FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
16:22:42
毎年、徐々に総獲得賞金も増えておりましたが、今年は鳴かず飛ばず。
賞金も勝利数も今一つ伸びず、去年を下回りそうです。

案外だったのは今年が飛躍の年と見込んでいたストロングタイタンが結局、重賞もOPも勝てなかった事。
レースだと他馬に怯むような仕草を見せることなど、思わぬ弱点があり、素質を全て出すことが出来ていないように感じます。

この馬は爪が弱く、2~3歳にかけて10か月ほど休みましたし、今年も裂蹄で半年休みました。



そして想定外ともいえるのが、アーモンドアイ。
出資時に見込んだ通りの素質馬であり、デビュー前から「2歳の重賞、G1出走級」と自信を持って、私自身語ってきました。
が、蓋を開けてみれば、現在1勝。

デビュー戦は単勝1.3倍を裏切り2着。
2戦目は単勝1.2倍で、馬なりで勝利。


このままアルテミスSや阪神ジュベナイルFに向けて進めていくのであろうと思いましたが、体調が整わず年内休養。

まともに出走出来ていれば、上記のレースでも勝負になるであろうと確信していますが、競走馬はいくら素質があろうとも、出走出来なければ全ては妄想です。



極論
「この馬は、今年の年度代表馬と併せ馬で楽に勝ったんだ。今は事故で脚を1本失って、生殖機能も無くなったけどね!でも最強馬だよ!」
と言われても「お、おう・・・。」としか言いようが無いですよね。


力を証明出来なけば、素質馬であろうがなかろうが関係はありません。
実際には、種牡馬としての価値、繁殖牝馬としての価値などが絡んでくるのですが、一口馬主の牝馬に出資している以上、やはり走って結果を求めたい所。



アーモンドアイに関しては私含め、ネットの掲示板でも「出れば確勝。重賞はもちろん、桜花賞も。」と強気な発言が目立ちますが、実は未勝利勝ちから1走もしていないわけです。

それにも拘わらず
「今日の~賞だったら、出ていたら勝てたでしょうね。」
こんな話で盛り上がってしまうことに、虚しさを感じます。



レースに出られることも能力の一つだと言えるのではないでしょうか。
要は頑健さ。

以前に記事にしたように、同じ時間鍛えても、筋肉トレーニングの効果にはその遺伝子の質により、なんと数倍も差があります。


ですから、脚や背腰を痛めてばかりの割に、出走すると確実に結果を残すような馬も特に良血に多くいます。
1歳時の募集時は、あんなに貧弱だったのに・・・と後悔するのは上記のような馬なのかもしれません。

古くはフサイチコンコルドがこのタイプでしょうか。常に微熱が出ていたなんていう体質の弱さもありましたが、僅か3戦でダービーを
制覇する才能の持ち主でした。
最近では、両前脚に同時に骨折したデュラメンテも同様で、類まれなスピードの替わりに足もとはガラスのようでした。




そういう潜在能力が高いことももちろん才能でしょうが、一方で頑丈な身体を活かしてトレーニングを継続して行い、安定してレースを使える・・・jこの頑健さも才能なわけです。
今日、有馬記念でラストランを勝利で締めくくったキタサンブラックはこのタイプですよね。


ちなみに骨折の原因の1位は『一度やってしまった事』であり、つまり脱臼と同じで癖になる怪我です。
また、屈腱炎から復帰後の能力は明らかに落ちることがデータもあります。

頑健さがどれだけ大切なのか分かると思います。

ただ、体質が弱かろうが、強かろうが、どちらにしても、力を証明するにはレースです。


ですから、一口馬主の出資馬選びのポイントで能力だけではなく、怪我をしない馬体なのかどうか・・・そして、体質が強い血統なのかどうかなど、この点についても妥協をしてはいけないと思います。
完璧な馬などいないし、いても出資は取り合いで難しいでしょう。
ですから、短所と長所のバランスを見て、折り合いを付けなければならないのが悩ましいところではありますが。






アーモンドアイが休んでいる間に他の馬達は鍛錬を積んでいるわけで、来年のシンザン記念に出走が決まっていることから、今から期待半分、不安半分なのです・・・。
関連記事
スポンサーサイト





トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/685-434ff6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイがついに歴代最多タイのG1を7勝。しかし壁は厚く達成できるかは神のみぞ知る・・・ ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主8年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬
★くらむの一口馬主日記!





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ・天皇賞秋・ヴィクトリアM(G1)優勝
  アーモンドアイ


鳴尾記念(G3)優勝
  ストロングタイタン

………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
8歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7994万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
6歳・2勝クラス
募集金額:2560万円
獲得賞金:4885万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
6歳・1勝クラス
募集金額:1040万円
獲得賞金:1751万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
4歳・2勝クラス
募集金額:1600万円
獲得賞金:2533万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
4歳・1勝クラス
募集金額:1000万円
獲得賞金:650万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
4歳・1勝クラス
募集金額:2200万円
獲得賞金:1475万円

………………………………………
モンストルオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳(地方・船橋)
募集金額:880万円
獲得賞金:305万円

………………………………………
ヴィクトリオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳・未勝利
募集金額:1120万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
サンメディル 牡
父:Lemon drop kid
3歳・未勝利
募集金額:2640万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
5歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:14億662万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
7歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億7327万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
7歳・1勝クラス
募集金額:4000万円
獲得賞金:3728万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
6歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:2772万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
4歳・1勝クラス
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
4歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ハーモニクス
父:キンシャサノキセキ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………