補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
23:13:29
先週のウォリアーズソウルは6着でした。
私は2番手が理想と述べましたが、蛯名騎手が押して出してその通りでレースを進めました。
しかし、やや掛かり気味でギリギリなんとかもたせてはいたものの、ややふかし気味で直線に入ったことで、ラスト100mは力つきて6着。

距離が長いというよりは、道中のロスとハイペースに巻き込まれたせいで、これならば東京1300mはむしろ中山などよりも適性を感じました。

私は再三にわたり夏は新潟を使って欲しいと言い続けていますが、中々実現しません。
しかし、今回の結果には着順はともかく矢野先生も手応えを掴んでいるようですし、今年こそ中京や新潟など左回りを多く使って欲しいです。


これももう何度も述べていますが、矢野先生はコロコロ言うことが変わるので、レース選択、戦法、適性読みなどタクティカルな能力については相変わらず信頼に足らないなぁという所。


せん馬になって体調が安定したと言ったかと思えば、翌週には本調子で無いと言ったり、
終いを活かす競馬が良いと言ったかと思えば(元々は蛯名騎手の進言)、溜める競馬で持ち味を発揮できるタイプではないと今週は仰っていますし、ブリンカーも付けたかと思えば、外してみたり、そして今回はまた装着。


試さないといけない(試さないと分からない)部分があるのに、それを試さない調教師も多くおり、それよりはマシなのですが、コロコロと変わるというのも、積み上げていくスピードが遅すぎて最大限に馬の力を引き出せないように感じます。


そして良くも悪くも矢野先生は騎手の進言をかなり素直に聞き入れる方なので、その騎手がこの馬の事をよく理解した上で述べる分にはプラスにはたらくのですが、思い付きや言い訳で述べたことを取り入れると大変なことになるリスクがあり、常にヒヤヒヤです。


ウォリアーズソウルはともかく、鳴かず飛ばずの下位馬には通常リーディング上位騎手はあてられない為、負のスパイラルが予測されます。

未だデビュー出来ないクレムフカは720万円の安い馬。
最初から二流、三流の騎手が乗る事も予想され、その場合かなりまずいことになると懸念しています。


ただ、ウォリアーズソウルに乗った騎手についてはムーア、デムーロ、内田、福永、蛯名、岩田とリーディング上位の騎手がずらり。
素質からすればかなり恵まれていると言えるでしょう。

やれると判断されれば上位騎手が配されるのが、矢野厩舎の最大のメリットなので上手くハマれば、まだまだウォリアーズソウルも活躍できるはずです。



10:25:46
日曜京都1R未勝利戦のホウロクダマは5着。

パドックではマイナス14キロの馬体重で期待しましたが、相変わらずお腹がダルダルにたるんでいて、前走と全く同じ雰囲気でした。
歩様そのものは芝馬のそれで柔らかみがあり、たるんだ腹で重そうに動く様子と後肢の柔軟性のアンバランスさが目立ちました。

つまりはキチンと絞れてこなければ、この馬の真価は見られないはず。


このまま続けても変わり身は無いでしょうし、一旦放牧でしょうか。
逆に言えばこの緩さで勝負にはなっているのですから、完成すれば未勝利、500万下で終わる馬では無いと思います。


喉鳴りの心配があるので、勝てる時に勝って欲しい気持ちはありますが、上記のように才能は感じるので大事に育てて欲しいです。

暖かくなってからが勝負。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
13:01:56
日曜東京4Rに出走のグラドゥアーレは2着。
パドックの様子は馬体重に変化は無いものの体を大きく見せ、筋肉量が増えてガッチリとした様子。

歩様は相変わらず固めで、もっと四肢の伸びがあると尚良いのですが、行き詰まったらダートもありかなと思わせる筋肉量ゆえかも知れませんし、後々に期待です。


直前の記事でも述べたように、とにかくスタートで後手を踏む致命的弱点をどうにかしないとと繰り返し指摘してきましたが、今日は5分で出るとなんと逃げの戦法をとりました。

結果的には逃げたことで目標にされたのと、展開的にやや厳しくなり最後は差されて2着になってしまいましたが、追い込みからの脚質転換を図れたことは今後の大きな糧となるでしょう。

今日の逃げも、掛かって抑えきれないという感じではなく、先行できたのであえて無理やり抑えなかったという感じで、ルメール騎手の卓越した技術なのかなと思いました。

ルメール騎手は返し馬や輪乗りを見ても馬術的な技術が相当長けたジョッキーですから、ハーツクライしかり他の騎手が出来なかったことや固定概念でやらなかったことを平気で実現させられる力を持っています。

もちろん天栄や厩舎でもゲートの練習をしていたのかもしれませんが、それを活かせない騎手も多くいることを普段から感じていますし、ルメール騎手は流石。



また小西厩舎と田辺騎手の子弟関係を考えると、今後田辺騎手に戻ると思われますが、「やっぱり田辺じゃダメだな」という事だけは避けて欲しいですね。次こそ結果を残してほしいです。



1点気がかりとしては、距離適性。
出資時にも述べましたが、母は完全にスピード型であり今日のレースを見ても、マイルでも勝てそうではあるものの今日程度の展開で勝てないようであれば、それはこの馬の能力が大したものでは無いのか、もしくは距離が長いということです。


次は1400m、1200mを使って適性を明らかにしてもらいたいところ。
これについても今日互角のスタートを切れたことと行き足ついて逃げられた事が大きいです。

これまでのような出負けして追い込みのレースしか出来ないのであれば、出遅れが致命的なスプリント戦など論外。
ですから弱点をカバーする意味でもマイルあたりが最適かと思いましたが、今日の収穫でこれからの展望にも幅が出来てきます。


今日のレースで勝ちあがれなかった事は残念でしたが、トラブルさえなければ確実に勝てる力があることはわかりましたし、この馬に関してはもう心配いらないと思います。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
15:13:23
1/22 日曜 中山 9R

東雲賞 (1000万下 芝1600m)

ルグランパントル

1番人気/1着


hahuahu.jpg
ルグランパントルでメシウマキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

VTRをおかずに、ご飯が進みます!

やりました!今年の初勝利です!
ルグランパントルは昨年12月に復帰して4、3、2着と中1週続きのハードスケジュールをこなしての連戦。
そしてついに1着となりました!

もともと豆腐メンタルで厩舎にいると神経質になっていた馬でしたが、いつの間にかとんでもないタフに成長していました。
今回は疲労はピークであろう状態でも、しっかり差し脚を伸ばしましたし、本当に頭が下がります。

そんな疲れがピークの中でも腐らず、毎度最後の最後まで戦う姿勢には感動すら覚えました。



レース前に述べたように今回は結果よりも、とにかく無事にという思いが強かったのですが、最高の結果となりました。

これで放牧が決まっているので、ご褒美の休養ですね。
あとはレース後に何も異常が無い事を祈っています。



レースはいつも通りのスタートから押しても前にはいけず、後方から。
少し早めに上がっていくと直線は外に出して前を捕える射程に収めると、キッチリ差し切って勝利。

前がそこそこのペースになったことも幸いし、展開も向きましたが、何より連戦の疲れも見せずに毎回末脚を伸ばすルグランパントル自身の能力は疑いようが無いですし、慣れた善臣騎手も良い意味でそつなく乗ってくれました。




今日の勝利で回収率は約500%に。
あと1勝でオープン馬ですから、また復帰後が楽しみです。





・・・ただ一点残念なのは、ルグランパントルと共に一応頑張っていた男。そう私です。
毎度有給を使い、寒空の中、口取りチャレンジを中山にて3連戦をこなすも空振り。今回は諸事情で参加できず。

く~、持ってない男ですね、私は。
でもきっと次は1600万下クラスでも勝ってくれるはずですから、その時こそ私も参加したいですね。


ルグランパントルおめでとう~。ゆっくり休養して下さい。

Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
11:28:58
出走することを直前まで忘れていたホウロクダマが2着に粘りました。

出走予定の記事を書いていないだけに、ちょっとホウロクダマに申し訳ない気持ち(笑)

この馬は遅生まれで開花は3歳以降になるであろうことは想定内でしたが、喉鳴りを発症してしまったのが残念で、あまり長い競走生活は送れないかも知れません。

また先日の復帰戦も良いところなしで、色々と期待値が下げっていた所で、つい忘れてしまいました。


今日は抜群のスタートから3番手で進み、最後は後に差されての2着。
メンバーがかなり弱いだけになんとも言えませんが、一筋の光は見えました。

パドックを見ると、相変わらず腹回りがダルダルに緩んでおり、まだまだ絞る必要はありそうですが、歩様の柔らかみがずいぶん出てきて、少なくともこれまででは1番に見えました。
(忘れていたのに今更褒めるなといわれそうですが、一応レース前にnetkeibaにはパドックを褒める内容を書き込みました…)

喉のことはステージが進むと終わりですが、それでも成長が見られるのはうれしいです。
頑張れホウロクダマ!

【一口近況】
最近人気を下回る着順が多すぎます。特にストロングタイタン、ソーディヴァインは常に「買い」状態ですが、実力を出せず。勝つのはいつになるやら・・・。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1316万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4325万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:580万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………