FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2018/09«│ 2018/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2018/11
22:41:27
さて、昨日オークスの祝賀会が開催されました。
5月の勝利から4か月がたち、待ちに待ったお祝いです。

今回も簡単に全体を振り返りたいと思います。


まずは会場が暗転し、桜花賞、オークスのレース映像が流れます。
カッコいい編集で、DVD化して出資会員に是非配って欲しい出来です。


そして代表らの挨拶の後はバイキング。
今回もアーモンドなど趣向を凝らしたオリジナルメニューが並びます。

IMG_20180917_184959_resized_20180918_074229390.jpg

端に置かれたインスタ映えのケーキは皆が撮影するので、中々ナイフを入れる人がいません。
綺麗なので崩すのが悪い気がしてしまいます。

料理は随分と並んで取るので、その最中は暇・・・。
ケーキを列と別の所に置いて、並んでいる間に皆が写真を撮れる位置に置くなど、工夫があっても良かったかも知れません。




続いてはオークスのトークショー。
司会の岡部玲子さんから、ルメール騎手に質問

岡部「オークスはレース中、いつ勝利を確信しましたか?」
ルメール「向こう正面です。」

会場「(早!!w)」

笑いが起きましたが、この事に関しては同じトークショーで国枝調教師もレースのキーポイントについて
「向こう正面で、折り合いがしっかりついたこと。」
と述べていました。

それくらい、あのスタートで掛かって行ったことは致命的でしたし、向こう正面では落ち着き、リラックスしてレース中盤以降を進められたことで前半のロスを払拭出来たことが、勝因ということでしょう。
逆に言えば、あとは何が起きても勝てたわけです。

直線で詰まって残り300mだろうが200mだろうが、それだけあれば全馬差し切る能力がアーモンドアイにはあるということですね。



ノーザンの木實谷場長への質問では、この夏のアーモンドアイについて。
オークス後はかなりの疲労があった模様。
しかしながら調整のむずかしさで言えば、冬場の寒い時は随分苦労したが、夏の暑さなどは問題なかったようです。
確かに、去年は未勝利勝ちしてから絶不調と言われていましたし、次走がシンザン記念になるとは思ってもみませんでした。

それと比べれば簡単な調整だったと。
これはつまり、秋華賞へ向けては万全ということですね。良かった!




また、競走馬には夏馬と冬馬がいることは明らかで、基本的には暑さや寒さに対する耐性で決まります。
以前、ハーツクライが冬場にドバイに行ったら、不調だった体調がドバイの温暖な気候でメキメキと回復し、馬の気分が良さそうだったと橋口師が述べていましたが、アーモンドアイについても、日本の冬場に調整を苦労する位なら、ドバイに連れて行って早めの春を迎えさせてから、国内に戻るのも良いでしょうね。


IMG_20180917_184904_resized_20180918_074229121.jpg
オークスの戦利品が加わり、豪華さも増してきました!
トロフィーが何故かシンザン記念の物だけなのが残念。
秋華賞後は是非3つ揃えて欲しいです。


IMG_20180917_184858_resized_20180918_074229687.jpg
桜花賞の勝負鉄。
釘の並べ方がカッコイイです。





今回、招待状、阿部社長のあいさつ、岡部玲子さんからなど、繰り返し周知されたのが
「出来るだけ多くの皆さんとお話してもらいたいから、騎手や調教師への写真撮影、サイン依頼は禁止。」
ということ。

しかし、結果限られた関係者しかお話出来ない雰囲気で、多くの方と話せてはいないだろうなと思いました。
クラブパーティと違って少人数(といっても500人ですが)なわけですから、何か上手い方法はないものですかね。

会場入口に口取り再現の等身大パネルで皆さん撮影していましたが、ルメール騎手、国枝先生に立ってもらって、
「G1口取り達成」
という、一口会員の一つの夢を叶えてくれるイベントがあっても良いのでは。

彼らは従業員ではないですから全員とは言わないですが、抽選を行うとか色々手はあるでしょう。



IMG_20180917_194047_resized_20180918_074228825.jpg

サイン入りのグッズ抽選会はルメール騎手も進行に加わります。
山田、吉村など簡単に苗字は漢字でも読めるようで、その日本語の上達ぶりに岡部玲子さんも
「おー!すごい!読めますねー!」
と驚きの表情(の瞬間の写真)。

私は当然ですが、普段の行いが悪いのと、先日の記事で述べたように懸賞とかホント全然当たらないんですよね。




終盤は吉田勝己さんの挨拶。
まずは北海道の地震当日のお話。
断水して1日中、井戸だったか川だったか、水を汲んだ話や、地震の直後はまず種牡馬を見に行ったお話がありました。

そりゃそうですよね。
社台スタリオンステーションにいる面子を考えれば、あそこは社台の心臓と言える場所。
ディープインパクトが種付け料3000万で200頭につければ、一年で60億円を稼ぎ出すわけですから、そんな種牡馬達がゴロゴロいることを考えれば、その資産価値は冗談抜きに、数百億レベルでしょう。


そう考えると、種牡馬を一カ所に集めておくというのは、天災、火事、暴漢などのリスクを集中させることになり、実は危険なのかも知れません。

一カ所にまとめる利点や、有事の際には破格の保険でまかなわれる事はもちろん分かっていますが、血脈が途絶える可能性を考えると、様々なコストが掛かっても分散させるべきなのかも知れません。






また競馬のむずかしさについても語っていました。


「ヨシダというハーツクライ産駒が、アメリカでダートG1(ウッドワードS)を勝ち、BCクラシックに挑みます。
ロードカナロア産駒のアーモンドアイが2400mのG1を勝ちました。そんなことは普通、考えられないんですよ。
だけど、これが現実なんだから分からないものだなと。」




最後にアーモンドアイの今後について。



「私は勝てない勝負はしません。勝てると思えば、ドバイだろうが凱旋門だろうが連れて行きますよ。」



とのこと。
ジャパンカップについては誰も言及しませんでしたが、どうもドバイ遠征はありそうです。


各関係者、もはや、来月に迫った秋華賞については通過点の雰囲気で、その後を見据えたものになっていました。
是非とも、楽勝で三冠達成の偉業を見せてもらいましょう!


そして、三度の祝賀会が開催出来ますように。

以上、レポッス。
関連記事
スポンサーサイト


コメント
No title
祝勝会お疲れ様でした!
2回目ということもあってか?みなさん割と冷静に過ごされてましたね。笑
先生、騎手、厩務員さんのお話からますます秋、その先が楽しみになりました。

とにかく怪我だけはしないように調整してもらいたいですね。

くらむ│URL│2018/09/19(Wed)09:18:22│ 編集
Re: No title
くらむさん、コメントありがとうございます(*^^*)
先日はお疲れさまでした。
私含め、会場も同じだし、こなれてきましたよね(笑)
本当におっしゃる通り怪我のリスクはあの末脚をみると、かなりありそうですし、天栄の腕の見せ所ですね。
今後も飽きるほどパーティーが開催されるといいな~。

コズン│URL│2018/09/19(Wed)20:17:14│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/762-5372e3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイが三冠に挑みます。私の人生で恐らく最初で最後の大一番ですが、不思議と何も感じません。 もう私は充分満足したので、綺麗事ではなく、ただただ無事で走ってくれればそれで良いのです。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’18桜花賞・オークス(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
6歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
4歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
6歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3713万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
4歳・1000万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
ジョウノファミリーの16 牝
父:ブラックタイド
2歳・未出走
募集金額:1600万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
2歳・未出走
募集金額:1000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
2歳・未出走
募集金額:2200万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
3歳・オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:3億1341万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
5歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億3785万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:5835万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
5歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1557万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
4歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2172万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
3歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
2歳・未出走
募集金額:2800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
2歳・オープン
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………