競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/01«│ 2018/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2018/03
09:41:18
ゲートで出遅れ癖がある馬、また一見すると五分でスタートを切っても先行できず、毎回後のポジションとなり追い込み一辺倒になってしまう馬・・・これらの原因を考えてみます。

まずゲートで出遅れする馬について。
昨年の秋のG1でルーラーシップが絶望的な出遅れを繰り返し、それも要因となって引退してしまいましたが、多くの場合、出遅れる理由は馬の精神的な問題にあります。




例えばスタートで一斉に飛び出し、直後によれてぶつかってくる馬がいるレースはよく見かけます。
これらの被害を受けた馬が一種のトラウマになり、以後のレースでは自らワンテンポ遅らせてスタートを切ろうとしてしまう・・・。

こうした出遅れ癖は残念ながら中々矯正は難しいと思われます。
ルーラーシップがこのケースなのかは分かりませんが、ゲート練習ではしっかりスタートを切ることからレースで何かトラウマが出来たと考えると、つじつまが合います。







その他では、とにかくゲートがストレスで滅入ってしまう馬。
些細な事が気になり集中出来ない気の弱い馬や、気性の悪く反抗的で嫌なことに我慢が出来ない馬など、ストレス耐性の無い馬は要注意です。

ゲートに閉じ込められると、狭い、怖い、戦いが始まる・・・今か今かと待っているだけで精神を消耗し、もう嫌だとバタバタしたり、立ち上がったりした時にゲートが開けば、当然出遅れます。




これについては、海外では様々な対策が取られています。
アメリカやドバイのレースを見ていると、出走馬がリードポニーとくっつきながら一緒に本馬場入場し、出走馬をなだめてレースまで冷静な精神状態を保たせたり、ゲート内ではゲートにくくりつけた馬着(服)を付けさせていました。

馬が神経質な状態となると感覚が敏感になり、素肌がゲートに触れただけでストレスで暴れる原因となるため、馬着でそれを防ぐことが出来るのです。(スタートすると馬着はゲートに残る。)

同時にピリピリしている騎手ではなく、ゲートボーイがひたすら愛撫をしてくれるのでゲート内でも心細さを感じることなく発走を待てるのです。





また、ゲート入りを嫌がった場合でもゴムバンドをお尻に添えて、係員が後ろから押す手法を取ります。
日本では係員によって短鞭より大きな痛みを与える長鞭で、後ろから尻を叩かれ、痛みに驚き、無理強いへの不満の中でゲートに飛び込んだ馬が、ゲート内で冷静でいられるはずがありません。
次回以降もゲートがもっと嫌いになるだけです。


オグリキャップがゲートに入る直前に立ち止まってブルブルと頭を振っていたのは、スポーツ選手が試合前にポンポンと両足で飛んで深呼吸をするのと同じで「気持ちを整える」ことであったと思われますが、馬にだって意思があるわけで無理矢理ゲートに入れさせるにしても、やり方という物があるはずです。







ゲートボーイや馬着の件で見ても、JRAは公正競馬の名の下に、そういう工夫を取り入れて馬を尊重する姿勢が全くありません。

公正競馬にうるさいJRAと細かい日本人の気質の影響で、海外の馬と比べて遥かに日本の馬達は神経質になってしまっています。
これは、どう考えても先天的なものではなく、生まれた後の環境が原因です。



競馬における出遅れ癖は、特に短距離戦やダート戦では高い競走能力であってもそれを台無しにする程のかなり重要なファクターであり、スタートダッシュの適性は強い競走馬に必要な能力の一つです。





本題の「なぜ先行出来ないのか」は次回に続きます。
関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/73-792f765d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイのシンザン記念制覇で愛馬初の重賞ウィナーの誕生です。どうかクラシックを無事に走って下さい。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18シンザン記念(G3)優勝
  アーモンドアイ

………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2385万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
3歳・未勝利
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フライオールデイズ 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・未勝利
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フォーミーの16 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
MissLunaの16 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:9646万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5435万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:4625万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1447万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1550万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
ユキチャンの16  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ツルマルワンピースの16
父:ヴィクトワールピサ
2歳・未出走
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………