補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
10:49:52
さて、私の事前の評価では「展開の助けいる人気通りの評価」としましたが、パドックの様子がとても良いので、直前に記事を作成。
今日は勝てる馬の馬体、歩様でしたが、結果は4着。


敗因は地力が抜けていないことはもちろんですが、スタートから道中もずっと促し続けて逃げた、荻野極騎手の謎騎乗。
番手で折り合える馬で、逃げないといけない馬ではないし、いくらスプリントとはいえ人気馬に絡まれても引かず、猪突猛進。
3番手は大きく離していたし、引いて2番手で全く問題ない競馬。


さすがにあれでは直線でたれるのは当然のことで、和田騎手からの乗り替わりはマイナスだろうという予想通りの残念の結果・・・。

馬自体の出来は良かったのは間違いないと思いますし、短期間に4戦をこなして、さすがにこれ以上続戦出来るか分かりませんし、ここを落としたツケは大きいかも知れません。



Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
14:05:22
日曜小倉7R、ダート1700m(500万下)に出走のセカンドエフォートは2着でした。
8番人気の低評価でしたが、直前の記事で「妙味十二分!」と述べたように、予想通りの変わり身を見せました。
馬券もピッタリあたり、美味しかったです。

人気は無かったものの今回は『健闘』ではなく、妥当な結果とみています。

読んでくれている方々も、最近は見立てを間違うことが多い私の記事で買おうと思う人は、恐らくいないでしょうが、どこかの誰かに貢献出来ていると良いのですが・・・。


それにしても日本一のしがらきで駄目で、名張トレーニングセンターという失礼ながら私は全く知らない施設でどれだけ効果があるのかと疑っていましたが、おみそれしました。




スタートはいつも後手を踏んでいたのが、今日は五分で出ましたし、道中もまったく騎手と喧嘩することなく大人の競馬を見せました。
戦前は小崎騎手の腕前だと間違いなく喧嘩して小崎騎手が折れるか、抑えきれずロスをするという展開を考えましたが、セカンドエフォートが大人になったのか、小崎騎手の腕前なのかあまり折り合いに苦労する様子はありませんでした。

私の予想ではごちゃごちゃに殺到する3~4角でカオスになる図でしたが、ジワジワ捲って2番手で直線に入り2着という、綺麗な競馬でしたし、小崎騎手が上手かったのも間違いありません。


今日くらい落ち着いた競馬が出来れば、距離は血統・馬体的にもこちらの方が適性があるはず。
これまで気性的な部分を考慮してなのか1400mを使い続けていましたが、前々から繰り返し言っているようにこの馬の本来の適性ではないと思います。


また、未勝利を勝った時と同じく今日は重馬場。
重適性は間違いありません。
しかし、これは狙って重に出来るはずも無く・・・。
馬券的には重の時には狙い目なのは間違いないです。

そしてもしも次走、良馬場で大敗をするようならば、やはりもう一度芝のレースも試した方が良いはず。

これも直前の記事で述べましたが、ワイルドラッシュ産駒の本格化はちょうど今頃。
セカンドエフォートも4000万円という募集価格回収に向け、まずは降級を見据えての500万下勝ちを期待です。



23:13:29
先週のウォリアーズソウルは6着でした。
私は2番手が理想と述べましたが、蛯名騎手が押して出してその通りでレースを進めました。
しかし、やや掛かり気味でギリギリなんとかもたせてはいたものの、ややふかし気味で直線に入ったことで、ラスト100mは力つきて6着。

距離が長いというよりは、道中のロスとハイペースに巻き込まれたせいで、これならば東京1300mはむしろ中山などよりも適性を感じました。

私は再三にわたり夏は新潟を使って欲しいと言い続けていますが、中々実現しません。
しかし、今回の結果には着順はともかく矢野先生も手応えを掴んでいるようですし、今年こそ中京や新潟など左回りを多く使って欲しいです。


これももう何度も述べていますが、矢野先生はコロコロ言うことが変わるので、レース選択、戦法、適性読みなどタクティカルな能力については相変わらず信頼に足らないなぁという所。


せん馬になって体調が安定したと言ったかと思えば、翌週には本調子で無いと言ったり、
終いを活かす競馬が良いと言ったかと思えば(元々は蛯名騎手の進言)、溜める競馬で持ち味を発揮できるタイプではないと今週は仰っていますし、ブリンカーも付けたかと思えば、外してみたり、そして今回はまた装着。


試さないといけない(試さないと分からない)部分があるのに、それを試さない調教師も多くおり、それよりはマシなのですが、コロコロと変わるというのも、積み上げていくスピードが遅すぎて最大限に馬の力を引き出せないように感じます。


そして良くも悪くも矢野先生は騎手の進言をかなり素直に聞き入れる方なので、その騎手がこの馬の事をよく理解した上で述べる分にはプラスにはたらくのですが、思い付きや言い訳で述べたことを取り入れると大変なことになるリスクがあり、常にヒヤヒヤです。


ウォリアーズソウルはともかく、鳴かず飛ばずの下位馬には通常リーディング上位騎手はあてられない為、負のスパイラルが予測されます。

未だデビュー出来ないクレムフカは720万円の安い馬。
最初から二流、三流の騎手が乗る事も予想され、その場合かなりまずいことになると懸念しています。


ただ、ウォリアーズソウルに乗った騎手についてはムーア、デムーロ、内田、福永、蛯名、岩田とリーディング上位の騎手がずらり。
素質からすればかなり恵まれていると言えるでしょう。

やれると判断されれば上位騎手が配されるのが、矢野厩舎の最大のメリットなので上手くハマれば、まだまだウォリアーズソウルも活躍できるはずです。



10:25:46
日曜京都1R未勝利戦のホウロクダマは5着。

パドックではマイナス14キロの馬体重で期待しましたが、相変わらずお腹がダルダルにたるんでいて、前走と全く同じ雰囲気でした。
歩様そのものは芝馬のそれで柔らかみがあり、たるんだ腹で重そうに動く様子と後肢の柔軟性のアンバランスさが目立ちました。

つまりはキチンと絞れてこなければ、この馬の真価は見られないはず。


このまま続けても変わり身は無いでしょうし、一旦放牧でしょうか。
逆に言えばこの緩さで勝負にはなっているのですから、完成すれば未勝利、500万下で終わる馬では無いと思います。


喉鳴りの心配があるので、勝てる時に勝って欲しい気持ちはありますが、上記のように才能は感じるので大事に育てて欲しいです。

暖かくなってからが勝負。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
13:01:56
日曜東京4Rに出走のグラドゥアーレは2着。
パドックの様子は馬体重に変化は無いものの体を大きく見せ、筋肉量が増えてガッチリとした様子。

歩様は相変わらず固めで、もっと四肢の伸びがあると尚良いのですが、行き詰まったらダートもありかなと思わせる筋肉量ゆえかも知れませんし、後々に期待です。


直前の記事でも述べたように、とにかくスタートで後手を踏む致命的弱点をどうにかしないとと繰り返し指摘してきましたが、今日は5分で出るとなんと逃げの戦法をとりました。

結果的には逃げたことで目標にされたのと、展開的にやや厳しくなり最後は差されて2着になってしまいましたが、追い込みからの脚質転換を図れたことは今後の大きな糧となるでしょう。

今日の逃げも、掛かって抑えきれないという感じではなく、先行できたのであえて無理やり抑えなかったという感じで、ルメール騎手の卓越した技術なのかなと思いました。

ルメール騎手は返し馬や輪乗りを見ても馬術的な技術が相当長けたジョッキーですから、ハーツクライしかり他の騎手が出来なかったことや固定概念でやらなかったことを平気で実現させられる力を持っています。

もちろん天栄や厩舎でもゲートの練習をしていたのかもしれませんが、それを活かせない騎手も多くいることを普段から感じていますし、ルメール騎手は流石。



また小西厩舎と田辺騎手の子弟関係を考えると、今後田辺騎手に戻ると思われますが、「やっぱり田辺じゃダメだな」という事だけは避けて欲しいですね。次こそ結果を残してほしいです。



1点気がかりとしては、距離適性。
出資時にも述べましたが、母は完全にスピード型であり今日のレースを見ても、マイルでも勝てそうではあるものの今日程度の展開で勝てないようであれば、それはこの馬の能力が大したものでは無いのか、もしくは距離が長いということです。


次は1400m、1200mを使って適性を明らかにしてもらいたいところ。
これについても今日互角のスタートを切れたことと行き足ついて逃げられた事が大きいです。

これまでのような出負けして追い込みのレースしか出来ないのであれば、出遅れが致命的なスプリント戦など論外。
ですから弱点をカバーする意味でもマイルあたりが最適かと思いましたが、今日の収穫でこれからの展望にも幅が出来てきます。


今日のレースで勝ちあがれなかった事は残念でしたが、トラブルさえなければ確実に勝てる力があることはわかりましたし、この馬に関してはもう心配いらないと思います。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
【一口近況】
昨年は15頭で10勝。今年は現在2勝と不振が続いています。 幸い2歳馬が有能そうなので、後半の盛り返しに期待です!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1930万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:780万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………