競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/06«│ 2017/07| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/08
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
13:42:52
さて、今週末にノルマンディーOCが初めて牧場見学ツアーを行うそうですが、一足先にノルマンディーファームにお邪魔致しました。

休みが中々取れず、1泊2日の強行スケジュールで色々と回ったので疲労困憊ではありますが、愛馬と気になる募集馬をこの目で見ておこうと、初めての北海道、そして初めての牧場見学を張り切って行って参りました。




まず前日は羽田空港近くのホテルで一泊し、朝の便で新千歳空港へ。
日高まで車を飛ばし、『サラブレッド銀座』と呼ばれる地帯で一休み・・・。
この時期は生まれて間もない”とねっこ”達がお母さんにヒョコヒョコとついて回って、短いしっぽをプリプリさせている様子が各所で見られ、本当にかわいいものです。





そしてノルマンディーファームに到着。
30分という時間指定で、愛馬4頭、そして募集馬3頭を見せて頂きます。
1頭あたりの時間換算で4分ですから、「駆け足の案内になります。」と予約時にクラブから言われていました。

また、入れ違いでちょうどこの3日前ほどに、出資馬のルグランパントル(ザッツザウェイの12)と募集馬ジャストフォーユー(トーセンフォーユーの12)が福島の小野町へ移動してしまいました。
どちらも見学させて頂く予定でしたので、残念ですが夏の早いデビューを見据えてのことですからむしろ良いことです。

ジャストフォーユーは出資の次点候補でしたが、相応の欠点もあり、この見学で自分の目とスタッフの方とのお話で見極めるつもりでしたが、これも何かの縁だと思って出資は見送ることにします。







さて何せ多くの頭数を見せてもらうので15分前ほどに到着。
事務所に行きましたが、誰もおらずどうしようかとボーっとしていると案内してくれるスタッフの方が来てくれました。

どうやら厩舎を車で回って見るとのことで、これは想定外でした。
1頭4分間、ショーのモデルのようにドンドン出てくると勝手に思っていたので、「まあ、十分見られるし話もできるだろう。」と踏んでいたのですが、この感じだと、1頭3分くらいでしょうか。




まず牝馬の厩舎に到着。
運動した直後なのか、馬房の床で寝ていて、おがくずにまみれているからなのかは分かりませんが、「ちょっと手入れします」とのことで、しばし待ちます。

その間、ひょっこりと馬房の窓から外へ首を出してくる愛想の良い馬が一頭。
繁殖のタニノカリスでした。

DSCN3442.jpg


先日、天皇賞に出走したタニノエポレット、そしてノルマンディー1期生のシュヴァリエの母で、2期生も父ハービンジャーで募集されました。(怪我で募集中止)

今年17歳になる馬ですが、年の割に若々しく毛ツヤも良好で、繁殖としての質も落ちていないはずです。
2014年度、募集される可能性がある1歳馬は父エンパイアメーカーで16歳の時の子ですが、もしも、募集された場合は母の年齢については問題無いと私は思いました。


そんなことを思っていると、”触っていいぞオーラ”を出すので、遠慮なくナデナデ。
唇で甘噛みしようとまさぐって来るタニノカリスとじゃれていると、出資馬であり唯一の牝馬
ディスティンダリア(マルカデスティニーの12 父:ショウナンカンプ)
が登場。

DSCN3467.jpg

尚、ここから先の画像はすべて馬に興味の無い彼女が撮影した物となり「この角度じゃ無いんだよ!」という不満等はご了承下さい(笑)

一瞬誰だか分かりませんでしたが、その位、見違える成長を遂げていました。
トモの張りと、胸の深さも十二分になり早くも馬体は完成間近と言った感じで、2歳戦での勝利を期待したい所。
全出資馬で最も変化が大きかった馬です。


また、画像では少し耳を絞り気味ですが、とても人懐っこく可愛いです。
ちょこちょこ触らせてもらいながら終了を迎え「では、次の馬へ・・・。」というやり取りをしていると、
「ん?終わり?もっと撫でてもええんやで。」
という顔で、軽めの引手に逆らって動かずにこちらを見ているので、思わず両手で顔面をワシワシと撫でまくりました。
萌える・・・(*´Д`*)




続いて、車で移動し牡馬の厩舎へ。
まずは、出資馬
ウォリアーズソウル(アイラヴユーナニの12 父:ウォリアーズリワード)
が登場。

DSCN3498.jpg


520キロの雄大な馬体ですが、スタッフの方からは「太くないので心配ない。」とのこと。
元々、昨年末の出資した理由の一つが、500キロの体重の割にスリムな体型をしており、ケガや仕上がりの遅さなどのリスクは少ないだろうという点でしたので、あれから半年立ってもスタッフの方から思っていたことと同じコメントが聞けたことは順調な証拠でしょうし、満足です。

相変わらず父の骨格の特徴を押さえていて前の造りが好きです。
もう少し鍛えこむ必要はありそうですが「デビューが遅くなることは無さそう。」とのことで、順調なら夏の間には移動するかと思われます。







続いては、今期出資馬で2番目に決めた馬、
グランビスキュイ(リトルビスケットの12  父:エンパイアメーカー)
の登場。

DSCN3514.jpg

この馬も順調で、馬体には必要な所にボリュームが出て歩様も良く、いつでも入厩出来そうな様子。
スタッフの方からは「リフレッシュも兼ねて一か月待ってみようと思います。」とのことですが、小野町に行ける相方さえ見つかれば、早々に移動出来そうです。

募集時の写真で見た、上質そうな筋肉と骨格は、想像した通りに成長しており、見るからに弾むような体になりました。
夏デビューで競馬場で走る姿を早く見たい所・・・。

DSCN3519.jpg

大人しい馬とのことで、お願いして記念写真を撮ってもらいました。
時間の無い中での案内でしたが、こういった時間も割いて頂き、申し訳ないです。
構図的にはプチ口取り風。



私、乗馬クラブで競走馬から引退してさほど経っていないサラや2歳で入厩前に失格の烙印を押されて、クラブに来た馬などは見てきましたが、これからデビューするサラをまじまじと至近距離で見るのは初めてで、どれも筋肉の膨らみ方が違うというか、体重の割に厚みがありますね。



残り4頭は次の記事へ続きます。

続きはコチラ

21:27:19
サイパン旅行の続きです。
海の他にも、戦時中に集団自決したスーサイドクリフ、バンザイクリフや、日本軍のサイパン最後の砦・ラストコマンドなど悲しい歴史を持つ観光スポットへも行きましたが、途中からどしゃ降りの雷雨に。
マウンテンバイクでそれらを全部見て回るパワフルなツアーに参加していたため、全身ズブ濡れ。
写真は諦めました。


DSCN2633.jpg

気を取り直してマニャガハ島へ。
こちらは晴れて本当に良かったです。
パラセイリング、シュノーケル、バナナボート等、一通りの海遊びを楽しみました。
海の青さではこの島が一番綺麗でしたね。
ちなみに、ホテル前のビーチからバナナボートに乗って島まで行く野性味溢れた交通手段もありますが、バナナの醍醐味である(?)横転する可能性がありそうで、荷物や貴重品を持ったままそれはどうなんだと。

この日は一日海に居たため、私の肌は真っ赤に。
熱を持ち続け、帰国してからも「病院に行け!」と何人にも言われるほど、赤鬼状態。
もちろん、肌に何か触れるだけで激痛。シャワーは悲鳴。正に泣いた赤鬼・・・(全然違う)

彼女は強靭なようで全く平気そうでした。


20120724235027_1679300940_2069_9.jpg

写真が無かったので、ネットから拝借。このパンチの効いたニワトリのバス。通称チキチキバンバン。
マニャガハ島ではジェットスキーが無かったので、わざわざジェットスキーの為に車で20分ほどの場所で予約すると、このバスが迎えに来ました。

やたらとエンジン音がうるさく、見た目もこんな感じなので注目の的。
しかもぼろいようで、私達が一番前の席に座っていると、途中「ブオォォォー!」とアクセルを吹かし続けるので、何事かとドライバーをみると、アクセルがベタ踏み状態で固着したようで、ドライバーが頭を座席したにいれて、手でアクセルを戻していました。
怖すぎる・・・。

ジェットスキーは日本国内だと免許が必要なので、どうしても海外でやっておきたかったんですよね。
田舎でショッピングする所もないし、やはりサイパンは海で遊ぶ所ですね。



g08.jpg

こちらもネットから拝借。”グロット”という青さ際立つダイビングスポットです。
本当に青くて神秘的な美しさなのですが、水深が随分深く、実際にもぐるとちょっと恐怖感というか、少々の気持ち悪さがありました。










帰国後、彼女からの人体実験を施される私。
日焼けした皮を剥がされます。

1373535282175.jpg

むけすぎです。蛇じゃないんだから・・・。

DSCN2809.jpg

おしまい


20:23:47
7月の話ですが、書くネタも不足しているのでここで使うことにします。
夏休みを利用してサイパンに行って参りました。

事前にインターネットで見た天気予報は雷雨となっており、天候の心配をしていましたが、現地のガイドいわく「サイパンの天気予報は90%外れる」そうで、つまりは逆だと思った方が当たる確率は高いという皮肉が出るほどの精度だそう。

実際、現地に行くと雨季でしたが1日を除いて晴れの日が続きました。

DSCN2787.jpg

ホテルの前のビーチ。砂浜が白すぎて眩しくて目が開かない・・・。
沖縄も好きでしばしば訪れていますが、サイパンの海はそれを上回る綺麗さでした。

日差しの強さが半端無いので、日中はまともに屋外にはいられません。ハワイなどのようなすごし易さは全く無く湿度も日本並に高いです。

DSCN2780.jpg

同じくホテル前のビーチから。
明日は先に見えるマニャガハ島へ。
それにしても、ものすごい遠浅の海で、随分先にいる人が上半身丸出しで立っていました。

夕飯はホテルのブッフェで食べましたが、魚や貝は泥臭く、正直激マズ。
口から出してしまうほど、食べられた物でありませんでした。

肉や握り寿司など限られた物を食べました。
あとは無愛想に黙々と作る謎の職人気質シェフのパスタは美味しかったです。

DSCN2672.jpg

ホテルのプール。中国人に占拠され一度も利用しませんでした。サイパンの観光客の割合は現在、中国人が5割、韓国人2割、日本人2割、残り1割と言った感じで、中国人、韓国人のマナーの悪さにはほとほと呆れました。
とにかく大勢で騒ぐ、やたら広がってぶつかる、列に並ばない等・・・。

海では柵のある日本のツアー会社の占有エリアに入ってきてフリードリンクを盗んでいく中国人親子・・・。
お土産屋でテスターの無い化粧品を勝手に開封し、店員に怒られると、これでもかと顔をくしゃくしゃにして不満の意を現す韓国人・・・。

あまりの光景に頭がクラクラしました。
人を国籍で決め付けるのはナンセンスですが、これだけ多いとなんとも。

DSCN2667 - コピー

同じくホテル前のビーチにて。
日本で見る夕日より綺麗に見えるのは、気分の問題なのか海の青さが反射(?・・・適当。)して空が綺麗に見えるからか分かりませんが、まあ、とにかくとてもロマンティックでした。
多くの観光客が写真を撮っていました。
青い海と同様、サイパンの夕日はとても記憶に残っていますね。


つづく

【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:425万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
リンダムーンの15 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………