補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:49:25
今年も東サラ、キャロット、シルクと続々と募集馬が発表されています。
一年で一番重要な馬選びの時期がやって参りました。
選んでしまえば、あとは見守ることしか出来ませんから・・・。





そこで今年の募集馬評価方法について、メモ代わりに考えを書き記しておきたいと思います。
かなり退屈な独り言なのを前置きしておきたいです。





私は募集馬の評価に点数を用いています。
これは翌年以降やクラブを跨いでも平等に見ることが出来るようにする為なのですが、欠点についても考えがありました。

点数を付ける上で最初に懸念したのは「個人的な好みの違いによる点数のブレ」であり、客観性を持たせないと点数で表す意味がありません。



そのため、点数の付け方として、馬体の良し悪しを決める要素をより細かく「基準を満たすかどうか」を見ていくこと・・・
つまり、馬を完成図ではなく、プラモデルのようにパーツ分けすることで、無機質に馬を捉え『好みの排除』が可能になると考えました。








ただ、これは2012年産馬の評価を行う時に事前に述べたことなのですが
「細分化することで、全体のバランスを見失う可能性がある。」
という短所があります。



初年度である2011年産と2012年産の馬の見方の違いはここにあるのですが、ここまでの結果を見ると、結果的にその欠点が表面化したように思います。





細分化によってバランスを見失う・・・とは本末転倒です。
ファッションでも単体でそのシャツなり、パンツなりのデザインが優れていても、上下の組み合わせや体型へのフィットなどで全体の評価は大きく異なります。

ですから単体パーツの良し悪しよりも、”全体として成立しているか”の方が遥かに重要で、細分化することで好みの排除をしても、パーツ単位でしか見られない(見ようとしない)のは悪手であると思うのです。






私がしばしば使う”適性の最適化”という言葉もこれに通じる物があります。
適性の最適化とは、あるパーツは芝向き、あるパーツはダート向き、あるパーツは長距離向き、あるパーツは短距離向き・・・という具合に、特徴がバラバラでは持てる力を上手く発揮出来ない為、それぞれが上手くマッチする必要があるということです。






このことは2012年産の結果が出る前から、多少予測はしていました。
ということで、2013年産の評価方法の記事で、対策として
「点数評価は行うが、機械的に決めるのではなく、最終的には裁量で決める。」
としました。

ノルマンディーOC2014年度1次募集馬の評価  より





つまり、パーツの評価を行うが、その後、全体のバランス(これは、馬体単体でのバランス、その血統と馬体のバランス等・・・)を見て、評価が変わらないか『二重チェック』を行うこととしました。

全体のバランスというものを点数化することは大変複雑で、不可能に近いです。
というのも、何と何の可動のバランスとかそういう話になってくるので、細かな点数化をしてもあまり意味がないというか、良し悪しのイメージにすぎず「この子、美人だな。」という好みの問題になるわけです。

これは最終的には好みで選ぶしかないという”開き直り”です。








ただし、これについても過去の記事で述べたように、私の考える女性を敵に回す下衆理論
『美人ピラミッド論』
が示すように、本当の美人は共通点が多く、ある種の”正解のパターン”、”理”が存在し、似たような姿になっていく傾向にあります。

例えとして、整形大国である隣国のミスコンはどれも同じ顔に収まります。(それが理想とは思いませんが、いわゆる美人顔が揃うことは否定出来ないでしょう。)

kannko.jpg

逆にブサイク程、猿、ゴリラ、魚、爬虫類、石像などその幅が広く、多種多様な顔になります。
『不正解は無限にある』ということで、この現象がピラミッド型を形成することから、美人ピラミッド論と名付けました。

強いサラブレッドの黄金比率と美しさ   より





つまり、名馬=美人とするなら、”好み”で選んだとしても、正しい相馬眼が身についていれば、そもそも選ぼうとするゾーンが、ピラミッドの上位の部分の中からになると思われ、最終的には似たような馬になるのではないでしょうか。

上記のパーツの話で言うのなら、人の顔も各パーツ自体に良い物が揃っていれば、とんでも無い顔にはならないでしょう。

もちろん、パーツの配置によって与える印象を大きく変えることはよくある話ですが、素材として悪い質の物ばかりで形成されていると、初めからお話にならないのはお分かりになると思います。
(※あくまで分かり易さを追求した表現です・・・汗)





これからは”好み”が馬選びに影響することを否定せず、開き直って堂々と「私の好みの良い馬だ。」という考えで選んでいきたいと思います。









また点数評価とは別に以前から述べているように『健康に問題がある』と判断した馬の扱いについて。
この判断を下した馬の半数が骨折、もしくは同等の怪我・疾病に見舞われています。

出資した馬でも骨折した馬はいるし、サンプルも充分では無いので、自意識過剰に考えすぎなだけで、意味があるのか無いのか断定しづらく、悩ましい所ですし、それが潜在能力があると高い評価をした馬なら尚更です。



例えば、シーザリオと息子のエピファネイアのように共に名馬でありながら同じ症状の怪我で早期引退を余儀なくされるのは、何かしらの欠点が遺伝を通じて両者にある可能性もあります。

それでも、上記の馬のようにG1勝ちをする確信があるなら”時限爆弾”覚悟で誰もが出資するはずです。
濃いインブリードも同様で、メリットとデメリット、リスクとリワードをどうバランスを取るか・・・こうなると、やはり今の私のレベルでは点数評価に組み込むのは困難です。




ただ、大きな怪我というのは、凡馬も名馬も等しく起きる物です。
そう考えると、名馬の予感がしたとしても避けるべきなのかなと今の所考え、点数評価に関わらず『1発レッドカード』として、出資対象から外すこととします。

この辺りは毎年見直しが必要な要素だと考えていますが、とりあえず今年はこのようなスタイルで行きたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/355-d9c28bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
昨年は15頭で10勝。今年は現在2勝と不振が続いています。 幸い2歳馬が有能そうなので、後半の盛り返しに期待です!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………