競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
18:52:21
さて一口馬主を始めて1年がすぎ、初年度に選んだ馬達の結果が揃いました。
その中で最もマイナスが大きく、回収率もゼロに近かったのがアイリッシュギフト。

屈腱炎での引退ではありますが、3歳8月の時点で最高着順が5着であり、そのままでもまず勝ち上がることは出来なかったでしょう。


アイリッシュギフト

募集価格:2400万円
本賞金:46万円
7戦0勝



中々の酷い成績です。
一口馬主は馬券購入のように大数の法則に収まる程、多くの回数を勝負することは出来ませんから、1度の失敗でそれが100%”悪手”であったと言い切ることは出来ません。


ですから、未勝利馬が生まれたからと言って、一々馬選びを変えたりなど、あまり敏感になる必要は無いと思っています。


しかし、アイリッシュギフトの場合は相馬眼以前の問題として、自分の中での『メンタルの弱さ』を露呈した一件であったと感じており、これは反省すべきことだと思います。


ここで言うメンタルというのは、熱くならず平常心で理路整然と一口馬主に臨めるかとか、慢心や決め付けを排除した柔軟で軽いフットワークだとか、総合的な精神力の強さのことで、一言で言うならば、『一口馬主に関係の無い万(よろず)に通じる心得やテクニック』のことです。(メンタルなのにテクニックとは紛らわしいですが。)





『メンタル』と言うと、大抵軽視される要素なのですが、実は投資における非常に重要な要素です。
特に株や為替など「上がるか下がるか」の二択しか無い、選択肢の少ない勝負においては”プロスペクト理論”に代表されるメンタル面の重要さが際立ちます。




”相馬眼”、”血統理論”など様々な知識やスキルがある一口馬主において
「メンタルで何の影響が有るというんだよ。」
と多くの人が思われるでしょうが、メンタルがスキル同様に重要であるという例を紹介します。



まずアイリッシュギフトがラインナップにいたノルマンディーOCの1期生は、全20頭。

20頭という限られた選択肢だと、その中で”走る馬”、いわゆる『当たり』を引けるか、その逆の『ハズレ』を引くか、素人と玄人で実はそんなに確率的な差はありません。







例えば、何も分からないド素人が、ノルマンディーの実質的トップである岡田牧雄さんが宣伝も兼ねて推薦馬として雑誌等で公言している馬を素直に選んだ場合、覚えている400口馬はイオラニ、マルーンドロップらとなり、この2頭は3歳8月時点の獲得賞金で全20頭中1位と4位であり、ランダムで選ぶより成績が良いのはもちろん、ほぼ最良の選択となります。

仮にランダムで選んでも試行回数の少ない一口馬主においては運の要素が強く、素人が玄人を上回ることもままあります。



これはあくまで上手くいった例であり、全てのクラブを対象として試行回数が増えると、徐々にテクニックと知識の差が表面化して結果に現れますが、上記のように『選択肢の少ない勝負では素人と玄人で選ぶ馬に差は出ない』のです。




そして玄人程、これまでに得た知識や経験から一定のプライドや自信がある為、その事実を認めようとしません。

確かに全ての素人が上で紹介した『岡田牧雄チョイス』の選馬を行うわけではありませんが、他の一口馬主の知識を一切用いないやり方として、”人気馬順に出資”という方法を取れば、満口馬のラテラルアーク、アペルトゥーラ(6位と8位)となり、この場合もランダムで選出する以上の成績を上げています。(いずれも即満口ではないので出資可能。)



つまり、一口馬主の知識や経験がゼロであっても、”物事への冷静なアプローチ”が間違っていなければ、それなりの結果は出るということです。

冷静なアプローチの仕方、これが既述の『万に通じるテクニック』=メンタルのことであり、一口馬主においても、それがとても重要であるということです。




逆にメンタルの弱さというのは、冷静でない浮わついた精神状態や、薄っぺらさのことであり、例えば下手に血統や馬体を分かったと思い込んで、生真面目に真っ向勝負で馬選びをしても、付け焼き刃ではすぐに充分な結果は出ないでしょう。


もしくは根拠無き自信の下で、私のアイリッシュギフトのように、馬の立ち姿からビビっと来た直感や、思い入れのある血統からトキメキを感じ、恋にも似た感覚で出資するなど、こういった馬選びを私は「メンタル面で隙が有りすぎる」と個人的に思っています。


そうした方法で選んだ馬達の成績が、上記に挙げた方法にすら負けるのであれば、ランダムで適当に馬を選んだことと変わりませんから、現状、相馬に費やした時間や情熱が全く成果として反映されていないと言えるわけです。
(鍛錬自体が無駄という意味ではありません。)



もちろんこれは確率の話であり、一期一会の縁や思い入れから選ばれた馬が大成することもあるし、それらは時に美談となり我々の心に深く残るのも確かです。

だからこそ、自分もそうであると勘違いを招いてしまうのが美談の罪な所でもあるのですが…。





具体的なアイリッシュギフトの失敗談は次回に続きます。

続きはコチラ
関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/231-52ee98bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:425万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………