FC2ブログ
競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2020/07«│ 2020/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2020/09
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
15:54:00
さてこの所、キャロットクラブの馬がオーストラリアの格式あるG1レースで2連勝。
以前から時折、オーストラリア遠征を試みる馬はいましたが、今年の様子を見ると完全にノーザンが新たな金脈としてターゲットにしているのが見て取れます。

というのも、秋のG1戦線では国内のG1はノーザンが使い分けて総取りする状態が続いています。
また12月の香港国際競走が使い分けとして以前から機能していましたが、10月も国内G1と使い分けする為にはオーストラリアがピッタリ。

10月に行われた下記レースで日本馬が高額賞金を手にしています。


・メールドグラース(キャロットクラブ)
・・・コーフィールドカップ(1着賞金:約2億3000万円)


・リスグラシュー(キャロットクラブ)
・・・コックスプレート(1着賞金:2億3000万円)



一方でG1馬10頭が参戦した天皇賞秋は1着賞金1憶5000万円。
海外遠征の費用、時間、それに伴う出走機会の減少などを考えると1走の金額だけでは比較出来ませんが、少なくとも欧州遠征のように賞金も安い上に適性が難しく、相手も強力・・・といった『三重苦』になることはありませんから、収支の伴う現実的なプランでしょう。



国内組は天皇賞秋の前哨戦である毎日王冠、京都大賞典もご存知の通り、昔から強いメンバーが集まる為、時間の流れとしてもこの時期にオーストラリアと使い分けするのは、ちょうどしっくりくるはず。
リスグラシューは有馬記念を次走としていますし、メールドグラースはメルボルンカップへ豪で続戦。



元々、デルタブルースとポップロックがメルボルンCでワンツーした頃から、将来的にはこうなることは予測できましたが、ブレイブスマッシュなどノーザン以外からもオーストラリアに転籍する馬がちらほら出ていたので、負けじと新たな金脈であり、漁場をノーザンが譲るわけにはいきませんから、積極的に遠征してきた印象です。



オーストラリアから香港国際競走へというローテになると、その後検疫が長くなりそうですが、G1馬は1~3月の厳冬期を休むことが多いですし、そういうパターンも増えるのでは。


天皇賞春を勝ったフィエールマンのようなステイヤーも、凱旋門へ行かない場合、メールドグラースのローテが最適に思いますし、正にデルタブルースが歩んだコーフィードカップ→メルボルンカップ→有馬記念というローテを再現すれば、ステイヤーの歩むローテとしては最高額の賞金を手に出来ます。

仮に全てのレースで1着となると、コーフィールド:2憶3000万、メルボルンカップ:3憶2000万円、有馬記念:3憶円となり、従来の古馬秋三冠(秋天:1憶5000万円、JC:3憶円、有馬記念:3憶円)を上回る賞金となります。
(秋三冠全て勝つとボーナス2億円はありますが。)

賞金が伴うと廃れてしまったステイヤーの血脈の再考もあるでしょうし、そういう道があってもいいなぁと妄想しています。

関連記事
スポンサーサイト





コメント
No title
怪我とかもあったんでしょうけど、デルタブルースよりもポップロックの方が、メルボルン後の戦績は良い感じですね。
ステイヤーの位置付けは復活することはあまり期待できない気はしてます。
JRAが売り上げ回復のために1日13Rにするためには1Rあたりの時間を短くする必要もあるし、おそらく長距離であってもスピード値の高さでクリアするというダビスタのような方向に行きそうな気がするからなんですが。。。

がぉ~│URL│2019/11/04(Mon)19:27:38│ 編集
Re: No title
がぉ~さんコメントありがとうございます☆
結局レース体系が整備される程、その距離適性を持つ馬が増えるのは、日本やオーストラリアの比較で証明されているので、大レースだけ道が開けてもステイヤーが復権することは無いでしょうね。
おおざっぱに言えば、JRAが長距離番組を2倍にすれば、ステイヤーが2倍に増え、種付け頭数が2倍になり、長距離種牡馬が2倍になる・・・という仕組みだと思います。JRAの番組や地方交流を見ても距離短縮がトレンドなので、まあ実現はしないでしょうね。

コズン│URL│2019/11/04(Mon)20:44:25│ 編集
コメントの投稿










トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/864-a586d7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
アーモンドアイがついに歴代最多タイのG1を7勝。しかし壁は厚く達成できるかは神のみぞ知る・・・ ( ˘ω˘)スヤァ
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主8年目。重賞勝ち(達成)、名付け親(達成)、口取り(達成)を目標に始めました。最終目標はG1制覇(達成)。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬
★くらむの一口馬主日記!





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【出資馬たち】
’桜花賞・オークス・秋華賞・ジャパンカップ・ドバイターフ・天皇賞秋・ヴィクトリアM(G1)優勝
  アーモンドアイ


鳴尾記念(G3)優勝
  ストロングタイタン

………………………………………
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
8歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7994万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
6歳・2勝クラス
募集金額:2560万円
獲得賞金:4885万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
6歳・1勝クラス
募集金額:1040万円
獲得賞金:1751万円

………………………………………
リーピングリーズン 牝
父:ブラックタイド
4歳・2勝クラス
募集金額:1600万円
獲得賞金:2533万円

………………………………………
グラウシュトラール 牡
父:スウェプトオーヴァーボード
4歳・1勝クラス
募集金額:1000万円
獲得賞金:650万円

………………………………………
エルズリー 牝
父:Graydar
4歳・1勝クラス
募集金額:2200万円
獲得賞金:1475万円

………………………………………
モンストルオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳(地方・船橋)
募集金額:880万円
獲得賞金:305万円

………………………………………
ヴィクトリオーソ 牡
父:フリオーソ
3歳・未勝利
募集金額:1120万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
サンメディル 牡
父:Lemon drop kid
3歳・未勝利
募集金額:2640万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
5歳・古馬オープン
募集金額:3000万円
獲得賞金:14億662万円

………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
7歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:1億7327万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
7歳・1勝クラス
募集金額:4000万円
獲得賞金:3728万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
6歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:2772万円

………………………………………
マイヨブラン  牡
父:ヨハネスブルグ
4歳・1勝クラス
募集金額:2800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ヴィクトリアピース
父:ヴィクトワールピサ
4歳・1勝クラス
募集金額:1800万円
獲得賞金:700万円

………………………………………
ハーモニクス
父:キンシャサノキセキ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:0万円

………………………………………