競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
00:07:30
競馬における気性難と闘争心は紙一重な部分があると思います。
わがままで人間の指示に従わずに暴れることを一般に気性難といいますが、これは良い捉え方をすれば馬自身の意思が強いことを示しており、また同時に意思が強い馬は自己主張が強いとも言えます。

こうした馬が競馬で他の馬を負かせて、力を誇示する喜びを知ってくれれば、例え人間の言う事には従わずとも結果的には競走馬に適任の気性といえます。

ですから気性難をそのままマイナス要素と断定することは出来ませんが、プラスに向いた気性難は気性難とは呼ばれ無いので、冒頭で述べたように”気性難と闘争心は紙一重”となるわけです。





ところで気性難はいつどうやって生まれるのでしょうか
先日の記事では「生後の成長段階においての環境が左右する」と述べました。

人間でも双子の兄弟が別々の環境、例えば片方は裕福で愛に溢れた家庭で育ち、片方は貧乏で虐待される家庭で育てれば同じ性格になるわけがありません。
それと同じで競走馬も育った環境が大きく気性の形成に影響を与えるのは当然です。


しかし、人間と馬を同じような括りで語ることは出来ません。馬は知能が人間に遥かに劣りますし、そもそも競走馬になるサラブレッドにはレースで稼ぐという共通の目的が課せられており、人間に大切に育てられます。

あえて人間が与える愛情については述べないこととしますが、彼ら競走馬は大切な『商品』であり、つまりは一定以上の品質管理が求められ、ある程度共通のセオリーに基づき育成が行われます。

よって、家庭のように親の意向やエゴに左右されたり、学校生活での対人関係など、人間と同等の『社会』が存在しないため、その”環境”も無限のパターンは存在しません。

ですから、競走馬の気性の形成において、人間ほどには後天的要素が占める割合は高くは無いのは明らかです。





そうすると結局、競馬ファンに昔から言われるように血統、つまり遺伝による先天的な要素が気性の形成の主となります。

サラブレッドでは無く、キツネの話ですがロシアの研究でキツネの交配を続けて、人間になつく個体を集めてさらに交配を続けていくと、まるで愛玩犬のように人なつっこいキツネが生まれたそうです。

北キツ~1


キツネもイヌ科なので、そのような品種改良がそう難しいことではないのでしょうが、youtubeで見た動画では、元々人になつきにくいといわれるキツネがボールを投げれば取ってくるし、お腹を撫でてと腹を見せて、キュンキュン鳴きながら愛撫を求める姿は正に犬そのものでした。

面白いのは、性格が犬のようになるだけでなく、その外見も犬に近づいたそうです。

野生ではピンと鋭く立った耳が垂れてくる、野生ではボテッとした太くぶら下がった尻尾が犬のように上に上がり巻き気味になるなど、いずれも犬に多く見られる特徴がキツネにも生まれたそうです。




競走馬で気性が悪い馬に多いといわれる「目の白目が多い馬は気性が悪い」という俗説も、一見すると角膜と強膜の割合で気性が決まるというのは医学的には間違いなく否定される所でしょう。

しかし、上記のキツネのように気性がサインとして体のどこかに現れることは有り得るようですし、目と気性の関係もあるのかも知れません。

ただし、人間から見たイメージとして、白目が大きい個体は黒目のみのそれと比べ、明らかに目つきが悪く見えることがこの俗説の一番の根拠になっていることは事実でしょう。




キツネの研究では人になつく個体の改良と同時に、逆に人間になつかず反抗的な気性を持った個体も同じように、それが目立つ固体同士を交配し続けて、いわゆる気性難のキツネも生産していたそうです。

ここで研究チームは人間によくなつく母キツネに乳母になってもらい、気性難の親から生まれた仔キツネを育てさせました。

人間に対して友好的にすごす親キツネの姿を見て、育った仔キツネは成長後どのような性格になったと思いますか?





結果は人間になつかない反抗的な性格のキツネに育ったそうです。

これは動物の気性を決めるのは、後天的要素である『環境』よりも、先天的要素である『遺伝』が大きな影響を与えていることを示しています。

サラブレッドも同様に「血は争えない」ようです。
気性のような競争能力以外の要素の考察を行っても、結局は「血統」(遺伝)に回帰してしまう辺り、競馬がブラッドスポーツであり、血統こそが最重要事項であることを思い知らされます。
関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/28-8d8b6ffb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・準オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………