競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/05«│ 2017/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/07
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
07:40:24
盛り上がったリオ五輪もあっという間に閉幕。
人類の頂点を決める戦いは、競馬の世界と似ており、努力や根性でどうにかなるものではありません。

かつて世界陸上ハードル競技でメダルを獲得した為末大氏も
「世界のトップになるのに必要なのは努力ではなく、生まれ持った才能が多くを占める」
と発言し、物議を呼びました。

これは、つまり競馬でいう所の血統です。
良血と呼ばれる血統を持つ馬ほど確率的には良い成績を残しているのは周知の事実。


オリンピック選手を見てもこれは当てはまります。
体操を見ると両親がかつて選手であったり、重量挙げの三宅選手は父が銅メダリスト、叔父が金メダリストという家系。
武井壮が唯一勝てないと語ったハンマー投げの室伏元選手は、父がアジア大会で無類の強さを誇った元選手、母は白人のアスリート。


こう見ると、ロバからサラブレッドが生まれないように、オリンピック選手も両親や家系自体にアスリートの血が流れていないと、トップクラスにはなれないのではないでしょうか。


また、野球選手を見ていて感じるのは母の重要性で、父がアスリートでも母が運動とは無縁なアナウンサーでは、中々大成する選手が生まれてこないように感じます。

競馬の世界を当てはめれば、これも事実なのではないでしょうか。





レッスルハンマー(ヨシダサオリの2016)
父:ムロフシ
母:ヨシダサオリ

こんな血統の馬だったら、セレクトセールで5億円はくだらない、ロードカナロア級の名スプリンターになることでしょう。




そんな吉田沙保里選手が「トップに立つ上で大切な事」について語っていました。
「大切なのは負けず嫌いな事と思いっきり出来ること。練習でも優しい選手は相手が怪我をしないように気遣ってしまうから、思いっきり出来ない。そうすると試合でも100%の力を出せない。負けず嫌いでないといけないと思う。私が女で良かった。もしも男だったら、数人は殺しているでしょう。」



なるほど。この点も競走馬と同じ気がします。
よく言われることですが、馬は集団で行動する生物だから、一度抜かされると相手を上だと順位付けして、その場で諦める馬も多い。
しかし、負けず嫌いの馬というのはなんとか食い下がって、相手を蹴落とそうとする。
そういう気持ちを我々は「勝負根性」と呼んでいます。

これは吉田選手が言うように普段の練習(調教)から、差がつくはずです。
相手を負かそうとしない馬では、持てる才能を引き出すことが出来ません。





そして柔道の金メダリストの井上康生監督は、このような事を同じく柔道で3連覇した野村氏に話しました。

「自分は世界の誰よりも練習をした自負はある。しかし、それが誰よりも効率的であったかは自信が無い。」


彼が後悔しているのは、相撲や柔道などに蔓延る古い「根性論」に流されてしまった事。

部活の「練習中は水を飲むな。」
相撲の「怪我は稽古で治す。」
武道はとにかく「鍛錬あるのみ!」

とまあ、こんな感じ。


柔道で言えば、これらで世界のトップでいられた時代は、誰も間違いだと指摘出来ませんでした。

しかし、礼節を重んじ審判に相手が反則をしているとアピールすることをしなかった結果、判定で相手が勝ち。
「組み合って一本を取るのが柔道の道!」だと説いたら、有利な状況でも攻めて、相手が返し技を待ち構えており逆転負け。


リオ五輪の100キロ超級の試合では、フランス人選手がリード。組み合わずに逃げつつも日本人選手が技を出していないと審判に印象付けてさらに「指導」を与えるテクニックを使われ、判定負け。

実況の「”柔道”をさせてもらえませんでした。」の通り、日本人が思い描く理想像の柔道などはどうでも良くて、オリンピックの競技は”JUDO”なのですから、そのルールに沿ったテクニックを日本人も示す必要があるのです。


数年前までは組手を省いて、奇襲のタックル(もろ手刈り)が一世を風靡しました。
組手から技に入る日本人は一切対応出来ず、結果レスリングになってしまい、ルールで禁止に。
つまり、これでも大分JUDOはましになったようです・・・。



日本柔道が最強の時代は「ほら、日本人が優勝した。礼儀正しさと根性こそ武道。だから強い。」という幻想を抱いていたわけですが、実際には礼もせず、柔道着も直さず、ガッツポーズをして、審判に見つからないように反則をし、逆にちょっと消極性を見せられると、オーノーと手を挙げてアピールした選手が日本人選手を破るのが今日の柔道です。

つまり当たり前の事なのですが、武道の精神と強さは全く関係ありません。
あくまでテクニックこそ重要で、試合を有利に運ばせる小技も効率的に使わなければなりません。



競馬の世界も、古くから経験則で伝わるやり方で結果を残した生産者や調教師ほど、現代になってもそのやり方を続けている傾向は無いでしょうか。
日進月歩の中で取り残されていることに気づく事も出来ないようでは、未来はありません。






そして、今回のリオ五輪で最も多くの人が一番印象に残ったであろう、陸上400mリレー。

1人も9秒台を出せない中で、日本が銀メダルに輝いたのは、テクニック以外の何物でもありません。
正直に言って、これは『すき間競技』なのです。

仮に黒人、白人がリレー競技に力を入れた場合、テクニックの差は縮まり、日本はフィジカルの弱さからメダル獲得には至らないでしょう。

今回の銀メダル獲得を見て、今後、中国等がリレーで日本を真似て来るのは明白で、次の五輪以降こんなに上手くは行かないのではないでしょうか。

つまり、テクニックが並べば地力に秀でた黒人が有利だし、そうでなくてもテクニックが重要であると証明したことで、それを磨く他の国々が台頭するはずなのです。



100mでガトリンやボルトと日本人が並んだ時の絶望感を皆さんも感じたはず。
脚の長さ、筋肉量、柔らかさ、ストライド・・・どれを取っても『生まれながらの差』を感じざるを得ません。


ロバとサラブレッドのような絶対的差を地力勝負で超えるのは不可能に感じます。
現在の日本人トップクラスに位置する選手達を見ても、純血ロバでは無く、サラブレッド(黒人)の血が混ざっていることが多いのは当然とも言えます。




オリンピックも競馬も結局は『血統』が最重要。
そんなことを再認識しました。

関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/519-bc064f98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・準オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………