補填の廃止に税制不利など理論上続ける程に損をする競馬の一口馬主を小額で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/03«│ 2017/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/05
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
21:19:46
レース中に蹄鉄が脱落することを落鉄と呼びます。
「人間でいえば靴が脱げたようなもの」
競馬初心者に、こんな説明をしたことがある方もいるでしょう。

確かに四本脚とはいえ、1つだけ蹄鉄が無ければ、体のバランスを損なう気がしますし、地面との感触の差など、違和感でいつもと同じようには走れないでしょう。


ですから、調教師や騎手がレースに負けた敗因として落鉄を挙げることは多いです。
「レース中に落鉄していたようです。」

するとファンは「なら仕方ないか…」と納得し、「落鉄しても3着に粘ったのは偉い!」そう捉えます。


桜花賞の晴れ舞台でレース直前に落鉄し、興奮して打ち直しが出来ず、そのまま素足で走り勝つことが出来なかった1番人気イソノルーブルが、その悲劇から「裸足のシンデレラ」と呼ばれたことからも、落鉄の影響は大きいように感じます。




しかし、JRA競走馬総合研究所が、落鉄のあったレースとその該当馬の人気と着順の変化を調べたところ、落鉄によって着順を下げたというデータにはならなかったようです。

つまり、落鉄の影響が科学的に無いとは言いきれないものの、着順に影響を与える程の不利にはならない…というのが、JRA総研の結論です。


これにより、イソノルーブルの件も落鉄によるスピード低下などではなく、長時間による蹄鉄打ち直しの強要と、それを拒否して暴れた体力、精神の消耗が要因だと予測出来ます。



ただ、着順に影響がないからと言って、蹄鉄の角度が僅かに狂っただけで怪我をすることもあるわけで、そうした足元へのダメージなど、他の悪影響も考えうるため、落鉄してもいいというわけではありません。


しかしこれで判明したのは、落鉄を恐れてエクイロックスを敬遠する必要は無いし、大事な大一番で蹄鉄打ち直しを馬が渋ったら、無理せずそのまま出走させた方が得策である事など、様々です。


もし競馬新聞で「前走の敗因は落鉄の影響。今回こそは。」というコメントを見つけても、それは全くあてにならないので、覚えておいて損はないかも知れません。

22:44:31
ソーディヴァインが大阪杯の後の12R鳴門ステークス(1600万下 ダート1400m)に出走。
前走辛勝であり、恐らく評価は高くないでしょうが、ソラを使ったり、馬群を嫌うこの馬はテンから前にドドッと行ってペースが速い上級戦線での方が、潜在能力を出せるはずで、ここでクラスの壁に阻まれるとは思っていません。

出遅れを初めとして色々とウィークポイントがある馬なので、不安要素が出る展開になってしまったら諦めるしかありません。

幸い、相手関係は楽。
2~3頭が強そうですが、このメンバーなら連勝もあり得るぞと読んでいます。


大阪杯後でお客さんも多いでしょうし、大勢の前で勝利を見せて欲しいです。


【勝機:連勝ある。能力は充分通用。悪さが出なければ。】
【妙味:前走辛勝で、甘くみられるはず。買いやすい。】



そしてクレムフカがようやくデビュー。
ぬいぐるみボディーから、冬の頓挫やらいろいろありましたが、なんとかここまで来ました。

調教での様子からするに、まだ勝利できる水準ではないと思われますが、成長曲線は描けているので、夏頃まで順調に行けばチャンスは来ると思います。

今回は果たしてどこまでやれるか。中山ダート1200mという舞台がこの馬に合っているとは思えないし、矢野先生から「出遅れるかも」という主旨のコメントもあり、とりあえずデビューという感じもみえます。

【勝機:ないと思う。番組選びに疑問。】
【妙味:ないと思う。掲示板に入れれば御の字。】


Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
18:17:06
ブラックジェイドは2着でした。
予想通り逃げたまでは良かったのですが、まさかの後続を突き放す大逃げに出ました。

最後はアドマイヤウイナーに差されたものの、3着を突き放しました。残り200mほどでは垂れるかなとも思いましたが、最後まで粘り続けましたし、スタミナは足りたということでしょうか。

パドックでも随分すらりとしたなという印象で、首さしの感じからも距離適性を見誤ったかも知れません。



最後の最後まで粘りを見せただけに勝って欲しかったですが、ある意味事前の予想通りの2着。
馬券も的中しました。6番人気でしたから中々な配当に。


さて、早くもこの後のローテが気になります。

今回2着以下なら、大人しくダートに戻れーと、述べましたが内容も良かったし芝の適性はダート同様程度あるようです。


ダートなら500万下、3歳オープンの1800m。それらを連勝するなら
ジャパンダートダービーという選択肢もギリギリありそう。

芝ならばまた空き巣狙いの少頭数500万下。
定員割れを狙ったダービートライアルは合理的とはいえませんし、クラブの方針的も飛び級参戦はないだろうと予想しています。


昆先生とクラブが次走どう選ぶか楽しみです。


さて、一方のグラドゥアーレは5着。
勝ちきれず2、3着はあるだろうと踏んでいましたが、まさか5着とは。

調教もバリバリ走るし、先行力も付きましたし、直前の記事で述べたようにマイルにこだわるのを止め、1200mなど短距離を今こそ試す時でしょう。
鞍上はまた田邊騎手が乗ってくれると良いのですが。


21:44:08
ブラックジェイドが三ヶ月ぶり復帰です。
そして芝に矛先を向けました。

土曜中京の大寒桜賞。

距離は2200m。正直うーん、どうだろうという条件。
血統的には母系は短距離型でフォーティナイナーも完全に産駒傾向はスプリント型。

出資時にも「見た目ほど距離はもたない。」と述べたように、スペの産駒ですが、1600〜2000mがベストかなと思っています。


また切れ味皆無で、ダート適正を見て昆先生が新馬を芝からシフトチェンジした経緯など、芝で覚醒するようには見えません。

かといって、やってみないとわからないので、芝をこのタイミングで使うのは賛成です。

幸いというか、昆先生が狙ったのか少頭数戦ですし、相手も強そうなのは1頭のみ。

調教は昨年勝ち上がった時よりも数段良くなっており、調子の良さ、体調面に不安はありません。


1発で決めて500万下を勝つならば、トライアルに挑むでしょうが、それ以外の着なら大人しくダート路線に戻って欲しいです。

どのくらいの人気になるかは分かりませんが、間違いなく休んでも上積みはありますから、2着、3着狙い目と見ています。

【勝機…適性不明も、成長感じる】
【妙味…未勝利勝ちから休み明けで甘く見られ、妙味ある】


そして、グラドゥアーレと同じく土曜中京未勝利に出走。

こちらは調教の時計からすると未勝利にいるレベルではありませんが、今ひとつ勝ちきれないのは、もしかすると、マイルではなくスプリントが合っている可能性があります。

今回も負けるようならば、潔く路線変更して欲しいです。

ただ相手関係はかなり骨っぽいメンバーで、油断禁物。
同じような勝ちきれない姿も浮かんでしまいます。

【勝機 なぜ勝てないのか不思議、距離適性の読み違いか】
【妙味 上位混戦、連軸推奨も妙味は無い】

Category:出資馬の近況・予定│ コメント:--│ トラックバック:0
22:40:26
3/19 日曜 阪神 12R 1000万下(ダート1400m)

ソーディヴァイン

3番人気 / 1着


sodhi3.jpg

ディヴァインようやくの3勝目キター!!
キタ――(゚∀゚)――!!



ついに勝ってくれました!
散々書いてきたように、この馬はまだまだ上を目指せる逸材であり、つまりは馬券的には常に「買い」なのですが、近走は首をかしげるような、不可解な負け方が続いていました。

一言でいうならば揉まれ弱いということなのですが、女子特有の気分屋な所があるようで、まだ不明な部分はあるものの、逃げか砂を被らない2番手のようなスペースがしっかり取れるような位置取りで進めれば、最後までしっかり走ると私は読んでいます。

元々、今回は西村先生からも「先行力を活かす。」とコメントがあったため、上記のような戦術になるであろうことは予測していました。



ただ、今日の勝因は他にもあります。

予想を良い意味で裏切ったのはスタート。
常に出負け気味から二の足の速さで盛り返し、そして脚を使ってしまい、最後の最後の粘りに影響を及ぼしている・・・この弱点は今の1000万下ではまだ先行出来るものの、上のクラスではスピードに溢れる馬が多くいる為、致命的な弱点だと思っていました。

なぜなら、上記の通り、揉まれ弱さを抱えるソーディヴァインが先行出来ないというのはその時点でレースにならないからです。

しかし、今日はついに好スタートを切ることに成功。
川田騎手が上手く騎座の推進も使って早めに安定させてくれました。


道中はそれなりに流れ、逃げ馬を見て外の2番手で進め、最後の直線へ。
抜群の手応えからも、思ったより伸びないのはいつものこと。

ラスト100mで後ろから来た2着馬に完全に交わされる勢いでしたが、まさかの二枚腰で併せてから盛り返し、アタマ差しのいで勝利!


普段だったら、ソラを使って最後に後退というのがパターンでしたし、そこもこの馬の弱点。
川田騎手が出来るだけ無理やりでも後続を待ってから追い出すという競馬もさせましたが、切れ味がないので惜敗を過去にしています。

今日はその時ほど無理に溜めることはせず、やや遅め仕掛け程度でした。
これでソラを使ったら使ってで仕方ないという事だったのでしょう。


まあこの方が見ている方としても納得出来ますし、今日は幸いソラを使わず、併せ馬で根性を発揮しました。
また、いつもはガス欠になる最後を好スタートで得た貯金でカバー。

つまり、直前の記事で述べたようにこの馬の様々な「弱点」が心配ではありましたが、今日は一切それらを出すことなくレースが出来たことが勝因というわけです。


内容としては辛勝なので、一見すると次の準オープンクラスで即通用するかは怪しいと思われがちですが、上のクラスでペースが速くなれば、この馬にとっては潜在能力を出しやすい展開になるのではと読んでいて、あまり心配していません。



今日の勝利で獲得賞金は約4000万円。回収率約250%。
買い続けた馬券も人気を落とした(正直もっと人気は落ちると思っていましたが。)今回で的中し報われました。



これも直前の記事で述べましたが、このクラスにいる馬ではないと思っています。
ですから上のクラスでもすぐに勝負になることでしょう。
そして、あと一つ勝てばオープン入り。

7月の川崎、スパーキングレディカップ(牝馬交流G3)出走を目指して頑張って欲しいです。


Category:出資馬のレース結果│ コメント:--│ トラックバック:0
【一口近況】
最近人気を下回る着順が多すぎます。特にストロングタイタン、ソーディヴァインは常に「買い」状態ですが、実力を出せず。勝つのはいつになるやら・・・。
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主4年目。重賞勝ち、名付け親、口取り参加(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:6724万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ディスティンダリア 牝
父:ショウナンカンプ
5歳・1000万下
募集金額:600万円
獲得賞金:2530万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:1566万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・未勝利
募集金額:1040万円
獲得賞金:375万円

………………………………………
クレムフカ 牝
父:シニスターミニスター
3歳・未勝利
募集金額:720万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:5866万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・準オープン
募集金額:1600万円
獲得賞金:4325万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・未勝利
募集金額:1800万円
獲得賞金:580万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未出走
募集金額:2000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未出走
募集金額:3000万円
獲得賞金:0万円

………………………………………