FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2019/06«│ 2019/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
09:58:20
アーモンドアイがジャパンカップを2.20.6の脅威のレコードで勝利。
競馬はタイムを競うわけではないが、とはいえやはり時計を出したレースは名勝負が多いことも事実。
これまでのレコードはイギリスのアルカセットの2.22.1でしたが、それを大きく上回ったことになります。
そして、その前のレコードホルダーがニュージーランドのホーリックスの2.22.2。
このレースも従来のレコードを2秒以上縮める脅威のレコードでした。


1989.11.26 良 15頭 ホーリックス 2.22.2
2005.11.27 良 18頭 アルカセット 2.22.1
2018.11.25 良 14頭 アーモンドアイ 2.20.6


ジャパンカップという世界の強豪が参戦していた(過去形)舞台の名に恥じない名勝負も多く、これまで外国馬が保有していたレースレコードを日本馬のアーモンドアイが更新したのは、時代の流れというべきなのか、高速ガラパゴス化した日本の馬場と、日本馬の実力が世界水準である両方が要因でしょう。



ホーリックスのレコードが記録されたレースで2着に敗れたのがオグリキャップ。
この時クビ差負けたオグリキャップもレコードは更新しています
それだけの大激戦だったわけで、この年のメンバーは本当に豪華絢爛でした。

アメリカの世界レコードホルダーホークスター、その年の凱旋門賞馬キャロルハウス。
昨年の覇者アメリカのペイザバトラー、アサティス。
そしてニュージーランドの名牝ホーリックス。

日本馬はマイルチャンピオンシップから連闘で挑んだオグリキャップ、バンブーメモリー。
武豊のスーパークリーク、その年の春天、宝塚勝ち馬のイナリワン、地方の名牝ロジータなど、正にドリームレース。

当時の馬場の様子は分かりませんが、このメンバーが速いペースとレコードタイムを作り上げたのは間違いないでしょう。
破格のタイムは当時の世界レコードで、この時も「当分破られることはないだろう。」と言われていました。




それから10年以上の月日が流れ、2005年のアルカセットが記録を更新します。
アルカセットには当時世界一のジョッキー、デットーリが騎乗。
吉田照哉氏いわく「彼が乗れば5馬身は違う」と言わしめたその技術は、実際に日本でも足りない馬をG1勝利に導くなど、決して過剰な表現でも無かったように思います。

そしてこのレース。ハナ差2着だったのがハーツクライ。
鞍上はそう、ルメールジョッキーでした。
先に抜け出したアルカセットを馬群を割って猛追するハーツクライ。かなり狭い所を鬼脚で抜いたハーツクライに実況も中々気づきませんでした。

最後の最後ハナ差及ばずの2着。写真判定の末、決した着順とこの僅差にデットーリも
「本当に心臓に悪い。」
と笑い、一方ルメールは当時日本での騎乗機会は増えていたものの、まだJRAのG1未勝利だったため
「また2着か。もうこれは運命かも知れない・・・。」
と相当落ち込んだそうです。
ただ、ハナ差同タイムでアルカセット同様に、ハーツクライもレコードタイムを更新しています
その後のハーツクライの活躍はご存じの通り、ディープインパクトを倒し、ドバイシーマを楽勝。キングジョージで死闘を演じました。





そして今年のアーモンドアイに騎乗していたのは、もちろんルメール騎手。
ハーツクライで負けたその時の雪辱なったか、自らの手でレコード更新を成し遂げました。

ルメール自身のジャパンカップ制覇はウオッカに続き2回目。
実はこの時のタイムが2.22.4と、惜しくもレコードには至りませんでしたが、ジャパンカップ史上最も上記2つのレコードに迫ったレースでもありました。





こう見ると、主要競馬場の主要距離でのレコードホルダーはやはり歴史的名馬が多いように感じますし、アーモンドアイにも同じような期待が掛かります。

そしてまだ3歳。
血統的には両親共に晩成ですし、早枯れということはないでしょうから、来年さらなる飛躍があるとすれば、一体どこまで強くなれるのか。

虚弱な体質で、あのスピードを出す為、常に故障のリスクが付きまといますが、どうか無事に現役生活を続けて欲しいところです。

関連記事
スポンサーサイト


コメント
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/774-0cd6a8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイが年度代表馬になり、そしてドバイも制覇。もう私の手ではすくい切れない程に溢れてくる名誉と称賛ですが、まだまだこの馬の快進撃は続くんでしょうか。気分は夢の中です。 ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主6年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ(G1)優勝
  アーモンドアイ


………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
7歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7796万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
5歳・1000万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:4655万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
5歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:1675万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
3歳・未勝利
募集金額:1600万円
獲得賞金:90万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
3歳・500万下
募集金額:1000万円
獲得賞金:500万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
3歳・500万下
募集金額:2200万円
獲得賞金:570万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
4歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:11億1925万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
6歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億4793万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
6歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:2267万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
5歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:2472万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
4歳・500万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:910万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
3歳・500万下
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………