FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/10«│ 2018/11| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/12
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:25:41
先週の日曜日、東京メインのオクトーバーS(OP)でストロングタイタンの口取りに挑み、長い写真判定の末に敗れてショックを隠し切れない私。
ただの観戦ならまあいいか・・・なのですが、口取りが掛かっていただけに非常に悔しい一戦となりました。


自宅に帰り、スリット写真を確認した所、確かにストロングタイタンの負け。
しかし、後日、2ちゃんねるに『ストロングタイタンの負けは鼻の色の差』という書き込みが。
思わず、お茶を噴きそうになりましたが、そこで検証が行われました。


(※画像サイズが大きいのでクリックで原寸にして下さい。)
2a3c98cd.jpg


はい、やはりストロングタイタンの1ピクセル負けですね。
実寸だと1センチ位なのでしょうか。
赤、ストロングタイタン。
黄、マウントロブソン。

確かにわずかに負けていました。


では、他のレースもこの精度で行われているのかという疑問が湧いてきました。
そこで色々と際どい判定になったレースを調べてみた所、案外JRAの基準が不明確なことが分かってきたのです。


7775ffe1.jpg

これは画像にある通り、1着同着のレース。


7775ffe1 - コピー

拡大して点線を当ててみると、サトノアーサーの勝ちにしか私には見えません。
これを同着とするなら、ストロングタイタンも同着なのでは・・・?



5e5eb944.jpg

上が1着。下が2着。


では、拡大してみましょう。



5e5eb944 - コピー

JRAの着順はもちろん正しいのですが、この微差でも1着2着の判定となるようです。
ストロングタイタン同様厳しい基準で優劣をつけている半面、上のサトノ&スズカの緩い同着基準とは矛盾します。


続いてはこちら。

cd059fab.jpg

1着同着のレースです。
拡大してみます。

cd059fab - コピー

明らかに下の1番ゴールデンスピンの勝ちに見えます。
これで同着にしてしまうなら、もっと微差の着差で1、2着にされてしまうのもおかしい話です。




番外編でJRAではありませんが、大井のレディスプレリュードのホワイトフーガ。

NziaX9x-300x193.jpg

NziaX9x-300x193 - コピー

2着同着の判定ですが、どうみても差されて3着に私には見えます。
8番の白い鼻が特に上の写真では一歩前に出ています。

ちなみにホワイトフーガは単勝1.3倍。
多数派を取った可能性を疑ってしまいます。



最後はJRA史上初にして唯一のG1レース同着。
オークスでのアパパネとサンテミリオンの判定写真です。


f3df4ecf.jpg

拡大してみましょう。

img_1.jpg


時代が一つ前なので、鮮明さに欠けるのでなんとも言えませんが、アパパネが1着に見えます。
・・・いや、同着か・・・?このレベルならば同着ですね確かに。過去唯一の例なのも納得のG1同着。



ちなみに同着にしてもJRAに負担はありません。
賞金は1着と2着の賞金を足して2で割った金額ですし、馬券は皆さんご存知のようにオッズが調整されます。
ですから、同着にしたくないとかそういう発想はないのです。(副賞などは負担しているのでしょうが・・・)



ということで、同着なのか1着2着にするかの判定は非常に曖昧です。
ミクロの微差でも差をつけてみたかと思えば、目視出来そうな着差があっても同着の場合も。


これは結局、人間の目で行っているからです。
判定を下す人間は当然開催中、複数いるわけですし、安全策で同着にする場合もあれば、アクティブに判定する職員もいるでしょう。

また判定が長引ければ、後のレースに影響も出ますし、重賞以上になるとタイトルの有無などでデリケートな問題になってきます。
未勝利レベルならアッサリ同着にしますが、上のオークスを見ても分かるようにG1等ではそうはいきません。

重賞以上ではそうそう同着になりませんが、条件戦では多く同着がある。
この傾向は皆さん感じているでしょうし、試行レース数の問題ではなく、判定にかける時間を見れば、熟考してでもG1などでは同着にしない(例外がアパパネのオークスですが。)のは明らか。


つまりJRAは興行上の理由で同着にしたり、しなかったり判定基準を変えているわけです。


よくよく考えれば、それは公正競馬に反します。
なぜなら人が人の事情で優劣を決めてしまっているからです。



上で私が勝手に

「こっちが勝っているように見えます!」

と言っていることに関し、

「そうは見えない。」
「逆だろ。」

こう思う方もいる事でしょう。

では、それが絶対正しいと言えますか?
私も見えたことを書いていますが、絶対に正しいかどうかは分かりません。


そう、人間が見えたものが絶対に正しいとは限りません
白は膨張色ですし、黒は逆。そう見えてしまうけど、実際は違うわけで、人間の目とはその程度の精度なのです。



ですから、機械のセンサー判定にするしか方法はありません
こうすれば、一瞬で同着か微差でも1~2着がハッキリします。
レースの格などというしがらみも関係しません。

わざわざその為にコストを割いて導入する必要があるのかと思う方もいるでしょうが、
ハナの差ひとつを争う競馬においては、写真判定は日常茶飯事。


技術的にはセイコーが開発したトラック競技の判定写真で用いられる

『選手以外を全て白抜きにする技術』

でハッキリと分かるようになっています。

f0013998_1924685.jpg



競馬の写真判定でも悩ませるのは色。様々な色が邪魔をしていることです。
JRAは、せめて現行である技術位は導入すべきではないでしょうか?

ちなみに機械でどこまで測るかも定義されており、


”写真判定装置では通常1/1000秒単位で画像を記録している。
1/1000秒でも差がない場合は同着となる。
1/1000秒だけの差がある場合も、機械のノイズによる誤差もあり得るとして同着となる。”



このように機械の力の限界まで判定し、それでも微妙ならば、誤差の可能性も加味し同着とする。
と定義されているのです。ルールが明確に設けられており、JRAのように曖昧にはしていません。


JRAの人任せの判定と機械の判定。皆さんならどちらがより正確で、信頼、納得できますか?
公正競馬を謳うのであれば、この位の説得力は必要だと私は思います。
関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/672-82a71784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイが三冠を達成しました。まだまだ夢は続く模様ですが、一向に新規出資が叶わず持ち馬減少の危機。 労力に見合わないガッカリ感に再び冷めた気持ちがあります。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス・秋華賞(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:4億1719万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………