競馬の一口馬主を回収率重視で続けていく初心者向けブログ。府中でベコ買うだ!
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
11:28:17
ヴィグラスファイアは単勝2.2倍を裏切り、3着でした。
ある意味で悪い方の予想通りの展開と結果。
勝ったのは私が1番人気だろうと思っていた馬。


ゲートは五分で出るも、二の足がつかず中団から進める事に。
これでは新潟1200の逃げ先行勢に対抗することは出来ません。

最後の直線はデムーロ騎手が追い込むも届かず3着。


デビュー前から述べているようにこの馬はスプリント専門ではありません。
これまでのレースを見ても距離は延ばすしかないし、スプリントに挑むのはもっとパンとしてからで、それまでは避けた方が得策です。

新潟で続戦するには1800mしかありませんし、さすがに現状の馬体は1800は適性外な気がします。
休ませて、1400、1600が豊富な東京復帰が本線でしょうか。




昨日の新潟メインに出走のルグランパントルは5着でした。
ハンデもあったし、この位かなぁという所。

1400mで置いて行かれるかと思いましたが、善臣騎手がおっつけ通しでなんとか中団を維持。
マイルでもせめてこの位のポジションでやれるともっと、いい結果が出ると思っています。
私的には今までが後ろすぎ。

前走の東京は着順はイマイチでしたが、内容は悲観する程ではないですし、左回り全般の適性が高い模様。
今後も手堅く稼いでいってくれれば・・・。



10:54:52
さて、先週は4勝を挙げられるチャンス充分の布陣(2番人気1頭、1番人気3頭)でしたが、2番人気のグラドゥアーレの1勝のみ。
特に残念は小倉記念のストロングタイタンの惨敗。

川田騎手や池江先生も述べていましたが敗因が分かりません。
スローペース時に勝ちが多いですが、そこそこのペースで流れても着差はわずかな惜しい勝負を重賞でもしていましたし、馬体のマイナス体重に関しても、馬体は宝石のように輝き、ガレているようには見えませんでした。

距離延長でペースを落とす・・・う~ん、そういう体型じゃないし、クラシックディスタンスの馬とは思えず、分かりません・・・。
まあ、でも1600mと2400mなど極端な所を使えば判明するでしょう。




そして、もう1頭残念なのはアーモンドアイ。単勝1.2倍を裏切る2着。
ルメール騎手が追い出しに手間取っての届かずの2着。早々に諦めたのか、ムチは入れられていませんでした。

しかし、そういう状況になったのはポジションを道中で上げられなかったことであり、次回の課題です。
ただ、能力的に充分で、2歳の重賞には間に合うでしょう。

マイルがベストかなとも思うので、いつか大きい所も行けたらいいですね。




ブラックジェイドはまさかの5着。
体調もそこそこでしたが、勝利を期待した今回の凡走は残念。
やはりダートで2400mは長いんじゃないの?というのが私の見解。

7月末に述べたようにベストは2000mあたりという考えは変わりませんね、私は。





さて、今週は土曜日新潟の11R新潟日報賞(1600万下)芝1400mに出走。


最近凡走が続いていますが、なんとかこのクラスでも通用して欲しいです。
距離を短縮して1400mは久々。
ヨシトミ騎手ですからマイルより尚更、後からの競馬になるでしょう。

展開向けば末脚で掲示板~3着はあるでしょうか。

まだ勝利へはちょっと足りないかも知れません。


【勝機:中穴の立場。一発はあるかもだが・・・】
【妙味:いつも人気ないが、今回は見守りたい。】





そして、日曜新潟1Rにはヴィグラスファイアが2歳未勝利(ダート1200m)に出走。

相手になりそうなのは3頭ほどで、この馬が2番人気にはなるでしょうか。
落馬したデムーロ騎手は無事だったようで、再びこの馬に乗ってくれます。

ちょっと、夏バテ気味なのか、調教は及第点という感じですが、厩舎としてそこそこ強気。
私的には前走出足が悪かったことが気がかりで、また先手を取れない可能性が1200mでは付きまとうため、取りこぼす可能性はあると見ていて、人気通りの評価かなと。

まだ未知数ですが1400~1600mがベストの可能性も。

【勝機:人気通り】
【妙味:人気通り】



リンダムーンの15の馬名総選挙に残った私の馬名は落選でした。
リンダムーン→リンダリンダ→ブルーハーツ→ブラウモンド(ドイツ語で青い月)
という名前を考えたのですが、マニアック過ぎましたかねw

また、いつかチャンスがあれば。


23:46:36
さて、今年は私も抽選会に参加という形になりました。

以下の通り。


ユキチャンの16  当選(実績でクリア?)

スナッチドの16  非当選

プリモスターの16 非当選

プチノワールの16 非当選

ツルマルワンピースの16  当選(不人気により非抽選)

ロザリンドの16  非当選

ウインフロレゾンの16 非当選





ということで、事前に馬体評価で高評価をした馬を中心に申し込んだところ、全馬落選でした。
まあ、申し込み口数に対しての当選確率を考えると、1頭当たるかどうかというラインだと思うので仕方ありません。


代わりにユキチャンの16、ツルマルワンピースの16に出資。
ユキチャンは抽選でしたが、500口そこそこの申し込みで、また実績もほぼいらないので、もしかしたら実績の時点でクリアしているのではという可能性もありそう(計算してない。)

ツルマルワンピースは全く人気が無い馬で、事前の馬体評価でも酷いランクにしました。
ユキチャンとこの馬についてはブロガーの皆さんのツアーの報告にて、評価を著しく上げた2頭。
とはいえ、2頭とも実験的というか、積極的な遊撃なので上手く行くかどうか自信はありません。



ただ、こういう馬を見出したのは、ブロガーやYouTubeにウォーキングをアップしてくれた方々のおかげです。
有料の募集馬評価を買うことは絶対にありえませんが(所詮、ひとの感想なので。)データを中心に解説している方や、ツアーレポートは有料でも買うのにな~と、非常に恩を感じています。


以前「ツアーまで行って忙しく廻って見て、出資出来ないなんて、そんなものには一生行かない。」と述べましたが、実際に行かれた方々の情報を無料で手にしている立場でありながら、無神経な発言をしてしまったと、ネット上の事については全く省みない私にしては相当珍しく、反省しています。そして感謝しています。

だからこそ、有料でもいいのにと思うのでしょう。
基本的に一口界隈の方々は情報を出し過ぎなんですよね・・・。

いくら趣味とはいえ、熾烈な争いの抽選なのに・・・。



詳しい出資理由などはノルマンディーOCの一次後に述べたいと思います。

どさくさ紛れの報告ですが、明後日にリンダムーンの15含む、四次募集の馬名総選挙結果が公表されますが、私、リンダムーンの馬名候補に残っております。

今日のシルクの発表は残念なものとなりましたが、ノルマンディーの馬名総選挙は吉報であってほしいです。




12:33:12
日曜 新潟4R 未勝利 (芝1600m)

グラドゥアーレ

2番人気 /  1着


・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!
    グラ、ついにキターーー!!!

gurasenseki.jpg


ついに勝ってくれました!
5戦連続1番人気を裏切り、惜敗を続けて来た馬。
未勝利にいるような馬でないことは、調教を見れば明らかなのですが、レースでは今一歩足りない内容でした。

その要因の一つが出遅れ。
そして最後少し甘くなる点。

距離は本来はスプリンターよりの馬体ですが、出遅れる点を考えるとやはりマイル?とはじめは考えていたのですが、レースをこなすうちに本来の力が出せないのは、やはり距離適性の読み違いだろうと、スプリント戦にいくべきと考えを改めました。


しかし、陣営はルメール騎手の進言をそのまま受け入れるようで、ダラダラと1400mに行ったと思えば、またマイルへ・・・。
惜しい競馬が続いているだけにかえづらいのは分かるのですが、少し極端でも一度使ってハッキリさせる決断も必要なのでは?

そういう不満で小西厩舎への信頼が失われていましたが、ルメール騎手を確保して4戦しましたし、今日も出遅れ気味でスタートしましたから、もしもスプリントを使っていたら終わっていたかも知れません。


結果的には・・・とも言えますが、結果が全て。今日はマイル戦を選んで正解ということで陣営の判断が正しかったということにしましょう。




パドックではグリーンチャンネル解説者に酷評され、私の感想としても「ゴトゴトして固い。」と言わざるを得ない出来。
ただし、1番人気含め、ハッキリ言って出来の良い馬がほぼ皆無というメンバーだったので、上位なのは間違いないが、また取りこぼす2着・・・という不安に駆られました。





今日のレースはスタートでやや後手を踏むと序盤は中団後ろで待機。向こう上面の長さを利用してスルスルと前であげると、3コーナーでは3番手まで。
直線は少しずつ促し、長くゆっくりとスピードアップ。前が塞がる不利なども無く、ロスなく脚を使い先頭へ抜け出すと、着差こそ広げることは出来ませんでしたが、ルメール騎手の好騎乗が光る勝利。




新馬戦で2着に来た際には、ここまで未勝利勝ちに時間を要すとは思いませんでしたが、ようやく安心出来ました。
今日の出来を見る限り、未勝利戦のあるうちに出したいという急仕上げなところは見て取れましたし、放牧してリセットして欲しいと思います。

また、固いのは明らかなので、ダート戦も視野に試行錯誤していって欲しいと思います。
どうもこの厩舎だと、またダラダラと同じ条件ばかり使いそうな予感がするだけに、元所属の田辺騎手やルメール騎手がちゃんとこの馬を記憶して正しいアドバイスをしてくれることを願うばかり。





・・・まずは1勝!
今週はこのあと


新潟6R アーモンドアイ 1.4倍 
札幌6R ブラックジェイド 2.3倍
小倉11R ストロングタイタン 3.5倍


と豪華布陣です!
小倉が雨が降り始めた情報が入っており、大跳びのストロングタイタンが割引かねばならないのが痛恨の極みです。


09:30:51
さて本日は4頭が出走します。現在のオッズは

新潟4R グラドゥアーレ 3.9倍
新潟6R アーモンドアイ 1.4倍 
札幌6R ブラックジェイド 2.3倍
小倉11R ストロングタイタン 3.5倍

となっています。
つまり、全馬勝利という離れ業もあり得る人気なのです。
現役馬12頭のうち4頭がこの人気。この時点でとてもうれしいです。

特に注目はストロングタイタンが出走の小倉記念。

今回が勝負レースなのは言うまでもありません。
池江先生からは一年前の今頃、当時はまだ1000万下を勝った時でしたが
「小倉の大きい所を狙いたい」とコメントがありました。

そして実際に2月の小倉大賞典に続き、小倉記念の舞台にも立てたことは厩舎の期待通りに歩めたということでしょう。

2月は冬毛がボーボーで先生からも「熊のようだった。」とあり、本調子ではありませんでした。
それでもあの駄騎乗で5着ですから(まともに乗れば2、3着はありました。勝ち馬を捕まえるのは不可能に見えましたが。)今回は川田騎手がきちんと乗ってくれれば・・・。


また、前走落鉄が2つあり、ひとつは4角。
もう一つはゴール後なのですが、最後の直線で競る際に、左前の鉄が緩んでしまって浮いているのが写真で確認出来ました。

これが果たしてどの位の影響を与えるのか分かりませんが、半年の休み明けで勝ったのは力がある証。
また並んでからエンジンが掛かったのは勝負根性もあり、着差以上に強かったように見えました。


何より相手関係が同じような上がり馬ばかりで、どれも似たような実力でしょう。
ストロングタイタンが抜けた実績ではもちろんないのですが、夏場の好調ぶりを見る限り、苦手な冬の小倉で、しかもあの駄騎乗で5着ということを考慮すれば、今回はそれより数段上の力が見られるはず。

調教は相変わらずの絶好調。
そして馬体は以前はコロンとしており、マイラー説を唱え続けていた私ですが、1週前の様子を見る限り、かなり絞れてスラッとしています。

あばらも浮いて無駄肉が減り、中距離馬らしくなってきました。
夏負けはしないでしょうし、今回が本領発揮です!


【勝機:今回は重賞勝ちの時が来たはず。】
【妙味:危険な人気馬扱いで妙味充分】

※8/6 12:20追記 雨が降って来た模様。雨が降ると大跳びのこの馬にはスリップが大敵ですから、割引きです・・・止んでほしいです!

【一口近況】
また色々と忙しくなる予感!週一以下の更新で頑張ります!
【BAR】
「いらっしゃいませ~」 
コズン:牡30代(神奈川在厩)
一口馬主5年目。重賞勝ち、名付け親、口取り(達成)を目標とし、まったり更新中です。

アクセスカウンター
着物買取着物買取カラコンライフブランド買取
【カテゴリ】

openclose

【一口馬主リンク】
★競馬悟空の馬日記
★じろう厩舎~一口馬主日記~
★谷中小学校の一口馬主blog
★ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
★夢のある一口馬主Lifeを!
★一口ばぬ史
★一口馬主放浪記
★La pequena felicidad
★まーくの一口馬主と競馬の日々
★一口馬主始めたよ!工藤厩舎の…
★無事是明馬





このブログをリンクに追加する
【管理人への連絡】

名前:
メール:
件名:
本文:

【一口ブログ更新履歴】
【MY・ベコ(出資馬)】
ノルマンディーOC
………………………………………
ルグランパントル セン
父:マツリダゴッホ
5歳・準オープン
募集金額:1400万円
獲得賞金:7176万円

………………………………………
ウォリアーズソウル セン
父:Warrior's Reward
5歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:3515万円

………………………………………
クロニクルスカイ セン 
父:マンハッタンカフェ 
6歳・1000万下
募集金額:2000万円
獲得賞金:2616万円

………………………………………
ブラックジェイド 牡
父:スペシャルウィーク
3歳・500万下
募集金額:2560万円
獲得賞金:2195万円

………………………………………
ホウロクダマ 牡
父:ショウナンカンプ
3歳・500万下
募集金額:1040万円
獲得賞金:925万円

………………………………………
ロワセレスト 牡
父:ルーラーシップ
2歳・未出走
募集金額:2960万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
フライオールデイズ 牡
父:スペシャルウィーク
2歳・未出走
募集金額:1480万円
獲得賞金:0万円

………………………………………
シルクホースクラブ
………………………………………
ストロングタイタン 牡
父:Regal Ransom
4歳・古馬オープン
募集金額:4000万円
獲得賞金:7709万円

………………………………………
ソーディヴァイン 牝
父:キンシャサノキセキ
4歳・1000万下
募集金額:1600万円
獲得賞金:4789万円

………………………………………
セカンドエフォート 牡
父:ワイルドラッシュ
4歳・500万下
募集金額:4000万円
獲得賞金:1372万円

………………………………………
グラドゥアーレ  牡
父:ダノンシャンティ
3歳・500万下
募集金額:1800万円
獲得賞金:1280万円

………………………………………
ヴィグラスファイア  牡
父:サウスヴィグラス
2歳・未勝利
募集金額:2000万円
獲得賞金:410万円

………………………………………
アーモンドアイ  牝
父:ロードカナロア
2歳・未勝利
募集金額:3000万円
獲得賞金:280万円

………………………………………