競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:18:41
巷では昨今のJRAの馬場で記録される速い走破タイム、いわゆる「高速馬場」に批判的なマスコミ、競馬ファンが多いように思います。中には騎手や関係者もいます。

その理由は「骨折が多いから」だそう。
果たして、本当に「高速馬場」は競争馬の骨折事故の増加につながっているのでしょうか?

そもそも「高速馬場」批判派の主張としては、高速馬場=固い馬場=固いと足を怪我をするというシンプルなもの。
それ以上の例えば「~年の骨折件数が何件で・・・」という詳細なデータを提示してきたことがあったのでしょうか?

要するに彼らの意見はかなり主観的なもので「最近の若者はたるんでいる。」、「今年の風邪は治りが悪い。」と言うのと同じ程度に聞こえます。






以下『競走馬の科学』(JRA競走馬総合研究所)と『コースの鬼!』(城崎哲著)で取材に答えるJRA馬場度土木課・課長の見解です。





「硬い馬場は走行タイムが速い傾向にあるが、『時計の速い馬場=硬い馬場』とは必ずしもいえない。芝が密に生えそろって、クッションの効いた状態でも速いタイムを記録することがある。

 また、『硬い馬場は事故のもとになる』という考えもあるが、これも誤った認識である。実際に、時計の速いレースで事故が多発するという傾向はない。
競走馬は馬場が硬ければ硬いなりの、軟らかければ軟らかいなりの走り方をする。これから肢を着こうとする場所の状態が、競走馬の予想どおりであれば、危険はさほど高くない。

 しかし、硬かったり軟らかかったり、また凹凸があったりした場合に、競走馬の肢は競走馬自身の予想とは違う動きをしてしまう。これがもっとも事故につながりやすい。
 馬場は競走馬にとって走りやすく、より安全でなければならない。重要になるのが、馬場の均一性である。」(『競走馬の科学』139頁)







競走馬の職業病といわれる屈腱炎の原因は『不正着地』(脚の着地の際に凸凹にはまったり、脚をすべらせるなど馬の予想と違うこと)が多いことが判明しており、別の記事で紹介しますが、屈腱炎が年々減少しているのもこのように綺麗な均一の馬場を実現させたことが要因なのです。

競走馬の屈腱炎の発症件数は年々減っている

つまり、高速馬場批判派が言う「JRAはレコード決着を乱発させて、競馬を盛り上げようとしている」というは当然間違いであり、
JRAは安全な馬場を目指した結果、副産物としてタイムが速くなってしまった・・・というわけです。






JRA施設部馬場土木課課長の矢島輝明さんは、『時計が速いというのと、競走馬の故障しやすさは別のことだと考えている。現実にコース面がデコボコで不均一で遅いよりは、速くてもコース面が平らで硬さが均一な、保持力が十分な馬場のほうが事故や故障が少ないことがわかっている。

たとえば芝のレースの
競走馬の故障率は1999年頃がいちばん高く、約2%だった(出走馬100頭中2頭という意味)が、最近はその半分強(1.1~1.2%)にまで下がっている。それに対してダートの故障率は現在でも1.4%程度だ。

脚元に不安のある馬がダートに回ることが多いとしても、芝とダートを比べたらダートのほうが断然タイムが遅い。
それでいて
ダートのほうが事故率が高いのは、走破タイムと故障率の間に直接の相関がないことを示している』と説明する。」(『コースの鬼!』28-30頁)








このように、実際の骨折件数は『高速馬場』という名の馬場の改善によって、減少しているのです。
スピードが上がればそれだけ馬の脚に負担が掛かるのは事実でしょうが、時速20キロと200キロのスピードを比べているわけではありません。

2000mの走破タイムでせいぜい2~3秒のタイムを縮める程度のスピードアップでは馬の脚を壊すような負担増にはならないようです。
むしろ、骨折率の低下、屈腱炎にかかる率の低下を見ても、綺麗な馬場から得られる恩恵の方が遥かに多いということです。


さらに言えば『高速馬場』=固い馬場という事自体が誤解で、現在の芝の馬場について中山競馬場・馬場造園課の二村啓介課長は以下のように答えています





赤見 :レコードが出た時はどんなお気持ちですか?

二村 :「正直、嬉しくないですね。馬場が硬過ぎると批判されますから。確かに昔は馬場の硬度が120くらいあった時期もありました。でも今は硬度80~90くらいに設定していて、硬くはないんですよ。海外の競馬場、例えばイギリスのエプソム競馬場と同じです。硬度に関しては、かなり気を使っています」(netkeiba.com 大改修完了!中山競馬場の新生ターフ 2012年09月04日)






実は馬場の硬度は欧米と変わらないのです。
科学的には固さは同じにも関わらず、外国人調教師などが来日した際に日本の馬場を固いというのは、芝の刈り込みを行ったことで長さが短くなり、欧米の足に引っ掛かるような芝のグリップとの差を感じてそう思うのでしょう。

つまり日本は足抜きが良すぎる軽い馬場の為、深いかき込みの走法を覚えている欧米馬が躊躇するというわけです。これは一般にも周知されていることです。


なぜ芝の刈り込みをするかといえば、先述の通りその方が馬にとって安全だからです。
つまり、高速馬場批判派の主張のほぼ全てが的外れだと言わざるを得ません。現実のデータとかなり乖離した意見であることが分かるはずです。

最後になりますが、調教師・騎手にとっては管理馬を骨折・屈腱炎でリタイアさせてしまった時に、
言い訳として「固い高速馬場とレコード決着の影響だ。」というフレーズは大変、便利です。

責任をJRAに転嫁することが出来ますし、マスコミの論調も高速馬場批判派が多い為、馬主や競馬ファンはこれを鵜呑みにしているのです。






・・・これでも、まだ「高速馬場が~」という子は、もうお母さん知りません!

JRAにおける骨折の件数は

平成5年 で1996件
平成23年で1139件


と既述の骨折の発生確率とおなじく、件数も明らかに減っています。
屈腱炎の件数の減少については他の記事で述べます。
関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/5-17826ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フライオールデイズ 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………