われます。

オールウェザーは様々な種類はあれど、馬の骨折率を低下させる確かなデータと維持管理費用が安くなることから「ダートに替わる馬場になる」と言われてきましたが、ドバイのように暑すぎると素材が溶けてむしろ面倒になっているようですし、本場アメリカではオールウェザーがダートではなく、芝の適性の高さが求められることから、ダート血脈に大変革をもたらす可能性があるという懸念もあり、競馬界の権力者から何かしら圧力が働いているのかも知れません。




馬場適性というのは本当に微妙な違いで変わるようで、日本の軽い芝、欧州の重い芝、日本の砂のダート、アメリカの土のダート、砂のようで芝に近いオールウェザー、それぞれ適性が異なります。

日本でもエアレーションにより中山競馬場の芝などは柔らかい馬場へとシフトしているようですし、ダートについても粘度を上げて、パサつきを抑える傾向にあるようです。

こうした馬場のトレンドをしっかり掴み、出資馬の種牡馬の選定などに活かしていきたいですね。





関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/192-3163e348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フライオールデイズ 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………