FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
19:51:30
~随分空いてしまったので、あらすじ~


パラオの無人島にて、波際でのんびりとした時間を過ごしていると…


パラオ旅行その1は コチラ



波の音と鳥の声に耳を傾けていると、1艘のボートが近づいてきます。
そのボートからはやかましく騒ぐ声が。

「な、なんだ!?海賊の襲撃か!?」

瞑っていた目を開き、騒ぎ声のするボートへ目を向けます。
すると、中国人の団体がこちらへとやってきてしまいました。

「ワーワーギャーギャー!! ホアジャン チンジャオロースー!!! 」


「えぇ…」
騒ぎまくる中国人に唖然、呆然の日本人ツアー客。

同じツアーの人にあとから聞いたところ、彼らカップルは東屋で弁当を食べていると、中国人が周りをわざと取り囲んでそこに居座り、東屋から追い出されたそうです。


日本人そして、日本国内ではにわかに信じられない行為なんですが、こういう恫喝じみたことを恥と思わないんですよね、彼らは・・・。
集団になると本当にタチが悪いです。


DSCN5080.jpg


話を戻して、この島の目の前にあるのがイノキアイランド。
元プロレスラーアントニオの猪木氏がパラオの知名度が低い時代からトレーニングと称したバカンスを楽しんでいたことから、島の所有者が名付けたそうで、特にアントニオ猪木氏の持ち物ではありません。


「猪木、無人島で過酷トレーニング!」と銘打って、修行する様子を確かに子供時代、テレビで見た事がありました。
こんな青い海の時点で過酷じゃないぞ・・・とツッコミながらも、この人の現役時代から中東や北朝鮮など国際的に未開の地で試合をしたり、モハメド・アリとプロレスではなく、ガチで勝負をするなど
『ひとの行かない道に飛び込む勇気』
は尊敬に値しますね。
プロレスはショーではありますが、彼は本物のファイターであったと思います。
ただ、それが政治となってくると色々と思う所はありますが・・・。


が、この夜、現地の方から「猪木さんはいつもこのホテル(PPR)で同じ部屋に泊まっていたんですよ~。」という話を聞き、全くトレーニングしていない単なるバカンスであることを確信するのでありました(笑)





さて、午後もイベント目白押し。
まずは、ロングビーチに向かいます。

ロングビーチとは島ではなく、海上に浮かんでくる砂浜のことで、遠浅の海が潮の満ち引きで出現したり、消えたりする神秘的な場所。

DSCN5163.jpg


この日は綺麗に見ることが出来ました。
三日月形に出現した砂浜。
当然ですが、通常ビーチは片側だけに出現するわけですが、両側が浜というのは不思議な気分で、道のようになっています。

インスタ映えに命を捧げる女子が失禁ジョジョジョ~!の撮影スポットですね。




そして、続いてはジャーマンチャネルへと向かいます。
その名の通り、ドイツ軍が造った水路のこと。

ジャーマンチャネル周辺は波が荒い日が多い為、波の影響を少なくして船の航行が楽になるようにと、岩などで囲った水路を作ったそうです。


1913.jpg

奥に岩を積んだ道があるのがお分かりになるはず。
反対側は写真の右側にあり、水路になっているのです。
宝石のような青色です。もちろん、色の加工等は一切していません。


素朴な疑問として「なぜドイツが?」
ということで、パラオの歴史を簡単に学びましょう。



パラオには16世紀にスペインが上陸し、インドの一部ということで支配。
激しい搾取や彼らが持ち込んだ疫病で、パラオの人口は僅か10%にまで減った暗黒期だった模様。

19世紀末になると、スペインは衰退し、変わって台頭するドイツへパラオを売却。
ドイツもスペイン同様に彼らからは搾取をするのみで、20世紀になっても紙幣、教育、インフラなどをパラオの為に整備することはなかったとのこと。

1914年に第一次世界大戦でドイツに宣戦布告した日本がパラオを占領。
パリ講和会議で正式に日本の植民地としてパラオを支配しました。


日本は他の植民地に施したのと同様、パラオに学校、病院、道路などインフラを整備し、またパリ講和条約に基づいて軍事施設は作りませんでした。

ドイツ統治時代とは打って変わり、日本人が大量に移民。昭和18年の統計では日本人25000人、パラオ人6500人ほどだったそうです。


戦後はアメリカが統治し、反日教育を叩き込みましたが、日本統治時代の教育は相当に”まとも”だったようで(日本本国に関しても、GHQが日本人の識字率などを調べた際に驚愕するほど高度で、あからさまな洗脳は不可能と諦めた話もあります。)、パラオ人の洗脳は失敗しました。

破壊された神社が再度建立されたり、パラオ独立の際に国旗が著しく日本の日の丸と酷似していることからも、現在も親日国であることが窺えます。(日の丸モチーフには諸説ありますが、日本嫌いなら似ているデザインは選ばないでしょう。)





このような歴史背景から、言語は英語が公用語ながら、スペイン語、ドイツ語、日本語が多く残っているそうです。
日本語に関しては教育の影響か、特に多く残っているのでまた後の記事で述べたいと思います。





この後、さらにシュノーケル2回目。
さすがに昨日深夜便で来たからか、あまり寝ていないこともあり、疲れてきました。

それは皆同じようで、帰りの船ではぐったり。
結構高速ボートで寝てしまう参加者も多々いました。

逆に私は変わりゆく景色が楽しくて、船に乗ってからはぴんぴん。カメラ小僧状態。

DSCN5177.jpg

今回の記事の写真でもお分かりになると思いますが、パラオの海の色は本当に様々。
既存の日本語だけでは表現出来ない色もあり、奥深いです。

最初の記事で「海しかない国」と述べましたが、その海が本当に飽きさせない魅力を持っています。




帰りは船でホテルまで送ってくれる模様。
楽ちんです。

DSCN5420.jpg

パラオパシフィックリゾートにも小さな港があります。
帰ってすぐに部屋でバタンキュー。
ホテルの様子も楽しみたいのですが、それはまた翌日にすることにしましょう。



つづく

関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/657-ca257d1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイが三冠を達成しました。まだまだ夢は続く模様ですが、一向に新規出資が叶わず持ち馬減少の危機。 労力に見合わないガッカリ感に再び冷めた気持ちがあります。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:7億2022万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………