競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
20:47:16
前回の記事はコチラ


古くから語られていた優生学は、現代においては人種差別を助長するとされ、あまり公の場で語るべきことで無いし、その優劣自体に科学的な根拠が薄い物もあります。


人の価値というのは様々で他人が決めることではありません。
人の無限の可能性、生命とは素晴らしい物です。


ただし、科学の発達により様々なDNA検査が可能となった現在、自分自身にどの分野の才能があるのか、胎児をお腹に宿している母親が出生前検査で子の障害の有無を調べたり、そういった個人レベルで自分や子のことを測ろうとする行為を止める権利も他人にはありません。






しかし、そのようにヒトゲノムの解析が進んだ現代においても優生学を語ろうとすることは未だ毛嫌いされる傾向があります。

元ハードル選手で世界陸上・銅メダリストの為末大氏は、


「成功者が語る事は、結果を出した事に理由付けしているというのが半分ぐらいだと思う。アスリートもまずその体に生まれるかどうかが99%。そして選ばれた人たちが努力を語る。
やればできると成功者は言うけれど、できる体に生まれる事が大前提。」


と述べました。

当ブログの

『速筋・遅筋の割合は生まれつき決まっている』

の記事で述べた通り、スポーツは競技により才能が全てであることは紛れもない事実ですし、スポーツ科学の識者達の見解としてもその通りです。


しかし「努力しても無駄。アスリートになるには才能が99%」発言をした所、世間から為末氏には非難が殺到しました。


おおよそ「努力して叶えることを教えるのが指導者だろう。身も蓋も無いことを言って子供たちの夢や希望を壊すな!」
このような論調です。






その反論として為末氏はこう述べました。


「成功する可能性があるものを目標に置いた場合は努力すれば叶うかもしれないが、オリンピック選手になるのは難しく、才能と、環境がまず重要で、それが努力よりも先にくる。

人生の前半は努力すれば夢は叶うということでいいと思うが、どこかのタイミングで自分を客観視しなければ人生が辛くなる。なぜかというと、努力しても夢が叶わなかった場合は自分の努力不足だと思ってしまうからだ。

だから、努力原理主義を抜けられなかった人は、こんな自分を許せなくて何かを呪って生きていくことになる。
そして、人間の能力はそれぞれだから一つの事に縛られるなんてもったいない。」







競技者としての生活の中で、これまで人一倍の努力も報われずドロップアウトして行った幾多の凡才の仲間達を見送ってきたであろう為末氏の上記の言葉は”正論”そのものだと思います。
為末氏自身も努力の末に世界へ羽ばたいた際、海外選手との根本的なフィジカル差に驚愕したそうです。



また、多くの生徒を難関校に合格させる為に試行錯誤を繰り返してきた、「今でしょ!」で有名な東進ハイスク-ル講師、林修先生も
「努力は適切な場所で行わなければ報われない。」
と述べており、成功の為に努力は不可欠であるとしながらも、才能の方が重要な基盤であり、自分に何の素質があるのか把握することが大切であるとしていました。






いずれも多くの努力してきた者と、その現実の厳しさを目の当たりにしてきた方であり、薄っぺらい道徳や綺麗ごとの教育論よりも重みと説得力を私は感じます。

為末氏の言葉の通り、夢や希望や努力の素晴らしさは幼少期に伝えるべきことであり、大人にそれをそのまま伝えることは幼稚です。夢と白昼夢は違うのです。





しかしその一方で思うのは、人間は”報われるもの”だと信じなければ、努力を続けることは出来ない・・・というのは理解出来ます。
だとすれば、「努力は必ず報われる。」という言葉は、必要な詭弁なのかも知れません。








・・・必要な詭弁なのかも知れません(。+・`ω・´)キリッ!
ということで、競馬に関することが全く出ずに終わってしまいました(笑)


ただ、優生学の権化とも言えるサラブレッドの品種改良の歴史は、為末氏の話と合致する部分があると思います。
「才能と、環境がまず重要で、それが努力よりも先にくる。」
これは競馬に置き換えると、次のようになります。


優れた血統(才能)と、優れた牧場、育成、厩舎(環境) がまず重要で、馬の鍛錬(努力)よりも先にくる・・・。


鍛錬によって逞しい筋肉を付けても、レースに出ると見かけ倒しなことは往々にしてありますが、これは競馬における強さとは多くの場合、優れた血統であることが大前提であり、その後に筋肉や骨格が重要になるという相馬の序列を表しています。

さらに言えば、その筋肉のトレーニング効率でさえ、前回の記事で述べたように才能によって大きく効果に差が出てしまうのです。
このことからも、為末氏の言葉が少なくともスポーツでは真実であると強く感じます。




また、林先生の言葉から
「努力は適切な場所で行わなければ報われない。」
とあるように、馬の『適性』を正しく読み取り、適切な場所、つまり距離やコース、脚質を把握した上でレースを選び、トレーニングの負荷による疲労と回復のバランスを管理し、怪我の兆候をいち早く見抜くなど、良い環境を用意しなければ、成果は出ないということです



関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/198-2abc3913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6906万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………