競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/06«│ 2018/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:18:09
出資馬のグランビスキュイ(父:エンパイアメーカー)が去勢され、せん馬となりました。
タマタマをねじ切る方式なら、1週間ほどで乗り運動を再開出来ます(ニッコリ)・・・ということで、早くデビュー戦が見たいです。

これまでの経緯を簡単に説明すると・・・



・牧場時代は素直で従順だった。

・入厩してもそれは変わらず従順だったが、なぜかゲート練習を異常に嫌がる。

・徐々に気性が悪化し、うるさくなる。ゲート練習はもちろん話にならず。

・無理やりゲートにつなぐ等対策をしたが、練習中に暴れて外傷を負う。

・リフレッシュに放牧に出され、再び入厩。引き続きゲート練習も効果なし。

・ゲート矯正を専門とする宮崎ステーブルに移動。

・相変わらずうるさいが、一つ一つゲート矯正のプログラムをこなす。

・しかし、気性難は悪化。追い込むとパニックを起こす有り様。

・ついに宮崎ステーブルにも匙を投げられ、去勢へ。




このようになります。
気になったのは、入厩してからうるさくなったこと。

牧場で普段から慣れたスタッフと大自然の中、のびのびと調教を積んでいた際にはリラックスして過ごせたのでしょうが、入厩してからは『馬を鍛える為の施設』の中、生きるか死ぬかを分ける厳しい競争社会で、研ぎ澄まされて肉食獣のようにギラギラした現役馬達に囲まれ、精神的なプレッシャーをかなり感じたはずです。

そのストレスで気性難のスイッチが入ったのだと思います。
ではスイッチを入れないように出来るのかと言えば、それは競走馬として生活をおくる上では不可能でしょう。
勝負の世界でふんわりとリラックスした状態で勝利を収められるのは、相当な逸材だけです。






グランビスキュイは上記の通り、ゲート難を解決するために送られた宮崎ステーブルで一つ一つ改善プログラムをこなしていましたが、気性難が徐々にひどくなり、パニックを起こすようになると、結局最後は見放されてしまいました。

インターネットを見ていると、「ノルマンディーファームにいた頃の何かトラウマが原因なのでは。」等、育成に関わる人間の責任だという意見もあります。

以前に記事にしたように、確かに競走馬の気性と良し悪しと、育成スタッフの熟練度には一定の相関があります。
(下記参照)

生産牧場が与える競走馬の『気性』への影響




しかし、私の結論としては、気性は『環境<遺伝』の影響の方が大きく、致し方ない面はあるように思います。

この辺りも過去の記事で既に述べていますので割愛します。


競走馬の気性難は血統による遺伝的要素が大きいのか


シマウマが徐々に凶暴化するのは遺伝



宮崎ステーブルの担当者は
「これから春になり、男性ホルモンが増えてくれば今まで以上に気性難となる可能性があるので、去勢を進言したい。」
といった内容を述べています。

成獣になるにつれて元々持っていた物が表面化してしまったということです。
なぜかと言うと、グランビスキュイの母リトルビスケットも気性難であったようで、これが遺伝したものと思われます。

上記のキツネ・シマウマの話同様、幼い頃は本質が抑えられていても、ペットならまだしも、競走馬特有の闘争本能を掻き立てる調教を行えば、眠っていた”気性難のスイッチ”が入ってしまうのは自然な事です。





ゲート難を矯正する為に送られた宮崎ステーブルでプログラムを順番にこなしていたようですが、これはプロの訓練士が行う『犬のしつけ』とほとんど同じアプローチをしていると思われます。

「これは安全な物だよ。」、「こうすれば楽だよ。」、
「これが出来ると褒めてもらえるよ。」、「これは絶対、譲れないんだよ。」

と一つ一つ馬を納得させて行くのです。


馴致のプロで馬の行動心理学などを研究、生産者向けのセミナー講師をされている宮田朋典氏も

「馬の問題行動は治るというより、一時的に良い方向へ向けること。」

と述べており、教育によって悪い面を内側に抑え込んでいるだけで、いつまたそれが表面化するか分からないし、ある程度”持病”と同じく、一生それと付き合う気持ちが必要なようです。


ですから馬の性質は「環境より遺伝が優先される。」が大前提にあるものの、人の力でそれをどこまでカバー出来るかが重要なわけで、厩舎スタッフの腕が試されるのです。

周知のことではありますが、これが馬選びのおいて『厩舎』が『血統』、『馬体』に並ぶファクターである理由の一つであり、近年では放牧先の『外厩』もそうした役割が厩舎と同等に重要になっているように思います。




関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/294-ca3d6dcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
セレクトセールが大盛況。ただ、期待値5000万の馬に1億出す、玉砕覚悟の「損をしてもいい人」がたくさんいると、適正価格で馬を買うことが不可能な為、一口馬主で利益を挙げるのは不可能になります。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・準オープン
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
3歳・未勝利
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フォーミーの16 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
MissLunaの16 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5435万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1447万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1970万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
ユキチャンの16  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ツルマルワンピースの16
父:ヴィクトワールピサ
2歳・未出走
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………