競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:12:14
海外競馬の様子ですね。
あら、なんだか普段競馬場で見るサラブレッドよりも可愛いような・・・。
耳が大きく、太目で短い脚・・・。
そうです、頑健なロバくんの特徴を色濃く持ち、同時に速く走ることのできる馬の掛け合わせであるラバの競馬の様子なのです。

mule.jpg


ラバは、雄のロバと雌のウマの交雑種の家畜のことである。
逆の組み合わせ(雄のウマと雌のロバの配合)で生まれる家畜をケッテイと呼ぶが、比べると、ラバは育てるのが容易であり、体格も大きいため、より広く飼育されてきた。

家畜として両親のどちらよりも優れた特徴があり、雑種強勢の代表例である。



大きさや体の色はさまざまである。耳はロバほど長くない。頸が短く、たてがみは粗い。体が丈夫で粗食に強く、役力もあるので、経済的な家畜である。

気性は大人しく臆病である。

ラバとケッテイは不妊である。不妊の理由として、ウマとロバの染色体数が異なるからだと考えられている。



ウマ科の子孫の成長度は母親の子宮の大きさに影響されるが、ほとんどの場合ロバはウマより小さく、ケッテイは小さな体格となる。ラバ同様その大きさは様々であるが、これは母親となるロバが、き甲 (withers) の部分で24インチほどの小さなものから、ボデ・デュ・ポアトゥ (Baudet de Poitou) のように15 ハンド(60インチ)ほどのものまで、様々であるからだ。


ケッテイの体格は最も大きな個体でも、おおよそロバの中でも最大の種の大きさまでにしかならない。これに対してラバはウマを母親とするので、ウマの中でも最大の種の大きさ程度まで成長することができる。ラバの中にはかなり巨大な個体も見られるが、それらはベルジアンのような使役馬から生まれたものである。



体格の大きさ以外にも、ラバとケッテイの間にはしばしば差が見られる。ケッテイの頭は、ラバ以上にウマに似ている。しばしば短い耳のケッテイがいるとはいえ、それでもそれらはウマの耳よりは長く、またラバよりもウマに似たたてがみや尾を持つ。毛色の決定はオス親に依存しているため、ケッテイの毛は通常ウマと同じとなる。


また、逆にラバはロバの毛色と同じになるのが一般的である。一部のウマやロバが持っている、歩法などのある種の形質は、オスの親から遺伝すると考えられている。このため、多くの人が歩法のできるケッテイを作り出そうとして、歩法のできるオスのウマとメスのロバによる交雑を試みている。



オスのケッテイとラバは通常、繁殖行動を抑えて管理しやすくするために去勢される。オスのケッテイやラバもメスと番をなすが、不妊である。オスのケッテイやラバが生殖能を有していたという報告はない。

記録に残っているもので、メスのラバから子が生まれた事例は世界中で60件強しかない。一方ADMSによれば、メスのケッテイが子を産んだ事例は1件のみである。


ラバのメスは母側の遺伝子を100%子孫に伝える。ラバの母親はウマであるので、一般的にラバのメスは子孫に100%のウマの遺伝子を伝える。このため、オスのウマと掛け合わされたメスのラバは、100%のウマを生み、ロバの遺伝子を全く伝えない。(Wikipediaより抜粋)






ラバはロバより体が大きくかつ、頑健で賢くおとなしいという馬とロバの長所を受け継いでおり理想的な雑種強勢の例ですが、逆のケッテイは体が小さく貧弱でラバと比べると家畜として劣るように思えます。


どちらもロバと馬という同じ組み合わせにも拘わらず、親の性別が逆になると生まれた子供の特徴が明らかに異なるというのは、両親それぞれの染色体が関係しています。



競馬の世界でも同じ父から生まれた子供達の成績が、オスとメスで偶然以上の明らかな差がある場合があります。

オスの馬は父から受け継いだ『Y染色体』と母から受け継いだ『X染色体』で構成されます。(XY)
一方メスは父から受け継いだ『X染色体』と母から受け継いだ『X染色体』で構成されます。(XX)


つまり父は息子にはY染色体を与え、娘にはX染色体という別の物を与えているのです。



偶然で決まる遺伝も勿論あるわけですが、父が優れたY染色体を持っているが、X染色体は優れていない場合であったりすると、その産駒でY染色体をもつ息子、つまり牡の子供だけ成績が優秀で、X染色体が与えられた牝からは全く活躍馬が出ないということが起きるのです。


もちろん逆のパターンもあり、産駒に優秀な牝馬を多く輩出するいわゆる”フィリーサイアー”も存在します。
牡馬、牝馬で成績に偏りが出ることは偶然ではないのです



また、Y染色体はオスからオス、つまり”サイアーライン”でしか受け継がれず、心肺機能と関連があるミトコンドリア”はメスからメスへと代々受け継がれて来た物であり、父が与える物と母が与える物は単純なランダムで決まるわけでは無いようです。


関連記事
スポンサーサイト


トラックバック
トラックバックURL
→http://hitokuchibanushibeko.blog.fc2.com/tb.php/99-2a7ef19d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:425万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………